当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

イクボス・ファミボス宣言優良企業表彰式

 <第3回イクボス・ファミボス宣言優良企業表彰式(R1年11月22日)>

 鳥取県では、育児はもちろん介護しながら働き続けられる職場環境づくりを担うワーク・ライフ・バランスの実践リーダー「イクボス・ファミボス」の取組を推進しています。
 鳥取県男女共同参画推進企業の認定を受けている企業のうち、「イクボス・ファミボス宣言」を実施している企業は530社(R1年11月22日時点)となっています。このたび、「第3回イクボス・ファミボス宣言優良企業表彰式」を実施し、イクボス・ファミボス宣言企業の中から働きやすい職場環境づくりや従業員の就業継続支援の取組が特に優れている企業6社を表彰しました。

【受賞企業と主な取組】 ※50音順

企業名

主な取組内容

社会福祉法人あすなろ会
(鳥取市/医療、福祉)
  
 【制度整備状況(法を上回る規定の整備等)】
〇育児・介護短時間勤務は1日の労働時間を6時間または4時間~7時間の範囲で申出可能
〇介護休業は6回まで分割取得可能(法定:3回まで)

【働きやすい職場風土づくり】
〇全職員に就業規則のほか、育児・介護休業制度についてのパンフレットを配布し、利用を奨励
〇休業復帰前には家庭状況等を聴き取り、配置転換への配慮や短時間勤務制度等を案内し、スムーズな復帰をサポート

株式会社エナテクス
(倉吉市/建設業)
 【制度整備状況(法を上回る規定の整備等)】
〇家庭状況により本人が希望する勤務形態を柔軟に導入し、多様な働き方を支援(隔日勤務、短時間勤務、在宅勤務等)

【働きやすい職場風土づくり】
〇ワークのみならず、ライフの課題解決や充実につながるよう、「老後」「家族の看護・介護」「ワークライフバランス」等について考える男女共同参画研修を実施(年3回)
〇イクボス・ファミボス宣言の実施等をきっかけに、年次有給休暇平均取得率は向上し、平成30年度実績は93%

有限会社共栄部品
(米子市/卸売業、小売業)
【制度整備状況(法を上回る規定の整備等)】
〇育児のための所定外労働の免除は小学校就学の始期まで取得可能(法定:3歳に達するまで)
〇疾病、介護保存休暇(失効する年次有給休暇20日を上限に翌年度に繰越)を整備

【働きやすい職場風土づくり】
〇5日以上の育児休業を取得した男性社員に手当を支給し、男性の育児休業取得を奨励(過去3年で男性社員1名が利用)
〇経営者が年に1~2回、全社員と個人面談を実施し、社員の家庭状況等に配慮

有限会社江府技研コンサルタント
(江府町/学術研究、専門・技術
サービス業)
 【制度整備状況(法を上回る規定の整備等)】
〇子の看護休暇は10歳に達する日まで取得可能(法定:小学校就学の始期)
〇子の看護休暇、介護休暇は時間単位の取得が可能であるとともに特別有給休暇により付与(法定:半日単位)(過去3年で男性社員2名が介護休暇を利用)
【働きやすい職場風土づくり】
〇ゴールデンウイークを7日間の長期休暇にするとともに誕生日休暇を付与するなど社員の家族等との時間を大切にしている            
 鳥取県金属熱処理協業組合
(米子市/製造業)

【制度整備状況(法を上回る規定の整備等)】
〇子の看護休暇、介護休暇は時間単位の取得が可能であるとともに特別有給休暇により付与(法定:半日単位)(過去3年で女性社員3名が介護休暇を利用)

【働きやすい職場風土づくり】
〇「ワークライフバランスの定着」を経営方針に掲げ、毎年方針説明会で周知
〇4週間を単位に1週間ずつ他部署で働くローテーション勤務を導入し、多能工化、職域拡大を推進。多能工化が進み、年次有給休暇の平均取得率は9割にのぼる

 米子第一交通株式会社
(米子市/運輸業、郵便業)
【制度整備状況(法を上回る規定の整備等)】
〇育児のための短時間勤務、所定外労働の免除は小学校就学の始期まで取得可能(法定:3歳に達するまで)

【働きやすい職場風土づくり】
〇ライフステージに応じた配置転換や柔軟な勤務体系の設定により両立支援をサポート
〇企業主導型保育所と提携し、子育て世代を応援

令和元年11月22日 高橋統轄監から表彰状を交付しました。

  
<第2回イクボス・ファミボス宣言優良企業表彰式(H30年11月19日)>

 このたび、第2回目の「イクボス・ファミボス宣言優良企業表彰式」を実施し、鳥取県男女共同参画推進企業の認定を受けている企業のうち、「イクボス・ファミボス宣言」を実施している企業(H30年11月19日時点:424社)の中から、その取組が特に優れている企業6社を表彰しました。

【受賞企業と主な取組】 ※50音順
企業名  主な取組内容
株式会社寿電気
(米子市/建設業)
 【制度整備状況(法を上回る規定の整備等)】
○子育て中社員等の生活時間を考慮し、会社の勤務時間を改正(10分前倒し)
○育児や介護等送迎や通院などにも利用しやすいように社員誰もが15分単位での休暇取得が可能

