当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

平成27年「関西元気文化圏賞」ニューパワー賞にすなば珈琲!

2003年に河合隼雄文化庁長官(当時)の「関西から日本の社会を文化で元気に
しよう」という呼びかけに応えて始まった「関西元気文化圏賞」は、前年1年間に
文化・芸術・スポーツなど、さまざまな分野で活躍し、日本中に元気を与えた関西の
人々や団体に贈られる賞です。
平成27年の関西元気文化圏賞贈呈式が平成28年1月21日(木)にリーガロイヤル
ホテル大阪で開催され、鳥取市の「すなば珈琲」が「2015関西元気文化圏賞
ニューパワー賞」に選ばれました。
ニューパワー賞は、将来性が期待できる人・団体に贈られる賞です。
平井知事の「スタバはないけど、日本一のスナバがある」というダジャレを受けて
鳥取駅前にオープンした「すなば珈琲」。スターバックスがオープンした際には
『大ピンチキャンペーン』を展開したほか、鳥取市内の喫茶店と共同で
『鳥取珈琲文化振興会』を立ち上げ、鳥取を全国的にPRされました。
ユニークな話題作りが注目を集め、今回ニューパワー賞を受賞されました。
授賞式にはすなば珈琲の村上オーナーと平井鳥取県知事が出席しました。
受賞式の様子受賞式で賞状を受け取る様子
受賞式での記念撮影の様子受賞者記念撮影
村上社長とすなば珈琲のみなさんととっとりがとったり
テレビの取材も受けましたテレビの取材を受けました
 最も活躍し貢献した人・団体に贈られる大賞は、「姫路城」。特別賞には
「高野山真言宗 総本山金剛峯寺」と「琳派400年記念祭委員会」が選ばれています。
すなば珈琲と同じニューパワー賞には、『火花』で芥川賞をとった芸人の「又吉直樹さん」や
ウルトラ テクノロジスト集団の「チームラボ」、文楽の「吉田玉男さん」が選ばれています。
※授賞式の様子はぴあ関西版のサイトに詳しく紹介されています。

☆☆平成27年の1世帯当たりのコーヒー支出金額で、鳥取市が日本一になりました!☆☆