当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

中部療育園ぐんぐんぱあく

医療型児童発達支援「ぐんぐん」では、保護者のみなさまと一緒にお子さんの育ちや子育てについて学びを深める場として、毎月いろいろなテーマでおはなし会を計画しています。
たくさんのご参加をお待ちしています。
また、テーマに興味のある方はどなたでも大歓迎です。
参加希望の方はお気軽にスタッフまでお尋ねください。

<令和元年度 おはなし会開催予定>

テーマ

担当職員

6月10日(月)

就学について

中部教育局 尾崎指導主事

7月25日(木)

中部療育園について

杉浦園長

9月 2日(月)

ことばの発達について

居組言語聴覚士

10月 8日(火)

救命救急のおはなし

國本看護師

11月 8日(金)

感覚について

谷口作業療法士

12月13日(金)

こころの健康について

中部福祉保健局 谷野課長補佐

1月15日()

子どもの「くつ」について

谷川理学療法主任

おはなし会の開催時間は、毎回10時40分から11時30分までです。

※諸事情により内容の変更がある場合があります。

  

平成30年度 看護師のおはなし会をしました

11月15日に、「救急救命」のおはなし会を開催しました。参加者は2名でした。内容は、救急パンフレットに準じて説明した後、質問を受けました。また、AEDを実際に触れてもらいました。

平成30年度 12月のお話し会をしました

 12月は中部総合事務所 障がい支援課 小泉課長補佐様に障がい福祉支援についての制度や利用するにあたっての仕組みをレクチャーしていただきました。
 お話だけでなく、質疑応答もでき、改めて確認できたことや思っていること、希望等の意見交換もしました。

平成30年度 保育士のお話し会をしました

「保育園・幼稚園での生活や就園について」をテーマにお話し会をしました。保育園を利用するにあたって、申し込み手続きや時期等の流れについてや相談窓口などの情報を確認したり、実際に申し込みをするときの必要となる書類や就園するまでに体験することができたりといったこと、その他、就園にあたって不安や希望等、意見交換をしました。

平成30年度 作業療法士のおはなし会をしました

9月に作業療法士のおはなし会をしました。内容は「感覚について」で、感覚の種類や、役割などを説明しました。視覚、聴覚など、なじみのある感覚だけでなく、揺れる感覚の前庭感覚や、筋肉についている固有受容覚などについても説明し、感覚の大事さや、日常生活にどのように影響するか説明しました。

平成30年度 言語聴覚士のお話し会をしました

言語聴覚士のお話会

7月に「ことばの発達を後おしする」というテーマで、言語聴覚士がお話をさせていただきました。
「日頃、どのように子どもさんの後おしをしていますか?」の質問から始め、保護者の方と対応の振り返りをしました。
やり方を教える、手を貸すなど直接関わる後おしも必要ですが、まずは静観し子どもが何をしたがっているかの確認が大切なことをお話ししました。
「したいことは何となくわかる」、「先回りしないことが大切はわかっているけれど、意外と難しい」など日々の関わりを振り返るなかで、保護者の方の感想をいただきました。
後半は、子どものことばの発達を促す技と題して対応を確認しました。まずは笑顔、つぎに楽しそうな声、そして子どもに合った提示の仕方と子どもが真似したくなるように大人も子どもの真似から入ってみることを確認しました。

平成29年度 保育士のおはなし会をしました

今回のおはなし会は、サポートブックについてお話ししました。
お子さまの姿を思い浮かべて言葉で表現する作業を通して、改めてお子さまに対する理解を深める機会になりました。
成長や環境の変化に伴いお子さまの居場所が新しく広がっていく場面で、そこにいる方々にお子さまのことをよりわかりやすく理解していただくための、また、今後のよりよい支援につながるためのツールとして活用していただきたいと思います。

サポートブックってなあに(pdf 224KB)
サポートブックを作ってみよう(pdf 120KB)
書き込みシート(pdf 72KB)

平成29年度 理学療法士のおはなし会をしました

今回のおはなし会は、「運動発達とからだづくり」と題して、お子さまの現在の状態を把握するとともに、発達の気づきや、動きを促す効果的な支援、および発達に合った靴選びについてお話ししました。
実際に体を使って動きの発達を経験していただき、小さな子どもの動きの発達を実感していただきました。

平成29年度 看護師のおはなし会をしました

今回のおはなし会は、平成29年3月に鳥取県から刊行された「小児救急ハンドブック」をもとに、内容をわかりやすく説明しました。
このハンドブックは、子どもが病気をしたとき、家で様子をみてもよいか、医療機関を受診した方がよいかなどの判断の目安となるものです。
鳥取県の医療政策課のホームページからダウンロードできます。
以下にリンクを貼っておきますので、どうぞご活用ください。

小児救急ハンドブックがダウンロードできる医療政策課のページ

平成29年度 作業療法士のおはなし会をしました。

作業療法士のおはなし会は、感覚について話しました。視覚や聴覚など、発達に必要な感覚の説明や、その感覚が影響して発達にどのように関わっていくのかを説明しました。運動面に比べて見えないので、理解しにくいですが、同じくらい大切なものである事を説明しました。
参加者の方々は、なじみのある感覚から、あまり聞いた事のない感覚を学び、感覚の大事さを学んでもらえたと思います。

平成29年度 言語聴覚士のおはなし会をしました

言語聴覚士は、「ことばの発達に合ったことばかけ」というテーマでおはなししました。
ことばを覚えるまでのスモールステップとして、「聞いてわかるまでに、見てイメージできるよう頭のなかのイメージを育てるが最優先!」を保護者の方と確認しました。
ことばで伝わりにくいときにすぐにカードを使用する場面がよくみられますが、実物を実際につかう経験をして、そのものの使い方(=イメージ)をしっかりできていないとカードから情報をとることはできません。
後半は保護者のかたと頭のストレッチで連想ゲームをしました。一つのことばでも特徴をもっています。子どもたちにもその特徴を生活や遊びをとおしてたくさん知ってもらいたいです。そして頭の中にことばのマップを構成していくことが学習の基盤になることを確認しました。

最後に本ページの担当課    鳥取県立中部療育園「ぐんぐんぱあく」
    住所 〒682-0805
             鳥取県倉吉市南昭和町15
    電話  0858-22-71910858-22-7191    
    ファクシミリ  0858-22-7192
    E-mail  chubu-ryouikuen@pref.tottori.lg.jp