東部生活環境事務所のホームページ

1 まもろう! 「食中毒予防の3原則」

 細菌やウイルスなどの微生物による食中毒は、つぎの「3原則」を守ることで防ぐことができます!

その1 付けない! 

 目に見えない食中毒菌は、魚や肉、野菜などの素材についていることがあります。この食中毒菌が手や調理器具を介して他の食品を汚染し、食中毒の原因となることがあります。
 食材にふれる時は、まず石けんで十分に手を洗い、野菜や魚など水で洗える材料も丁寧に洗いましょう。


【ポイント】

■手指に傷がある場合は、必ず手袋を使いましょう。また、おにぎりやおはぎなどを作る場合は、手袋やラップを使用し、素手で触れないようにしましょう。
■食器や器具類は、消毒した清潔なものを使いましょう。
■まな板や包丁は、肉・魚用とそのまま食べる野菜用とに分けるなど、区別して使い分けると良いでしょう。

その2 増やさない! 

 食中毒菌が付いてしまった食品も、食品中で細菌が増えなければ、食中毒になりません。細菌を増やさないためには、「温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうち」に、食べることが大切です。保存するときは、冷蔵庫や冷凍庫を使いましょう。


【ポイント】
■冷蔵庫の中に温かいものを入れたり、物を詰めすぎないようにしましょう。
■解凍するときは、電子レンジを使うか、冷蔵庫内で行いましょう。
■長時間、室温で放置することは避けましょう。 

その3 やっつける! 

 食中毒を起こす細菌はほとんどが熱に弱く、食品に付いていても加熱すれば死んでしまいます。食品を調理するときは、中心部までしっかりと加熱することが重要です。また、食器や調理器具は、洗浄したあと、熱湯や塩素系漂白剤で消毒しましょう。


【ポイント】
■食品の中心温度が75℃以上、1分間以上になるよう加熱することが必要です。
■ノロウイルス対策には、食品の中心温度が85℃以上になることが必要です。
■調理済み食品を再加熱する時は、温めるだけでなく、十分な加熱が必要です。

2 家庭でできる食中毒予防の6つのポイント

 食中毒というと、レストランや旅館などの飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生しています。
 鳥取県の過去10年間の発生状況でみても、家庭での食事を原因とする食中毒事件が4割近くを占めています。(138件のうち50件)


家庭でできる食中毒予防の6つのポイントは、次のとおりです。

ポイント1 食べ物を買うときは・・・ 

■生鮮食品は新鮮で正しく管理されているものを、消費期限など食品の表示を確認してから購入しましょう。
■冷蔵・冷凍などの温度管理が必要な食品の購入は、買い物の最後にし、購入したらできるだけ早く持ち帰るようにしましょう。

ポイント2 食べ物を保存するときは・・・ 

■冷蔵や冷凍が必要な食品は、持ち帰ったら、すぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。
■冷蔵庫・冷凍庫は詰め過ぎないように注意し、定期的に掃除しましょう。

ポイント3 調理場(台所)の管理が大切 

■ゴミの管理をきちんとおこない、タオルやふきんは清潔なものを準備しましょう。
■いつも台所は片付けて、常に広く使えるようにしておきましょう。
■調理器具はよく洗って、乾燥させてから保管しておきましょう。 包丁やまな板などは、洗った後熱湯をかけると消毒効果があります。

ポイント4 調理するときは・・・

■調理するときは、手をきれいに洗いましょう。
■加熱するときは十分に熱を通しましょう。
■調理前、調理後の食品は室温に長く置かないようにしましょう。
■食べる量を考えて調理しましょう。

ポイント5 食事をするときは・・・ 

■食卓につく前に手をきれいに洗いましょう。
■清潔な手で、清潔な器具を使って清潔な容器に盛りつけましょう。
■温かい料理は65℃以上、冷やして食べる料理は10℃以下にしておきましょう。

ポイント6 残った食品の取扱いは・・・

■残った食品はきれいな器具、容器を使って保存しましょう。
■残った食品は、温度管理を正しく行い、できるだけ速く食べるようにしましょう。
■消費期限を確認するなど、古くなったら思い切って捨てましょう。

3 正しい手洗いが食中毒予防の第一歩!

正しい手洗いの方法を覚えて、食中毒やその他の病気を予防しましょう!

→ 手洗いの方法は、こちらをご覧ください。
  

カンピロバクター食中毒に注意しましょう

 生レバーなどを原因とする、カンピロバクター食中毒が多く発生しています。

 <カンピロバクターとは>
 ・分布:鶏や牛等の多くの動物が保菌。
 ・特徴:熱に弱い。
<カンピロバクターによる食中毒>
 ・潜伏期間:2日~7日
 ・症状:下痢、腹痛、発熱、頭痛、悪寒など
      1週間程度で回復
 

カンピロバクターによる食中毒の予防

 〇食肉は充分に加熱調理(中心部を75℃以上で1分間以上加熱)しましょう。
 〇汚染の可能性のある食肉からの二次感染を予防(食肉は他の食品と分けて
  処理・保存、手洗い、調理器具等の洗浄・殺菌)しましょう。
 〇食肉を取り扱う箸と、食べる箸は分けて使いましょう。
 〇生肉や生レバーの喫食は避けましょう。

4 お問い合せ先

東部生活環境事務所 生活安全課
電話:0857-20-3677・3678  FAX:0857-20-2103

  

最後に本ページの担当課    鳥取県東部生活環境事務所
    住所  〒680-0061
             鳥取県鳥取市立川町6丁目176
    電話  0857-20-36670857-20-3667    
    ファクシミリ  0857-20-2103
    E-mail  toubuseikatsukankyo@pref.tottori.lg.jp