タイトル

ギャラリー



青釉コーヒー碗(受皿付)
一客 3,000円
コーヒー碗 径7.5cm×高さ7cm
受皿 径14cm×高さ2cm
どちらのデザインも同価格。天然釉、登り窯にこだわって製作しています。


青釉番茶器(急須1、湯のみ5)
1セット 15,000円
湯のみ 径8cm×高さ6cm
急須 径13cm×高さ12cm
天然釉、登り窯にこだわって製作しています。

布目波絞水指
100,000円
径15cm×高さ17cm
布目地、貼り付け文様による現代的な意匠の中にも茶陶の精神を大事にしている。

工房

工房の写真

約250年前、江州(滋賀県)の陶工丈助により製陶が始められた伝えられています。この伝統を継ぎ、明治38年に初代築窯。土瓶などに良く表れている焼き上がりの柔らかみが特徴です。簡潔にして気品高く、茶人・雅客の方に愛蔵されています。


法勝寺焼松花窯(ほっしょうじやきしょうかがま)
 安藤真澄(あんどうますみ)

〒683-0337 西伯郡南部町落合257
電話、ファクシミリ:0859-66-2052
営業時間:9時~20時 不定休
その他:体験可・要予約、茶碗1個分創作、所要時間2時間、焼成込で一人3,000円
地図(別ウィンドウで開きます)


陶工

陶工・安藤真澄

4代目真澄が法勝寺焼の陶法を受け継ぎ、茶道具から食器まで製作。シンプルデザインの現代感覚による布目柄の作品を作りながらも登り窯にこだわって作陶している。日本工芸会正会員。




トップに戻る

   鳥取県商工労働部市場開拓局販路拡大・輸出促進課
   住所  〒680-8570鳥取県鳥取市東町一丁目220番地
   電話  0857-26-7833    ファクシミリ  0857-21-0609
   E-mail  hanro-yusyutsu@pref.tottori.jp