鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害等発生情報

過去の災害情報





 AED(自動体外式除細動器)は心臓の突然の停止の際に電気ショックを与え、心臓の働きを正常に戻すことを試みる医療機器です。
  

1 心肺蘇生法について

 突然の心臓停止が起こると、体中や脳に酸素が送られなくなり、何もしないでいると、命が助かる可能性は10分後には10%以下まで低下するといわれています。
 しかし、119番通報をしてから救急車が到着するまで、平均で約8分の時間を要します。
 命を助けるためには、早い119番通報と、その場に居合わせた人の心肺蘇生法(応急手当)が非常に大切になります。 

2 AEDについて

 心臓が停止した直後は、心臓が規則正しく収縮できずにふるえている状態(心室細動)になります。 
 その震えを、電気ショックを与えることにより正常な状態に戻すことを試みるのがAED(自動体外式除細動器)です。
 

3 県内のAED設置施設

4 応急手当普及員講習の開催について

自動体外式除細動器(AED)の使用方法を含む心肺蘇生法などの応急手当の指導者としての応急手当普及員資格を取得するための講習会です。
この資格を取得されると、同じ職場や防災組織の方々に対し、普通救命講習を行うことができます。
鳥取県消防学校のカリキュラムにより、年2回実施します。

※応急手当普及員資格取得には、3日間の受講が必要です。
※受講料は無料ですが、テキスト代は必要です。
※時期、開催場所等は、鳥取県消防学校に直接お尋ねください。

5 救命講習について

AEDの使い方を含めた心肺蘇生法(応急手当)の方法などについては、県内各消防局(署)、日本赤十字社鳥取県支部などで実施されています。
大切な人の命を救うため、救命講習を受講しましょう。