時期

内容

平成13年 1月
  • 三徳地区行政懇談会。有識者等から「三徳山は世界遺産に匹敵する」との声。三徳山世界遺産登録運動を提案。
  • 第1回年輪年代測定法調査(奈良文化財研究所)
平成14年10月
  • 第2回年輪年代測定法調査(奈良文化財研究所)
  • 第17回国民文化祭・三徳山フェスティバル開催。「大三徳山展」で投入堂・木造蔵王権現立像の創建時期に関する調査結果報告。
平成15年 
 3月
  • 三徳山を守る三朝町の会設立(現:三徳山を守る会)。三徳山の貴重な建造物群を末永く保護し、地域との共存共栄を図りながら、 世界遺産登録を目指すことを目的とする。
平成16年
  3月
  • 三徳山世界遺産登録運動推進協議会設立。県民レベルでの登録運動に取り組む体制の整備。
 8月
  • 三徳縁御幸行列を復活する会。三徳山が平成18年に開山千三百年を迎えるに当たり、御幸行列を復活することを目的として設立。
平成17年
  3月
  • 国重文・地蔵堂修理完了(三佛寺)
平成18年
  3月
  • 国重文・文殊堂修理完了(三佛寺)
  4月~10月
  • 三徳山開山1300年祭。開闢法要を皮切りに三徳縁御幸行列の復活など、様々な行事を展開(三佛寺、三徳山開山千三百年祭実施委員会 等)
  8月
  • 国宝・投入堂、国重文・納経堂修理完了(三佛寺)
  11月
平成19年
  1月
  • 「三徳山」の提案書は継続審議となる
平成19年
  12月
平成20年
  9月
  • 文化庁から、世界遺産暫定一覧表への文化遺産の追加記載に係る調査・審議結果が発表されました。
     「三徳山-信仰の山と文化的景観」については、世界遺産暫定一覧表への記載は見送られましたが、同一覧表候補の文化資産として位置づけられました。
    この審議結果を受け開催された「三徳山世界遺産登録運動推進協議会」において、引き続き世界遺産登録運動を推進していくことが確認されました。