口蹄疫に関する情報
  現在の位置:口蹄疫に関する情報

口蹄疫に関する鳥取県からのお知らせ

平成22年4月20日以降、宮崎県において、家畜伝染病である「口蹄(こうてい)疫」の発生が確認されていましたが、7月27日に移動制限及び搬出制限が解除され、宮崎県では8月26日までに家畜排せつ物等の処理を完了したことから、8月27日には東国原知事(当時)が終息宣言を行いました。
なお、鳥取県では、畜産農家における自主的な消毒等の実施により、今後も引き続き防疫対策の徹底に努めていくこととしています。

口蹄疫は、牛、豚等の偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することはありません。
また、感染した牛肉や牛乳が市場に出回ることはありませんが、仮に感染した牛肉や牛乳を接種しても人体には影響ありません。
  

新着情報

口蹄疫とは

牛や豚などがかかる伝染病です。
口や蹄に水ぶくれができるのが特徴です。
また、発熱や多量のよだれを流し、食欲がなくなったりします。本病は、非常に強い感染力をもっていますので、各農場の飼養管理、衛生管理を徹底することが大切です。


最後に本ページの担当課
   鳥取県農林水産部農業振興戦略監畜産課
   住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-7285    ファクシミリ  0857-26-7292
    E-mail  chikusan@pref.tottori.jp