博物館ロゴ                              (topページへ戻る) 利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
展示案内 

【次回企画展】モダンアート再訪― ダリ、ウォーホルから草間彌生まで 福岡市美術館コレクション展

会期

2018年2月3日(土)~3月18日(日) ※休館日:2月26日(月)
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

鳥取県立博物館 2階 第1・第2特別展示室

主催

主催: 鳥取県立博物館、美術館連絡協議会、読売新聞社
協賛: ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本通運(株)、株式会社モリックスジャパン、株式会社吉備総合電設、三和商事株式会社

観覧料

一般800円 (前売り・20名様以上の団体600円)
※次の方々は無料です。
◎大学生以下 ◎学校教育活動での引率者 ◎障がいのある方・難病患者の方・要介護者等及びその介護者 ◎70歳以上

前売り券販売所(販売期間:1月12日(金)~2月2日(金))

 ■鳥取県 東部

県立博物館(受付)※現在販売中/今井書店 東部地区(田園町店・吉成店・湖山店)

戸信(県庁売店・市立病院売店)/とりぎん文化会館/定有堂書店/トスク本店
鳥取大丸/鳥取バスターミナル/白兎会館/ギャラリー栄光舎/鳥取大学 生協

■鳥取県 中部

倉吉今井書店/倉吉博物館/パープルタウン/倉吉未来中心

■鳥取県 西部

今井書店(本の学校)/米子市美術館/米子コンベンションセンター

概要

 20世紀美術は様々な美術運動の消長の歴史ととらえることができます。印象派に始まり、エコール・ド・パリ、シュルレアリスムから一連の抽象画にいたる流れは主にヨーロッパで育まれ、広い意味でモダンアートと呼ばれています。
 そして第二次大戦後、モダンアートの舞台はヨーロッパからアメリカに移り、巨大な抽象絵画やポップアートといった新たな成果を生み出しました。日本でもこれらの動向に呼応する作品が制作される一方、明らかにそこから逸脱する作品も生み出されました。明治以降、日本において欧米の美術がいかに受容され、いかなる変容を遂げたかという問題は日本の近代美術史を論じるにあたって興味深い主題です。
 1979年に開館した福岡市美術館は近現代美術と古美術を二つの柱とする16,000点に及ぶコレクションによって知られています。2019年のリニューアルオープンに向けて、美術館が大規模な改修工事に入ったことを得難い機会として、この展覧会では福岡市美術館が所蔵する近現代美術のコレクションによって、モダンアートの歴史をあらためてたどりたいと考えます。
 ダリやウォーホルから草間彌生まで、ヨーロッパとアメリカ、そして日本のモダンアートを代表する優品70点あまりの魅力をお楽しみ下さい。

展示作品の一部ご紹介

展示作品 

レオナール・フジタ(藤田 嗣治)
《仰臥裸婦》1931年

(c)Fondation Foujita/ADAGP,Paris&JASPAR,Tokyo,2017  G1164
展示作品 

三岸 好太郎
《海と射光》1934年

展示作品

サルバドール・ダリ
《ポルト・リガトの聖母》1950年

(c) Salvador Dali, Fundacio Gala-Salvador Dali, JASPAR Tokyo, 2017  G1164
 

ジョアン・ミロ
《ゴシック聖堂でオルガン演奏を
聞いている踊り子》1945年

(c) Successio Miro-Adagp,Paris & JASPAR, Tokyo, 2017  G1164
展示作品 

イヴ・クライン
《人体測定 (ANT 157)》1961年

 展示作品

ジャン・デュビュッフェ
《もがく》1961年

(c)ADAGP,Paris&JASPAR,Tokyo,2017  G1164

 gazou3
田中 敦子
《作品1》1959-60年

(c)Kanayama Akira and Tanaka Atsuko Association
展示作品
菊畑 茂久馬
《葬送曲 No.2》1960年 
展示作品

ロイ・リキテンシュタイン
《雲のある海景》1965年

(c)Estate of Roy Lichtenstein, New York&JASPAR,Tokyo,2017  G1164
 
展示作品

ジャン=ミシェル・バスキア
《無題》1984年

(c)The Estate of Jean-Michel Basquiat /ADAGP,Paris&JASPAR,Tokyo,2017  G1164
展示作品

 ルチオ・フォンタナ
《空間概念 期待》1962年

 Spatial Concept, Expectations, 1962 (c) Lucio Fontana by SIAE 2017   G1164
展示作品
草間 彌生
《夏(2)》1985年
(c)Yayoi Kusama
 


やなぎ みわ《The White Casket 》 1994年

(c)Miwa Yanagi

関連プログラム

  

いっしょにみてみて、もくようび

展示室に小さなお子様とご一緒にお越しいただき、気兼ねなく作品鑑賞をしていただくための時間として、会期中の毎週木曜日の午前中を「子どもと一緒の鑑賞優先時間」としています。ベビーカーを押して、ぜひお越しください。

お問い合わせ

鳥取県立博物館
〒680-0011鳥取市東町二丁目124 TEL.0857-26-8042 FAX.0857-26-8041 
  

最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp