とっとり県政だより2011(平成23)12年月号
10/20

2011.12運転するときの交通ルールとマナー~横断歩道付近では、スピードを落とそう~横断歩道に接近する場合には、直前で止まることができる速度で進行しましょう。夕方や雨の日は早めにライトを点灯を。歩行者を発見しやすく、自分の存在を周囲に知らせることができます。問合せ先県庁くらしの安心推進課電話 0857・26・7183問合せ先県警察本部 交通企画課電話 0857・23・0110冬は日没時刻が早く、まわりが見えづらくなるので、交通事故が多発する恐れがあります。また、忘年会などで飲酒する機会も増える時期です。交通ルールの遵守や交通マナーの向上について改めて考え、交通事故を起こさないようにしましょう。高齢者と子どもへの思いやり運転を県内の10月末現在の交通事故死者は、全体の約6割を高齢者が占めています。また多くの子どもが交通事故に遭っています。なかでも、横断歩道やその付近を横断中に自動車にはねられる事故が多く発生しているので、特に注意が必要です。シートベルトとチャイルドシートの正しい着用をシートベルトやチャイルドシートの正しい装着が命を守ります。6歳未満の幼児を乗せて自動車を運転するときには、チャイルドシートの着用が義務づけられていますので、運転者は必ず次のことを実践しましょう。1.短い距離・時間でも、運転する時は必ずシートベルトを正しく着用2.すべての同乗者に対してシートベルトの着用を呼びかけ、着用を確認してから出発3.子どもの発育・成長に応じたチャイルドシート(乳幼児用、幼児用、学童用)の正しい取り付け飲酒運転は犯罪です飲酒運転は絶対にしてはいけない危険行為です。飲酒運転根絶への一番の近道は、飲酒運転をしないという本人の強い意志と、「飲酒運転はさせない、許さない」といった周りの人の高い意識です。交通事故を防ぐために 〜交通ルールの遵守・交通マナーの向上〜早めに点灯早めに点灯酒酔い運転酒気帯び運転無条件で免許取消し35点欠格期間3年呼気中アルコール濃度0.25mg/ℓ以上免許取消し25点欠格期間2年免許停止13点90日呼気中アルコール濃度0.15mg/ℓ以上、0.25mg/ℓ未満横断歩道の手前に停止車両がある場合は、車の前方に出る前に一時停止しましょう。横断歩道の手前に停止車両がある場合は、車の前方に出る前に一時停止しましょう。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です