メッセージNo.7


  • 受験職種:獣医師
  • 氏名:森下 康
  • 採用年度:平成17年度
  • 所属、職:農林水産部農林総合研究所畜産試験場 獣医師

    ※ 所属、職は平成25年11月現在のものです。

    仕事風景1 仕事風景2

  •   

    森下さんに聞く!

    Question 現在の仕事内容は?

    2014/12/25
    Answer  畜産試験場では、生産現場に直結した実用性の高い新技術や、安全・安心・高品質な畜産物の生産技術の開発などを行っています。
     私は、子牛の育成試験と受精卵移植に関する試験研究を担当しています。受精卵移植技術を用いて和牛の子牛を産ませ、子牛を大きく育てて鳥取県内で生産される子牛を増やすような取組をしています。

    Question なぜ鳥取県職員(公務員)になったのですか?

    2014/12/25
    Answer  獣医師といえば小動物を診療する先生というイメージがあるかと思いますが、試験研究機関での業務の他に、鳥インフルエンザなどの防疫対応、県庁での行政事務、普及所での農家指導など様々な業務があり、いろいろな経験ができると思い志望しました。

    Question 仕事のやりがいは?

    2014/12/25
    Answer  着任して半年でまだ仕事の成果は上がっていませんが、試験した成果が農家の役に立っていることを想像しながら仕事をしています。

    Question うれしかったことは?

    2014/12/25
    Answer  子牛が元気に大きく育った時や、授精した受精卵が着床して妊娠が確認できたときなどはうれしい気分に浸ることができました。

    Question つらかったことは?

    2014/12/25
    Answer  子牛が病気にかかってなかなか治らなかったときは、子牛も大変だったでしょうが、私の気分も落ち込みつらい日が続きました。
     職場の上司や仲間に相談しながら取り組んで乗り切っているところです。

    Question 仕事で心がけていることは?

    2014/12/25
    Answer  公務員として、県民に満足してもらえる仕事ができるよう心がけて仕事をしています。

    Question 自分の専門性や技術が活かせた仕事は?

    2014/12/25
    Answer  これまで4カ所職場を経験してきました。家畜保健衛生所では家畜防疫に取り組み、放牧場では預託牛の飼養管理・治療等獣医師の技術が活かせる仕事を経験することができました。

    Question 県職員を志す人へのメッセージ

    2014/12/25
    Answer  獣医師職は試験研究だけでなく、現場に出て営農指導をしたり、県庁で直に行政に携わったりと、いろいろな仕事があります。
     鳥取の豊かな食と畜産業のために何でもチャレンジしたいというかた、是非お待ちしています。

    Question 趣味、休日やアフター5の過ごし方を教えてください

    2014/12/25
    Answer  3歳になる息子と遊ぶことです。疲れて帰宅しても、玄関で飛んで迎えてくれると疲れが吹っ飛びます!
     鳥取県では、子育て王国とっとりを推進しているので、仕事と育児を両立している女性獣医師職員もたくさんいます。

    Question 特技は何ですか?

    2014/12/25
    Answer  大学の時に弓道参段を取得しました。大学を卒業して以来していませんが、弓道の道場に足を踏み入れると精神が落ち着くので、機会を見つけて弓をひいてみたいと思っています。

    Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000