メッセージNo.3

人と動物の共生を目指して 


  • 受験職種:獣医師
  • 氏名:木山 真大
  • 採用年度:平成17年度
  • 所属、職:公園自然課、衛生技師

    ※ 所属、職は平成20年3月現在のものです。

    職場風景

  •   

    木山さんに聞く!

    Question 現在の仕事内容は?

    2014/12/25
    Answer  いわゆるペットとして人に飼養されている動物の愛護や適正管理のほか、狂犬病や鳥インフルエンザなど人にも影響がある動物の病気、カエルツボカビ病のように自然生態系に大きな影響を及ぼす可能性がある病気などへの対策について、国の機関や他の自治体との連絡調整を行ったり、県民への普及啓発を図るための施策や、問題解決に必要な施策の計画と予算化などの業務を主として行っています。

    Question 今まで仕事をしてきた中で一番達成感を感じたことは?

    2014/12/25
    Answer  様々な施策を計画し実施して行く中で、少しずつでも、狂犬病予防注射の接種率が上がったこと、犬・ねこの引取り数や殺処分数が減ったことです。

    Question 自分の専門性や技術が活かせたと感じた仕事は?

    2014/12/25
    Answer  動物の適正管理や狂犬病などの疾病対策には、動物の生態・習性や病気などの知識が必要とされますが、これまで大学等で学んだ知識や経験がきっかけとなって新しい施策を思いついたり、問題が解決した際には、特に、獣医師であることの意義を感じます。

    Question これから県職員を目指す人へのメッセージ

    2014/12/25
    Answer  県庁では、直接動物を診療したり、手術することはありませんが、獣医師として、より広く、多くの人と動物に影響力を持った仕事ができる場所です。
     人と動物の共生を目指し、新しい力を発揮できるあなたを待っています。

    Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000