とっとり県政だより2011(平成23)12年月号
8/20

2011.12問合せ先県庁治山砂防課電話 0857・26・7819問合せ先県庁環境立県推進課電話 0857・26・7879雪の怖さを再認識 県内で起こった深刻な雪崩事故からほぼ1年が経ちました。豪雪地帯で暮らす私たちにとって、雪崩災害は身近な問題です。雪崩のしくみなどを知って、雪崩災害から身を守りましょう。雪崩災害に遭わないために雪崩は速度が速いので、起きてから逃げるのは困難です。雪崩がどのような状況のときに起きやすいのか、知っておくことが大切です。●一瞬のうちに襲いかかりますおおむね、表層雪崩の場合は、時速100〜200㎞と新幹線並み、全層雪崩の場合は時速40〜80㎞と自動車並みの速度とされています。●雪崩の衝撃力雪崩の速度や密度によりますが、鉄筋コンクリートの建物を倒壊する力に相当する衝撃力がある場合もあります。〜12月1日〜7日は雪崩防災週間〜●雪崩の種類春先の融雪時に多く発生気温が低く、降雪が続く時期に多く発生〜12月は地球温暖化防止強化月間〜冬の省エネに一工夫エネルギー消費が多くなる冬場。家庭や職場で楽しみながらウォームビズに取り組んで省エネルギーに努め、地球温暖化の防止を推進しましょう。暖房に頼りすぎずに快適生活冬、暖房で部屋を暖めるだけが、防寒ではありません。生活全般を通じて、さまざまな工夫で暖かく快適に過ごすことができます。皆さん一人一人のちょっとした心掛けが、地球温暖化防止につながります。動きやすくあたたかい室内着を活用しよう特に冷えやすい首まわりや足もとをあたためようブラインドの操作を工夫して太陽のあたたかさを取り入れよう煮込み料理などを食べて体をあたためようWARM BIZ(ウォームビズ)とは、冬の地球温暖化防止対策の一つ。オフィスでも家庭でも、室温20度の暖房設定で快適に過ごすことのできるライフスタイルです。まだまだほかにもたくさんあります。自分なりのウォームビズを見つけてみましょう。冬のエアコン設定は20℃~ウォームビズで暖かく省エネ~表層雪崩全層雪崩すべり面積雪積雪積雪積雪積雪積雪積雪積雪すべり面降雪や降雨の後、天気が良く、気温が上がったとき気温が低くゆるい雪の上に多量の新雪が積もったとき●こんなとき…雪崩の危険信号です。なだれ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です