ポップコンテスト2018 黒田志保子さんへのインタビューの様子

インタビューの様子

  

期日

平成30年12月8日(土)

場所

鳥取県立図書館

インタビュアー(優秀賞受賞者)

図書 中学校 学年 名前
水底の棺 鳥取市立東中学校 1 逸見優翔(へんみゆうか)さん
水底の棺 鳥取市立東中学校 3 藤井希望(ふじいのぞみ)さん
風にのってきたメアリー・ポピンズ 鳥取市立東中学校 1 村上彩香(むらかみあやか)さん
風にのってきたメアリー・ポピンズ 鳥取大学附属中学校 1 広富愛奈(ひろとみまな)さん

インタビューを受ける人(本の推薦者)

黒田志保子(くろだしほこ)さん〔児童文学作家〕
  

黒田志保子さんに直撃インタビュー

※主な内容を抜粋してお伝えします。
※司会は県教育委員会職員

司会

ポップを作成するにあたって、工夫した点や、苦労した点などを教えてください。

藤井さん

ポップに書く言葉を考えるのに苦労しました。悩みました。

逸見さん

光が映えるように、和紙で工夫しました。棺の暗いイメージだけではなく、人々の希望が伝わるよう工夫しました。

村上さん

みんながこの本を読みたがるような言葉を考えました。

広富さん

わくわくした感じ、ポップな感じを出しました。

司会

推薦本に関すること、自分の好きな本に関することなど、質問をどうぞ。

藤井さん

中学生が、大人になるまでに読んでおいた方がよい本などはありますか。

黒田さん

子どものときから本が好きで、色々な本を読んでいました。文豪の作品から、流行作家の作品まで。たくさん読んでいると、自分が好きなことがわかってきます。読んでよかったと思った本は、ミヒャエル・エンデ「はてしない物語」です。

村上さん

自分は、小さいころに親から読み聞かせをしてもらって、本に興味を持ちました。本が好きになったきっかけは何ですか。 

黒田さん

同じです。毎晩読み聞かせをしてもらっていました。それから、自分でも誰かに言われなくても本を読むようになりました。本は楽しいものというイメージを持っていました。 

広富さん

作家になろうと思ったきっかけは何ですか。 

黒田さん

小5のとき、ミヒャエル・エンデの作品を読んで、このようなテーマを子どもに向けて書く大人がいるということに感動し、作家になりたいと思ました。

藤井さん

趣味で小説を書いています。言葉が浮かばないときはどうしていますか。

黒田さん

全然違うことをします。美術館等で他の人の作った芸術を浴びたり、自然の多いところに行ったりして、思考をクリアにすると、言葉が浮かぶことが多いです。 

逸見さん

夢をかなえるためにはどうしたらよいと思いますか。 

黒田さん

粘り強く、あきらめないこと。あきらめそうになったときは、応援してくれる人を信じて、やり続ける。やめない。また、自分の才能を見極める力や、これならなれる、という自信も必要です。まわりが何と言おうとも、自分の気持ちを信じることです。 

村上さん

小説を書くときはどういう気持ちで書いていますか。 

黒田さん

作家さんによるが、自分は登場人物になりきって書きます。取材して、ゆかりの地をめぐります。 

広富さん

日々大切にしていること、心掛けていることは何ですか。 

黒田さん

いいかげんなことを言わないようにしています。責任の持てないことは言わない。人を不安にさせることは不必要ですが、相談を受けても簡単に「大丈夫」とは言わずに、「こう思うから大丈夫」「こういうところを直すとよいかもしれない」というようにしています。 

藤井さん

作家の仕事をしていてよかったことは何ですか。 

黒田さん

こうして、読者の皆さんにお会いできることです。舞台俳優などは、その場でお客さんの表情などを見ることができるが、作家はそうではありません。読者の方と会えるのはいい経験になります。 

逸見さん

本を書くときに、どのような作品にするかなど、いつどのように思い浮かびますか。 

黒田さん

日々、無意識にアンテナを張っています。何かが心に留まったときにメモをします。そこから肉がついていきて、物語になっていきます。「若冲」は、若冲の作品をぼんやりとみているときに、どうやって象を描いたのか?と気になって調べ始めて、作品に仕上がりました。ニュースや、他の方がふと言ったことなど、気になることはずっと考えています。そうすると小説に膨らんでいきます。

村上さん

黒田さんにとって、本はどのような存在ですか。 

黒田さん

身近に、当たり前にあるもの。日常的に楽しむもの。常にかばんに入っています。 

広富さん

1冊本を書くのに、どのくらいの時間がかかりますか。 

黒田さん

「若冲」は、取材1年、執筆1年。ちょっと時間がかかったほうだと思います。空想の物語であれば、1か月から2~3か月。このあと、編集者から修正の指示が出て、完成までには時間がかかります。 

逸見さん

今はどのような作品を書いていますか。 

黒田さん

小学校3~4年生向けの作品と、戦争に関する作品です。資料を調べているところです。 

最後に

黒田さん

自分が中学生だった時のことを考えると、好きなことをしていたように思います。みなさんも、やりたいことがあれば、抑えずにやったほうがいいです。自分は小学校の時から作家になると言っていて、もしかしたら周りから見たら変わった子だと思われていたかもしれませんが、気にしませんでした。人にどう思われるかではなく、自分がどうしたいかだと思います。

藤井さん

自分の作品をおもしろいと言ってくれる人がいます。嬉しいので、続けていきたいです。

逸見さん

目標はハンドメイド作家です。あきらめずに頑張っていこうと思います。

村上さん

自分の夢はまだ決まっていませんが、人にどう思われるかなど気にしないようにしようと思います。

広富さん

実際に黒田さんにお会いできて、いろいろ聞けてうれしかったです。勇気をもらいました。

黒田さん

作家になりたいなら、まずは作品を一つ完成させてみることです。つじつまが合うか、伏線を回収できるか。今日は楽しかったです。皆さんも頑張ってください。

黒田さんと生徒たち

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000