2018らっきょうシーズン到来!

今年も例年どおり、関西の皆様に自信を持ってオススメできる鳥取県産
「らっきょう」が仕上がっています。鳥取のらっきょうは歯触りが
いいのが特徴です。1日4粒のらっきょうは病を遠ざけるとも言われ、
疲労回復効果も期待できます。主成分のアリシンは殺菌効果や血の巡りを
よくする効果があると言われています。スーパーなどで鳥取のらっきょうを
見つけられたらぜひ食べてみてください。

鳥取県のらっきょうについてはこちらをご覧ください!

JA鳥取中央は5月24日(木)、JA鳥取いなばは5月28日(月)からの出荷になります。
  

鳥取県産らっきょう量り売り

日時:6月8日(金)
場所:ピーコックストア千里中央店

らっきょう漬け講習会のお知らせ

6月14日(木)松坂屋高槻店 B1 九州屋(2回開催予定、各回20名)
松坂屋高槻店では6月13日(水)から24日(日)「鳥取フェア」開催!
【開催終了】
6月 2日(土)11時~、13時~ フレスト松井山手店(各回30名)
6月 3日(日)11時~、13時~ フレスト長尾店(各回30名)

上手ならっきょうの選び方

「洗い」と「根付き」の違いは?

 「洗い」とは…茎と根を切り落として塩水で芽止め処理をしてあるため、
       すぐ漬け込みができます。
「根付き」とは…葉を切り落としただけのものです。使う直前(※)に
        根と茎を切り落としてください。
        茎部分が大きめに切断するのがコツです。茎部分を
        残しすぎると筋っぽい歯触りになります。
        ※切ってすぐ調理しないと芽がでてきます。

どんならっきょうがおいしいの?

 実の締まったものを選んでください。
指でつまんでみて押しつぶせそうなのはよくありません。
☆おいしいらっきょうに変化させるテクニック
 外皮を一枚むいてみてください。締まった実が出てきます。

らっきょうの保管方法は?

 基本的には買ったその日に調理してください。
調理しない場合は冷蔵庫で保管し、伸びてくる芽は切り落として
お使いください。

☆らっきょう漬け、失敗しないコツ

・熱湯に10秒以上しっかりさらす
→歯触りが変わります。熱湯をかけただけでは均一に
  温度が行き渡らないので必ず熱湯に漬けてください。
・漬けびんを煮沸する
→しっかり殺菌することで漬け汁の濁りなどを防止します。
 ふたも忘れず煮沸殺菌してください。
・なるべく熟したらっきょうを使う
→未熟なものは漬けると柔らかくなりすぎることがあります。
 鳥取県産のものは適熟となる時期に出荷していますので安心して
 お選びください!
→冷蔵庫で保管すると色白の状態が長くつづきます。

お問合せ

鳥取県関西本部 販路開拓チーム
電話 06-6341-1988
FAX06-6341-3972
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000