当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

活動の実際

1 PTA活動と会員研修

(1)PTA研修の必要性

 子どもたちの様子はいろいろと変化しているといわれています。
 今の子どもたちの長所としては、多様な知識と情報をもっていることや思考が合理的で順応性に富む姿が上げられます。一方、気になる姿として、基本的な生活習慣が身についていない、社会性が育っていない、体験が不足しているといったこと等がよく取り上げられます。
 こうした子どもの姿の背景にはどのような問題があるのかを把握し、家庭や地域の役割は何か、PTAではどのような取り組みをすればよいか等を学習して活動を行っていくことが大切です。

(2)学習内容のあり方

  • 子どもたちの望ましい姿についての理解を深める。
     人としてこうあってほしいという保護者の教育観の構築
  • 学校教育のねらいを理解する。
     教育目標にせまるPTA活動の推進
  • 家庭での役割を確認する。
     家庭教育、子どもとのコミュニケーションを図ることの重要性
  • 地域での子育てのあり方を学ぶ。
     地域の人との交流活動等の重要性と方法

2 PTAとレクリエーション(スポーツ・文化)活動 

(1)PTA活動でのレクリエーションの意義

  -レクリエーションで会員同士・親子のふれあいを-
 PTA活動でのレクリエーション活動は、全会員が強い仲間意識をもってPTA活動を実践する等、人間関係づくりの大切な手段です。
 また、親子のふれあいを深めるための方法として意義のある活動です。

(2)望ましいレクリエーションのあり方

  -全会員が気がねなく楽しく参加できる活動を-

○年間計画に位置づけて
 広い意味での学習活動なので、他の活動とのバランスを図りながら計画することが大切です。いつ、どの程度の時間を要するのかを考えることが必要です。
○楽しく愉快に
 親近感や連帯感を深めることが大きなねらいなので、誰もが気がねなく参加できる運営の工夫が望まれます。
○エスカレートしすぎないように
 一部同好者だけの活動になったり、子どもや家庭生活とはなれた練習や活動になったりしないよう配慮します。

3 PTAと地域活動

(1)地域活動への期待

    個々の家庭だけでは子育てが困難な時代に、子どもを持つ親の共通課題として、同じ地域に住む人同士の豊かな人間関係を、地域でのPTA活動の中で生かしたいものです。
  • 共通な基盤に立って活動できる。
  • 年齢を超えたふれあい活動ができる。
  • 気軽に(場所・時間・精神的に)出席できる。
  • 話し合いが活発になり、内容が深まる。

(2)年間の地域活動(例)

学び合い活動
  
 子どもたちの成長とともに会員も成長するように、相互学習の中で伸びる活動をすすめる。
   地区別懇談会 子ども会育成講習会 親子読書会等
    
ふれあい活動
 
 多くの人とともに活動することを通してふれあいを深め豊かな心を育てる。
   新入生を迎える会 ラジオ体操 おじいさん、おばあさんと昔の遊びをする会 
   保育園のみんなと遊ぶ会 6年生をおくる会 等
 
ふるさと活動
 
 それぞれの郷土には、脈々と生き続けてきた先人の業績と恵まれた自然がある。これに親しみながら活動する。
   花祭り 七夕祭り 郷土の歴史探訪 とんどさん 節分等
 
奉仕活動
 
 みんなのために働くことが自分の喜びであるような奉仕活動を積極的にする。
   通学路の点検 資源回収 遊び場の整備作業 通学路除雪 公園・史跡の整備作業等
 
みんなで仲良く学校へ奉仕活動