当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
  

理念

質の高い医療を提供し、患者の生命と健康を守ります

基本方針

  1. 私たちは、急性期の高度医療と救急医療を提供します
  2. 私たちは、研修・研鑽に励み、患者に信頼される医療を提供します
  3. 私たちは、他の医療機関との連携を強化し、地域医療の向上に努めます
  4. 私たちは、地域に期待される医療従事者を育成します
  5. 私たちは、健全な経営基盤の確立を目指します
  6. 私たちは、コミュニケーションを図り、相互理解に努めます
  7. 私たちは、チーム医療を実践します

患者権利章典

患者の皆様の権利

  1. 良質の医療を受ける権利
    患者の皆様は、どなたでも平等に良質な医療を受けることができます。
  2. 尊厳に対する権利
    患者の皆様は、一人の人間として人格、価値観などを尊重されます 。
  3. 説明を受ける権利 患者の皆様は、病気の内容、治療、検査などの効果・危険性について分かりやすい言葉や方法で、十分な説明を受けることができます。
  4. 自己決定の権利 患者の皆様は、病気の内容などを十分理解した上で、治療方法などを自らの意思で選択し、適切な医療を受けることができます。
  5. 選択の自由の権利 患者の皆様は、医療機関を自由に選択することができます。また、治療のどの段階でも別の医師の意見を求めることができます。
  6. 情報に対する権利 患者の皆様は、自分の診療に関する情報を受けることができます。
  7. 守秘義務に対する権利 患者の皆様の診療の過程で得られた個人情報は、個人の秘密として厳守されます。

患者の皆様へのお願い

  1. 健康情報の提供
    良質な医療を実現するため、ご自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供してください。
  2. 医療への参加
    ご自身が適切な医療を受けるため、病気の内容を理解するなど積極的に医療へ参加してください。
  3. ルールの遵守
    ご自身の診療に支障をきたさないように診療上のルールお守りください。
    また、他の患者様の診療に支障をきたさないようご協力ください。

お守りいただけない場合は、診療、入院をお断りすることがあります。

※診療上のルールの例
  • 病院内で大声を出したり、病院内の器物を破損しない
  • 飲酒等により、他の方々に迷惑をかけない
  • 身体的暴力や暴言、セクシュアルハラスメント、ストーカー行為を行わない

臨床倫理方針

  1. 患者の人権を守り、自己決定権を尊重します
  2. 患者と医療従事者が協力して、患者中心の公正かつ公平な医療を提供します
  3. 患者への正確な情報提供と十分な説明を行い、患者同意のもとに信頼される医療を提供します
  4. 患者の個人情報の保護と守秘義務を徹底します
  5. 関係法規、ガイドラインを遵守した医療を提供します
  6. 生命の尊厳、医療の妥当性に関する問題については、倫理委員会で審議し、治療方針を決定します