県内の環境放射線等の測定結果

  

県内の環境放射線等の測定結果

【結果概要】
  • 県内における測定結果に異常は認められていません。

放射線のモニタリング

空気中の放射線をモニタリングポストで24時間連続監視しています。モニタリングポスト設置場所
 【測定結果】

  ・ 環境放射線モニタリングシステム(鳥取県)
  ・ 放射能モニタリング情報(原子力規制委員会) 
  ・ 平成24年3月31日以前のデータ 

 【モニタリングポスト】
      測定・解析部分
     検出部分           測定・解析部分     

モニタリング結果等

参考(用語説明ほか)

放射線の単位について

  • 等価線量「シーベルト(Sv)」:放射線の人体への影響度
  • 吸収線量「グレイ(Gy)」:物体が放射線から受けた総エネルギー量
  • 放射能「ベクレル(Bq)」:放射性物質から出される放射能の強さ

放射線量について

環境中の放射線量は気象条件等により増減します。例えば、降水により大気中の放射性物質が降下することにより測定値は上昇します。一方、積雪がある場合には、地表からの放射線が遮られることにより低下します。

※1マイクロ(μ)Svは1Svの100万分の1の量です。

※本データは、1μGy/h(マイクログレイ毎時)=1μSv/h(マイクロシーベルト毎時)と換算して算出しています。

アドビリーダのダウンロード