当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

組織と運営

1 PTAの組織

PTAの組織は、議決機関と執行機関と監査機関に分けることができます。

2 PTAの規約(会則)

 PTAの規約は、組織活動や基本的な運営の進め方について全会員に理解されるものです。
 PTAのために規約があるのですから、規約を現実に合うよう再検討することによって、会員の望むPTAに発展させることが必要です。

3 PTAの運営のための組織例 

記念事業等を行うときには、特別委員会が設けられることがあります。

組織例

4 学級・学年PTA

(1)学級PTA

 学級PTAとは、一つの学級の子どもたちの保護者と教職員で構成されます。「PTA活動の基礎は学級PTA」ともいわれており、学級内の子どもたちの生活上の問題・進路等を話し合うことを目的とします。
 この会では、学級の子どもたちに共通する問題が話し合われるため、次のようなことが期待できます。

  • 学級の教育方針についての正しい理解ができる。
  • 保護者と子ども、保護者と教職員の親睦や信頼関係が図られる。
  • 一つの問題について深く話し合いをするのに効果的な面がある。
  • 教育上の当面する緊急問題について、協議することができる。 

(2)学年PTA

 学年PTAでは、学年に共通した事柄について協議します。一度に多数の人の共通理解を図ることができる良い面があります。また、各学級PTAの連携を図るための活動を行い、学年PTAとして学校PTAとの調整を十分に図ることが大切です。

(3)活発に活動するために

  • 学級PTAを開催する際には、事前に保護者役員と教職員が話し合い、会のテーマを明確にする。
  • みんなが役割をもって活動する。
  • 活動は計画的にする。
  • 記録ノート等を作成し、活動内容を記録に残し、反省を次年度の活動に生かす。
  • 話し合いの内容は身近なものから始める。
  • 誰もが自由に話せる雰囲気をつくる。
  • 魅力ある活動を盛り込む。
  • 時間設定等会議の進め方を工夫する。
  • 諸会議の持ち方について、学校側とよく話し合い協力体制を作る。

5 地区PTA

(1)地区PTAの必要性

 今日、複雑に変化する社会環境の中で、家庭や地域の教育力が問われています。子どもたちの直接的な生活・社会・自然体験の不足、生活のゆとりのなさ等から様々な問題が指摘されています。学校外での様々な活動を子どもたちにより多く体験させることが、今まで以上に必要になっています。これらの活動により、郷土の自然や文化に親しみ、郷土を知り、愛する心も育ちます。このような活動を、PTAとして地域の住民の方といっしょに企画・実施することも大切になってきています。

(2)地域活動の取り組み

1) 地域活動の組織と運営

地域活動の組織と運営図


2) 地域活動の留意点

  学校PTAを支える組織として、専門部や学校と常に連携をとること。
会員の意見を大切にし、特に若い会員層の新鮮な感覚をとりあげるようにすること。
    地域の子どもの生活実態を踏まえた活動から着手すること。
会員の主体的な活動や実践が尊重され、かつ無理のないものであること。
特定の者に負担がかかりすぎないように運営を工夫し、全員の持ち味が生かされるようにすること。
活動の広がりを求めて、小・中・高の連携を図ること。
地域の子ども会等と連携をとり、事業を実施すること。
実践段階にいたるまでの話し合いや学習を大切にすること。

6 専門部の活動

(1)専門部の活動のねらい

 総会で決定したPTA活動方針をもとに、事業内容を各専門部で分担して、具体的に実際に活動を推進することです。 

(2)専門部の活動例

専門部の名 主な活動内容
総務部 
  1. 収支予算の編成・総会日程などの立案
  2. 各専門部や学年(学級)、地域活動の調整及び評価
  3. 他団体との連携
  4. その他庶務的事項、規約、会則の改正
教養部
  1. 会員研修の計画・実施・講演会の主催
  2. 地域における教育懇談会の開催
  3. サークル活動の育成・援助
人権教育推進部
  1. 人権教育に関する研修の計画・実施、講演会の主催
  2. 現地研修会や地区ごとの懇談会の開催
  3. 家庭や地域における人権教育の啓発
生活部
  1. 地域における環境整備などの活動
  2. 子ども会等青少年団体との連携
  3. 交通安全・危険防止などの活動
  4. 子どもの生活指導
保健体育部
  1. 子どもの健康管理・保健衛生・体力つくり
  2. 児童生徒への福祉厚生活動
  3. 会員のスポーツレクリエーション活動
  4. 学校給食への関心を高める企画や試食会実施
広報部
  1. 広報紙の編集と発行、速報の発行
  2. 調査の計画や実施
  3. 地域社会や関係機関への情報提供活動
  4. ホームページを活用した学校・PTAの情報提供
 
    ※ 高等学校PTAでは次のような専門部活動もあります。 
生徒指導部
  1. 地域環境浄化運動
  2. 列車バス乗車指導
  3. 各種関係機関との連携
中学校区部
  1. 各中学校区別懇談会の計画と実施
  2. 各中学校区別PTAと学校PTAとの連携
  3. 地域での生徒の生活状況の把握
学年委員会
  1. 進路についての研修会の計画と実施
  2. 地元企業の見学研修会の実施
 

(3)専門部の活動の留意点

  • 事業を精選し、活動内容を深める。
  • 各専門部の連携を密にして効果的に活動する。
  • 部員は活動内容を理解し、仕事分担を決める。
  • 評価や反省を大切にする。
  • 部員の研修会をもつようにする。