当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

やってみよう!エコ活ノート

やってみよう!エコ活ノート出前教室

 環境の様子に心をとめ、環境の痛みに気づき、自然や社会に対する心くばり・心がまえを持って、環境問題の解決に向けて自ら考え、行動する人を育成するためには、幼児から大人までの全ての世代において環境教育・学習が積極的に実施されることが必要です。
 鳥取県では、小学生高学年を対象として、家庭で取り組んでほしい環境に配慮した活動をまとめた「エコ活ノート」(小学生4年生以上対象・A4・8ページ程度)を作成し、平成26年度から県内小学校にエコ活ノートを活用した出前教室を実施することで、小学生及び保護者に対するエコ活(資源を大切にして環境に配慮した生活)の普及を図ることとしています。
 

 実施を希望される場合は、回数・時間等ご希望に応じ、調整も可能ですので、

まずは、環境立県推進課環境イニシアティブ担当(電話:0857-26-7205)にご連絡ください。

出前教室の進め方

・社会や総合的な学習の時間などに講師を派遣して、夏休み前後(又は冬休み前後)など各1回(2コマ)計2回の出前教室を実施。

(1回目) 地球の温暖化や電気を作るためのエネルギーについて映像視聴や手回し発電機で体験し、
     エネルギーの大切さと自分自身が取り組めるエコ活について話し合う。

(2回目)2回目までの間に各家庭で実際にエコ活に取り組み、各家庭で取り組んだエコ活を振り返
     りながら、エコ活を続ける大切さについて学ぶ。 

 

エコ活ノート

出前教室で使用するエコ活ノートです。
エコ活ノート(PDF 4505KB)


出前教室の様子

  
出前教室1 出前教室2

 家にある電化製品をみんなから聞きました。

 体力発電で電気を起こしています。

出前教室3 出前教室4

 化石エネルギーの問題について考えました。

 班でエコ活について話し合いました。

出前教室5

 エコ活ノートで学習中

 「地球はえらい」という絵本で地球の歴史と
エネルギーについて考えました。