当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
鳥取県のインフルエンザ対策 

 

「鳥取県新型インフルエンザ対応行動計画」の改正について

 
 このたび、平成21年2月17日に改正された国の新型インフルエンザ対策行動計画及び平成21年に発生した新型インフルエンザ(A/H1N1)のような比較的病原性の弱いウイルスに対応するため、「鳥取県新型インフルエンザ対応行動計画」を次のとおり改正しました。


1 改正の考え方
1)国の改定された行動計画(平成21年2月)、ガイドライン等の内容を反映しました。
2)このたび発生した新型インフルエンザウイルスのような、比較的病原性の弱いウイルスへの対応を明記し、ウイルスの性状にあわせて柔軟な対応を取ることができるようにしました。
3)実際の新型インフルエンザ発生による対応実態にあわせて修正しました。

2 県民の皆様へお願い
 このたび改正した行動計画は、県はもとより、新型インフルエンザが発生した場合に県民の皆様の職場や家庭における対応の基本となるものです。
 本行動計画の内容をご理解いただき、県民の皆様とともに、新型インフルエンザ対策に取り組んでいきますので、よろしくお願いします。
  

新型インフルエンザ対策本部の組織

 新型インフルエンザが発生した場合、県は新型インフルエンザ対策本部を設置し対応します。
新型インフルエンザ対策本部は知事を本部長とし、司令部及び実施部より編成し、本部長を補佐しています。
 各業務については、実施部間で調整し、司令部により進捗管理・総合調整を行います。



 本部のイメージ

鳥取県新型インフルエンザ対応行動計画


鳥取県新型インフルエンザ対応マニュアル


マニュアル等で用いている用語の解説

マニュアル等で用いている用語の解説を掲載しています。

 >>用語の解説