鳥取県立倉吉東高校

《優良PTA文部科学大臣表彰受賞》

   生徒の主体的な学習を支援するために果たすべきPTAの役割
                                                                                 鳥取県立倉吉東高等学校育友会
 倉吉東高は、創立以来「文武両道」を教育目標に掲げ教育活動を推進してきました。生徒のほとんどが大学に進学しており、部活動や学園祭などの行事にも熱心な学校です。
 特に近年は教育ビジョン「倉吉東高のかたち」の理想に沿って様々な教育活動を推進しており、本校の育友会(PTA)は、この教育ビジョンを踏まえてその取組に積極的に協力し、保護者と教職員が一体となって生徒を学習面・生活面から支援するとともに、保護者一人一人が学び、参加・交流できるよう活動を展開しています。

1 総会・委員会の充実と情報の共有  

 総会の充実のため、事前に資料配布し、内容を検討する時間をとるように努め、約6割の会員の参加を得ています。また、公募制の役員選出を行い、開かれた組織づくりを心がけています。各委員会の活動も広報委員会の年間19回の開催など、熱心に行われています。
 育友会ではブログを構築し、学校から保護者へのお知らせ、育友会活動の報告など会員に対しきめ細やかな情報提供に努めるとともに、地域や全国に向けた情報発信を行っています。このサイトは、学校のサイトとは別に、PTAが自主的に運営しています。1日あたり1000件以上のアクセスがあり、これまでのアクセスは、30万件にのぼります。 

2 保護者と教職員との協力関係

  育友会の各委員会は、学校の各分掌とも連携を密にし、年間の事業計画を策定し活動を推進するとともに、相互の活動を補完しています。「学力は生活力」の共通認識のもと、あいさつ指導、街頭指導などの取り組みを保護者と先生方とが一体となって行っています。生徒の登下校の様子は「健全育成委員会だより」やブログを通じて会員に報告し、情報を共有することで、生活指導での保護者の役割の重要性を認識してもらっています。

3 学校の様々な教育活動への支援と会員の学習活動

  • 人権教育の推進
       学校の人権教育部と連携し、人権教育講演会の内容、公開ロングホームルーム(LHR)のあり方等を議論し、これらの活動に生かしています。また、解放研の生徒との交流会も行っています。  豚汁をふるまう
  • 強歩大会での支援 
       学園祭とともに本校の伝統行事となっている強歩大会において、生徒の完歩を励ますために、チェックポイントで果物や豚汁を提供するとともに、生徒とコミュニケーションを図っています。
  • 大人(おせ)の一言 
       総会開催日の企画として、保護者が生徒にメッセージを伝える時間を設け、生徒は身近な保護者からその生き方、考え方を学んでいます。  
  • チューター制度
       新入生が高校生活に速やかになじめるよう、学習面、生活面のサポートを上級生が行っています。我が子を通じて得る上級生からの情報により、生徒だけでなく保護者も、新生活に対する安心感が得られ、学校への理解が深まります。
  • 国際高校生フォーラム
      毎年国内7校、海外2校が集まり、高校生が独自の発想で現代社会の重要課題の解決策をプレゼンテーションするものです。その内容・技法は、非常に質の高いものでマイクロソフト社から特別協賛を受けました。多くの保護者も参加し、生徒の真摯な姿とレベルの高い内容に感動しつつ応援しています。
  • 大学見学会の開催 
       中国地区の大学を中心に保護者が大学を訪れ、施設、講義の様子など、各大学の特徴を研修しています。 
  • 育友会研修会の開催 
       保護者として、家庭でどう子どもをサポートしていくべきかなど、保護者のあり方を学ぶ機会を毎年設け研修に努めています。 

4 各種機関・団体との連携協力

講演会 県や中部地区のPTA指導者研修会の運営に積極的に参画し、他校PTAとの連携を深めるとともに、育友会活動の活性化と充実に努めています。
 県教育委員会主催の「鳥取県PTA指導者研修会」、「みんなで進める教育県民大会」などにも参加し、他団体との交流も深めています。 

 PTAと学校が協力しあい生徒を望ましい方向に導いていくためには、学校からの情報提供が欠かせません。その情報をもとに率直に話し合うことで共通認識が得られ、相互の信頼感も高まります。これからも参加しやすく開かれたPTAをめざして活動していきたいと思います。
      育友会ブログ http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/   「育友会」で検索してみてください。

育友会ホームページ