【働きやすい職場風土づくり・その他】
○社員の誕生日には全員でお祝いするほか社員の子の誕生日には経営者がケーキを届けるなど、社員とその家族を大切にしている
○資格取得のための費用は全て会社が負担するほか、上司が練習問題を配布して添削指導するなど資格取得を支援

 一般財団法人鳥取県観光事業団
(鳥取市/生活関連サービス業、娯楽業)

【制度整備状況(法を上回る規定の整備等)】
○育児休業は法の基準を超えて子が3歳まで取得可能(法定:1歳まで)
○子の看護休暇は法の基準を超えて子が12歳に達する日以降の最初の3月31日まで取得可能(法定:小学校就学前まで)

【働きやすい職場風土づくり】
○育児や介護と仕事の両立制度等について周知するガイドブックを作成し配布
○有給休暇の取得率が低い部門に計画的付与制度を導入し休暇取得を促進

 医療法人社団FOLとみます外科プライマリーケアクリニック
(米子市/医療・福祉)

【制度整備状況(法を上回る規定の整備等)】
○育児時間、育児短時間勤務は法の基準を超えて本人が希望する時期まで取得可能(法定:育児時間 1歳まで、育児短時間勤務 3歳まで)
○夫婦の絆を深めワークライフバランスを考える機会と捉え、出産時の付き添いを推奨(陣痛発症当日及び出産当日(有給・2日間))

【働きやすい職場風土づくり】
○家庭と仕事の両立の相談窓口を設置し社員1人ひとりにきめ細かなサポートを実施

 株式会社永井電機工業所(米子市/製造業)

【制度整備状況(法を上回る規定の整備等)】
○育児短時間勤務は法の基準を超えて小学校就学の始期まで取得可能(法定:3歳まで)

【働きやすい職場風土づくり】
○「仕事と介護の両立チェックシート」により社員の介護リスク等を把握
○部署間相互でのOJTを実施し職域拡大と多能工化を図ることで家庭事情に対応した職場配置を実施

 有限会社福井事務機
(米子市/卸売業、小売業)

【制度整備状況(法を上回る規定の整備等)】
○短時間正社員の導入(介護と仕事の両立のため女性1名がフルタイムから転換)
○男性社員1名が育児休業を取得。病児保育費用の全額負担で子育ての経済的負担を軽減

【働きやすい職場風土づくり】
○復帰直後の主体的なキャリア形成を促進・支援するツールとしてセルフキャリアドック制度を導入
○連続休暇や2か月に1回のスポット休暇により休暇取得を促進

 流通株式会社
(倉吉市/運輸業、郵便業)

【制度整備状況(法を上回る規定の整備等)】
○フレックスタイム制度の導入(男性社員1名が育児のため利用)
○男性社員3名が育児休業を取得

【働きやすい職場風土づくり】
○社内報で両立支援制度の利用者の事例を紹介
○厳格なルールのもとで運用されるわくわくホリデ-(14日間の連続休暇制度)を設け定休日のない業態の同社においても有給休暇取得を促進


 
平成30年11月19日(いいイクボス・ファミボスの日) 平井知事から表彰状を交付しました。
 
  

第1回イクボス・ファミボス宣言優良企業表彰式

鳥取県男女共同参画推進企業の認定を受けている企業のうち、「イクボス・ファミボス宣言」を実施している企業(H30.4.1時点:380社)の中から、その取組が特に優れている企業5社を選定し、表彰しました(H30.3.28)。
 

【受賞企業と主な取組】 ※50音順
○株式会社鳥取銀行(鳥取市/金融業、保険業)
  育児や介護と仕事の両立制度や事例をまとめたハンドブックを作成、配布するとともに育休中の職員を対象とした意見・情報交換会を実施し、制度を活用しやすく、復職しやすい社内風土づくりに努めている。

○ホンダ山陰中央株式会社(米子市/卸売業、小売業)
  全社員を対象としたミーティングで経営トップが働き方改革を力強く発信し、社員の有給休暇取得率を前期比20%以上向上させるなどの成果をあげている。

○株式会社みたこ土建(米子市/建設業)
  在宅ワーク制度をいち早く導入するとともに、全社員のスケジュールを全員で共有し、急な休暇にも周りがフォローできる体制を整え、男女ともに働きやすい職場づくりに努めている。

○社会医療法人明和会医療福祉センター(鳥取市/医療・福祉)
  ライフステージに応じて多様な働き方を選択できる「短時間正社員」制度を導入し、管理職も積極的に制度活用するなど安心して働き続けられる風土づくりに努めている。

○学校法人米子自動車学校(米子市/教育、学習支援業)
  事業所内に保育所を設置するほか、育児短時間勤務制度は子が中学校就学前まで取得可能とするなど社員の家庭と仕事の両立を力強く応援している。

平成30年3月28日 平井知事から表彰状を交付しました。

  

最後に本ページの担当課    鳥取県 令和新時代創造本部 女性活躍推進課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-70750857-26-7075    
    ファクシミリ  0857-26-8196
    E-mail  jyosei-katsuyaku@pref.tottori.lg.jp