鳥取県中部圏域の中核病院として、県が運営している病院です。
検索

「院内トリアージ実施料の誤請求の拡大」についてのお詫びと対応

2014年9月3日

 平素より県立厚生病院をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
 去る7月29日、「院内トリアージ実施料の誤請求についてのお詫びと対応」を掲載したところですが、このたび、再度取扱いに疑義が生じ、国に確認した結果、誤請求の範囲が拡大することになりました。重ね重ねご心配とご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

当初判明した誤請求の内容

 受診者が複数いなければ算定できない院内トリアージ実施料を、一人の場合でも算定していました。

このたび国に確認し、新たに誤りと判明した内容

 複数の患者様が在院していれば、院内トリアージ実施料が算定できるものと解釈していましたが、待ち時間のない一人目の患者様については算定できないことが判明しました。

これまでの取扱い

 一人目:待ち時間なく診察、二人目:診察待ち→両者にトリアージ料請求

正しい取扱い

 一人目:待ち時間なく診察、二人目:診察待ち→二人目のみ請求

 つきましては、直ちに請求の取扱いを改めるとともに、当院で院内トリアージ実施料の請求を開始した本年2月に遡って、再度、夜間・休日の救急外来受診患者様の御来院時の状況を調査いたします。

 現在、誤請求を行った患者様の抽出作業を進めておりますので、誤請求を行ったことが確認できました患者様につきましては、今後、個別に連絡をとらせていただき、返金処理を行って参ります。

 ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご了承くださいようお願い申し上げます。

 また、併せて健康保険への請求の訂正処理も行って参ります。
 ご不明な点、本件への当否に関するご質問等ありましたら下記担当部署までお問い合わせください。 

鳥取県立厚生病院長 井藤久雄

  

本件についての担当・問い合わせ先

 鳥取県立厚生病院 医療情報管理室 医事担当
 〒682-0804 倉吉市東昭和町150
 電話 0858-22-8181(代表)  ファクシミリ 0858-22-2228