ソウシハギ
神奈川県立生命の星・地球博物館提供(鈴木寿之撮影)

猛毒を持つ「ソウシハギ」が鳥取県内(平成21年9月10日境港市)で釣れました。

絶対に食べないようにしてください。
(魚を触っても大丈夫です。)

○魚の特徴:
 体色は黄色、体全体に黒い斑紋と青い波状の線があり、 団扇(うちわ)の様な大きな尾鰭(おびれ)を持つ。

○類似の魚:
 形がウマズラハギによく似ています。
○分布: 南方系のカワハギ類ですが、近年本州への来遊が増加。 
○毒: 「パリトキシン」という強力な毒を内臓に含んでいる可能性が高い。 
         フグ毒「テトロドトキシン」の数十倍の毒性。

○パリトキシン中毒症状:
 筋肉痛、手足のしびれ、呼吸困難 、死亡