むきばんだの仲間たち フェイスブック

青谷上寺地遺跡HPリンク 
   (財)鳥取県教育文化財団調査室のホームページへジャンプします!

鳥取藩主池田家墓所HPリンク

県民カレッジHPリンク

旅行・観光情報サイト 旅行ラテ

トリップアドバイザー

2月の休園日は2月26日(月)です。
その次の休園日は3月26日(月)です。

とっとり弥生の王国シンポジウム「倭人のデザイン」開催!
2月24日(土)まで申込を延長しました。

 

2月25日(日)に、「デザイン」をテーマに第2回とっとり弥生の王国シンポジウムを開催します。
遺物や遺構の様々な「デザイン」から弥生社会を探るとともに、素朴ながら機能的で優れた作品群を通じて、二千年前のクリエーターの才能や魅力を引き出していきます。

*本日(24日)のみ電話での申し込みOKです!!

▶詳しくは「倭人のデザイン」をご覧ください。


むきばんだボランティア(遺跡案内・弥生体験補助)募集しています!

 

自然豊かな史跡公園で来園者のみなさまと一緒に弥生時代の暮らしや文化を体感し、楽しむことができるボランティアを始めてみませんか。まずは3月4日または17日のオリエンテーションに参加してみてください。(要申込です)

▶詳しくは「むきばんだボランティア大募集!」をご覧ください。

最新情報

◆◆イベント情報◆◆ ◆◆お知らせ◆◆

作成日:2018年01月19日
平成30年度鳥取県立むきばんだ史跡公園非常勤職員(維持管理作業員)の採用試験結果について

 平成30年度鳥取県立むきばんだ史跡公園の非常勤職員(維持管理作業員)の採用予定者は次のとおりです。
 
 受験番号:201、202、203、204、205、206、207、208

------------------------------------
 平成30年度鳥取県立むきばんだ史跡公園の非常勤職員(維持管理作業員)の採用試験を実施します。
 詳細は、下記9の募集案内で御確認ください。

                 記

1 受付期間 平成30年1月23日(火)から1月31日(水)まで(必着)

2 採用試験
(1)日時 平成30年2月9日(金)午前 ※試験開始時間については、別途、受験票にて御連絡します。
(2)場所 鳥取県立むきばんだ史跡公園

3 募集する職、採用予定者数  非常勤職員(維持管理作業員)8名 

4 職務内容 
    ・竪穴住居の燻蒸や遺跡内の除草等の維持管理作業 
    ・活用事業の準備、イベントの補助、来園者への弥生体験支援等 
        ※刈払機、チェーンソー、除雪機等の機械を使用して作業します。

5 勤務場所 鳥取県立むきばんだ史跡公園(西伯郡大山町妻木1115-4)

6 任用期間 平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

7 応募資格 年齢、性別を問いませんが、地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当する方は受験できません。

8 勤務条件(予定)※採用時までに制度改正等があった場合はそれによります。
(1)勤務日
    月79時間以内で鳥取県立むきばんだ史跡公園が指定する日 (イベント等の補助により土・日、祝日の勤務があります。)
(2)勤務時間 
    午前9時~午後4時のうち原則として3時間勤務 
        午前勤務 午前9時~正午 
        午後勤務 午後1時~午後4時 
    (同日に午前勤務と午後勤務がある場合があります。6時間を超える勤務の場合は休憩時間が1時間あります。) 
    ※月の勤務日数は概ね17日程度になります。 
    なお、イベント等の実施にあたって特に必要のある場合は、上記以外の勤務時間を割り当てる場合があります。
(3)給与 1時間につき 930円 (現時点における予定額です。)

9 受験申込手続
 受験を希望される方は、募集案内をお読みいただき、必要書類を下記10の申込先まで郵送又は御持参ください。 
    ・募集案内(PDFファイル:189KB)
    ・採用試験申込書(PDFファイル:94KB) 
    ・採用試験申込書(Wordファイル:74KB)
  ※採用試験申込書のPDFファイルおよびWordファイルは同じものです。どちらかのファイルをお使いください。A4用紙で両面印刷してください。

10 申込先・問合せ先 
    鳥取県立むきばんだ史跡公園 総務担当 
    〒689-3324 西伯郡大山町妻木1115-4 
    電話(0859)37-4000  ファクシミリ(0859)37-4001
 
作成日:2018年02月23日

日替わり弥生体験!2・3月のメニュー New!

 

発掘調査情報

豆知識
クマノミズキ互生の葉

むきばんだの樹木たち
~祖先がえり!?~


ミズキ科のミズキは、樹液が多い木で、春先に枝を折ると水がしたたり落ちるほどで、水木と書きます。ミズキには、葉の付き方が互生(一枚ずつが互い違いに付く)であるミズキと対生(ひとつの節に一対付く)であるクマノミズキ(熊野水木)の2種類あります。

 むきばんだには、クマノミズキが生育しており、6月ごろに白い花を咲かせます。なお、ミズキは標高の高いところに多く見られます。ところが、むきばんだ史跡公園内で一本の木から、対生と互生の付き方の葉を持つミズキが発見されました。植物を見分ける方法として、対生・互生のような葉の付き方は重要なポイントであり、普通一本の木や草から両方の特徴を見ることはなく、このような事例は大変珍しいことです。

 このミズキは、全体を見ればクマノミズキですが、なぜ、このようなことになったでしょうか?植物では時に、物理的な刺激や環境による影響により、その植物のDNAに刻まれた形質が現れることがあります。私は以前、鳥海山でムカシブナに似た葉を持つブナを見たことがあります。むきばんだのクマノミズキは、枝を切られた所から新しく出た枝の葉が互生になっていることから、伐採刺激により他の形質が出たのだと考えられます。いずれにしても大変珍しい例です。「先祖がえりのミズキ」と名付けましょうか。(鳥取県自然観察指導員 鷲見 寛幸)