星取県民の日 流星プロジェクト

タイトル
一年で一番暗い夜を作ろう!
星取県民の日 流星プロジェクト

 旧暦の七夕にあたる星取県ライトダウンキャンペーン最終日(8月28日)と星取県民の日(9月12日)に、久松山山頂から「ほしとり流星群」が現れます。
 家庭や職場の明かりを消して、久松山の「ほしとり流星群」やその上空に広がる天の川や織姫・彦星など、鳥取の美しい星空を楽しみませんか。


「ほしとり流星群」観測場所

●観測予測日時:平成29年8月28日(月)&9月12日(火)
        午後8時から8時30分ころ
●観測可能地点:久松山山頂の石垣が見えるところ
  

「ほしとり流星群」について

「星取県民の日」と「ほしとり流星群」
 2017年、鳥取県は星取県となり、9月12日の鳥取県民の日も「星取県民の日」となりました。
 その星取県の誕生を祝うかのように久松山に出現する流星群が、「ほしとり流星群」です。
 いったいどうやって流星群は発生するのでしょうか・・・。
 
 「ほしとり流星群」は久松山山頂にイルミネーションを設置し、自転車発電の電気で人工流れ星を発生させます。
 果たして本当に流れるのか!? 悪戦苦闘の様子をフェイスブックで配信しています。
 詳しくはフェイスブックページをご覧ください。

みんなの力で人工流れ星を流そう!~自転車発電にご協力をお願いします!~

8月29日~9月11日までの平日、県庁本庁舎1階ロビーに自転車発電機を設置し、来庁者に発電していただいた電気をバッテリーに充電しています。バッテリーは9月12日に久松山を登り、人工流れ星を発生させる電気として活用します。
県庁近くにお寄りの際は、ご協力をお願いします!



  

~「星取県民の日」関連イベント~

鳥取砂丘☆宇宙祭2017
「大宇宙に流れる愛の祭典」
Love.music.creative+yoga.art
日時:9月9日(土)17時30分~24時
場所:鳥取砂丘・砂の美術館 展望広場
内容:ヨガ、ライトパフォーマンス、星空音楽ライブ など。
       BARに飲食ブース・宇宙食も登場
お問い合わせ:砂丘YOGA  080-5756-4450

鳥取砂丘☆宇宙祭2017のフェイスブックページ
  

チラシについて


流星プロジェクトチラシ

参考

鳥取県民の日

明治14年に現在の鳥取県が誕生した日にちなみ、平成10年より、9月12日が「とっとり県民の日」として制定されました。
この「とっとり県民の日」を定めた条例では、この日は「県民が、ふるさとについての理解と関心を深めるとともに、ふるさとを愛する心を育て、もって自信と誇りの持てる鳥取県を力を合わせて築き上げることを期する日」とされています。

詳しくはコチラをご覧ください。
 

「ほしとり流星群」が流れる「久松山(鳥取市)」

久松山は鳥取市街地の東方、鳥取県庁の背後にそびえ、鳥取市を象徴する山として市民に親しまれています。
また、山陰海岸ジオパークのジオスポット・鳥取城跡(久松山)でもあり、大地が育んだ急峻な地形を持つ山は、戦国時代の山城を起源にした城跡です。防御性の高さや、山頂からの優れた眺めから、「日本(ひのもと)にかくれなき名山」と評され、織田信長は「名城」と評しました。

詳しくはコチラをご覧ください。