ふるほん
  

古物商・古物市場主の皆さまへ重要なお知らせ

 平成30年4月25日に「古物営業法の一部を改正する法律(平成30年法律第21号)」が公布され、古物営業法が改正されます。
 法律の改正は、平成30年10月24日に一部施行、公布から2年を超えない範囲で全て施行(全面施行)となります。
   全面施行により、法津が改正されると、許可単位の見直し(※)がなされ、現在の許可がなくなります。
   ただし、全面施行されるまでに主たる営業所等の届出(別添様式)をすれば、改正後も許可を取り直す必要はありません。(届出がなければ、許可の取り直しとなります。)

 届出は、平成30年10月24日以降から全面施行日の前日までにする必要があります。
   ※ 許可単位の見直し
            現在、営業所等が所在する都道府県ごとに許可を受けていますが、全面施行後は、主
         たる営業所等の所在地を管轄する公安委員会の許可を受ければ、その他の都道府県に営
         業所等を設ける場合には届出で足りるようになります。

 

☆☆☆届出に際しての注意事項☆☆☆

   □ 営業所等が鳥取県のみの場合
            → 主たる営業所等の所在する警察署に主たる営業所等の届出をしてください。

              営業所が1店舗しかない場合にも届出は必要です。

                  許可証は法改正後もそのまま使用することになります。

   □ 営業所等が鳥取県以外にもある場合
                → 主たる営業所等の所在する都道府県警察の警察署に主たる営業所等の届出を
                   してください。(主たる営業所等が他の都道府県であれば、他の都道府県警察
                   に届出)

                                 全面施行後は、主たる営業所等が所在する都道府県公安委員会の許可に許可
                    が統一されます。

                   現在の許可証は、全面施行日から1年以内に新たな許可証の交付申請をして
                    新たな許可証を受けることになります。
                       その際、全ての許可証を申請を行った都道府県警察を通じて返納することに
                    なります。

   ※ 主たる営業所等の届出内容に変更があった場合には、その都度主たる営業所等の届
    出が必要となります。

    

   様式はこれです。➡届出書

         

   ☆☆☆平成30年10月24日施行の古物営業法の改正概要☆☆☆
   ☆☆☆非対面取引における本人確認のための措置の追加☆☆☆

    

 

  

古物営業等に関する申請・届出

  

古物商及び古物市場主の許可申請

  

古物商を営んでいる皆様へ

 古物商の許可を受けた方は、以下の事項に注意し、遵守してください。

びっくり 営業所

 営業所ごとに必ず標識を提示し、管理者をおきましょう。

 
 

 相手方の身分確認

 古物商は、古物の買い受け等を行うときには、原則として相手方の身元(住所・氏名・職業・年齢)を確認しなければなりません。

 

 盗品等の疑い

 盗品等の疑いがあれば警察に申告しましょう。

 

 取引の記録

 古物商が古物の取引をしたときは、原則として、その都度記録しておかなければなりません。

 許可証等の携帯

 古物商が行商(露店を含む)又は競り売りを行う際には、「古物商許可証」を携帯しなければなりません。また、従業員に行商をさせるときは、必ず「行商従事者証」を携帯させてください。

 

 営業所等以外での古物の受け取り

 古物商は、自分の営業所又はお客さんの住所若しくは居所(別宅、事務所等)以外の場所で、買い受け等のために古物を受け取ることはできません。ただし、古物商同士の間であれば受取場所に制限はありません。

 

 営業内容の変更

 変更があれば届出(許可証の書換え)をしてください。

 

 許可証の返納

 廃業等した場合は、許可証を返納してください。


※ここに揚げた事項は、古物営業法及び同法施行規則定められているもののうち、特に気を付けなければならないものです。
 その他法令で定められている遵守事項等がありますので、それらも含め法を遵守し適正な営業に務めてください。


古物営業に関するお問い合わせは  

 営業所を管轄する警察署又は鳥取県警察本部生活環境課まで