入所にあたって

花のマーク入所について

 当センターは、「地域の多くの人たちと協働して、障がいのある児童(*1)・者とその家族の地域生活を支援します。」ということを基本方針の一つに揚げています。センターに入所することがゴールではなく、一人一人のニーズに合った地域での生活を目指し、様々な取り組みを行ないます。
(*1 18歳未満の肢体不自由児及び重症心身障害児)
 
 入所中の学校教育は、隣接の鳥取県立皆生養護学校(幼稚部・小学部・中学部・高等部)でお受けいただくことができます。

花のマーク入所するために必要な手続き

  1. 障害児施設入所受給者証、医療受給者証の申請。お住まいの市町村を管轄とする児童相談所が窓口となります。
  2. 契約手続きのため、契約書、重要事項説明書についてご確認いただいた上で、記名、捺印していただきます。
  3. 医療費助成制度について、鳥取県特別医療受給者証を所持している方は、窓口に提示してください。

花のマーク入所のときに持ってきていただくもの

  1. 印鑑、入所受給者証、障害児入所医療受給者証
    ※入所後も毎月保険証の確認をさせていただきます。ご協力をお願いします。
  2. 衣類(お手持ちのものをご利用ください)
    下着類(シャツ、パンツ)、パジャマ、上着、ズボン、靴下、防寒着、帽子
  3. 教科書、学用品、愛用の玩具等(高価でなく管理しやすいもの)
  4. その他-おむつ、洗面用具、靴

鉛筆のマーク持ち物には必ず名前を記入してください。

花のマーク入所のときの懇談

 お子さまの今までの生活の様子、病気のこと、身体の状態、日常生活の状況など、よくご存知の方が付き添って来てください。

センターでの生活の決まり

  • 学校の授業時間と夜間の面会はご遠慮ください。
  • 主に土日・祝日に家庭教育、地域交流の機会として外泊ができます。
    また、学校の夏休みなども外泊していただけます。
    なお、外泊届の手続きが必要になります。
  • お子様の現金の所持は禁止しています。

    入所棟は24時間の看護体制で、治療・療育・生活の援助をしています。
    センターでは折々の行事を催し、子ども達が楽しい生活を送ることができるように勤めています。
    集団生活ですので、このことを十分にご承知いただき、よりよい療育生活となりますように、ご協力をお願いします。

このほか詳細につきましては、児童相談所、当センターにおたずねください。

  

最後に本ページの担当課    鳥取県立総合療育センター
    住所 〒683-0004
             鳥取県米子市上福原7丁目13-3
    電話 0859-38-21550859-38-2155(代表)  
    ファクシミリ  0859-38-2156
    E-mail  sogoryoikucenter@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000