当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ                              (topページへ戻る) 利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
展示案内 

(展示終了)春の訪れ、季節のめぐり

平成30年度 美術部門コレクション展6

「春の訪れ、季節のめぐり」

2019年2月27日(水)~4月14日(日)

 平成三十年度最後のコレクション展は、「春の訪れ、季節のめぐり」と題し、桜や美しい草花などが描かれた春を感じさせる作品や、四季の表された作品を中心にご紹介します。
 絵画や工芸品にみる梅や竹は、一年の始まりである初春にふさわしい、おめでたい図様です。花見に興じる人々が絵付けされた《色絵花見遊興文壺》は華やかで、島田元旦筆《桜花図》に描かれた、透き通るような八重の花びらからは、穏やかな春の温かい陽差しが感じられることでしょう。また、祖栄筆《叫鳥図》にみる月夜の鳥は、奥深い秋の情趣を感じさせます。
 一年で四季が一巡する日本では、沖探容筆《四季富士図》のように一つの画面に四つの季節を取り込んだり、沖一峨筆《花鳥図》のように春と秋を対とすることで、しばしば四季の完結した永遠性が表現されています。
 春の息吹を、そして、移ろい、まためぐりくる豊かな四季の風情を、どうぞごゆっくりお楽しみください。

 

展示作品リスト

展示作品リスト

作品一覧のPDF画像はこちらからご覧ください(250KB)

 

左から、沖一峨《花鳥図》絹本著色 二幅 江戸時代後期/作者不明《鳳凰形香炉》磁器(京都)江戸時代末期
  

最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp