融資を装った詐欺事犯

  

勧誘を受けた際のチェック

~ 話がうますぎないか ~

  • 「800万まで即融資」「全国どこでもOK」「来店不要フリーダイヤル0000番」など、あたかも電話一本で簡単に融資が受けられるような広告で勧誘する。 
  • 勧誘方法は、新聞、雑誌の広告、街頭のポスターやチラシ、個人宛の電話、携帯メール、ダイレクトメールなどいろいろ。
  • 申込先として、携帯電話などの番号が数個記載されているケースが多い。(連絡先がすべて携帯電話であるケースも多く犯行後連絡がつかなくなる。)

やりとりの際のチェック

~ 相手の話等におかしいところはないか ~

  • 保証金、ブラックリストの抹消などいろいろな名目で現金を送付させる。
  • 申込人の信用状態をみるとの名目で、近くの消費者金融で金を借りさせ送らせる。
  • 融資枠が拡大できるなどの甘い言葉で、更に消費者金融で金を借りさせて送らせ、申込人が後戻りできないようにする。
  • 融資枠の審査に必要な経費として、金を送らせる。

おかしいと思ったら

~ すぐに相談、届け出を ~

  • 送金を重ね、深みにはまり込まないようにする。
  • 断ったことで、相手から脅かされたり、賠償を要求されたりしたら、警察の相談窓口に届ける旨を相手に伝える。
  • 不安になったり、関わりたくないなどと思い一度支払ってしまうと、次々と請求を受けるおそれがあるので、いわれるまま送金しない。
  • 事後、相手からの連絡には応じない。