東部生活環境事務所のホームページ

1 浄化槽とは

 浄化槽とは、台所や風呂、洗濯で使われた水(生活雑排水)をトイレの排水と併せて処理できる設備のことです。

浄化槽の種類

浄化槽には、次の2種類のものがあります。
浄化槽が、汚水をきれいにするのは、浄化槽内の微生物の働きによるものであり、各浄化槽とも、微生物が働きやすい環境となるように工夫されています。

・合併処理浄化槽
 し尿(水洗トイレの汚水)と生活雑排水(台所、風呂、洗濯、洗面などトイレ以外から出る汚水)の両方をあわせて処理する浄化槽

 合併処理浄化槽で処理した水質は、生物化学的酸素要求量(BOD)が20mg/L以下と、下水道の終末処理施設と同等です。

生物化学的酸素要求量(BOD)とは・・・
 水の汚れを微生物が食べて分解するのに必要な酸素の量を表します。
 汚れた水ほど高い数値を示し、きれいな水ほど低い数値になります。


・単独処理浄化槽現在、新設は原則禁止されています
 し尿(水洗トイレの汚水)だけを単独で処理する浄化槽

(平成12年の浄化槽法の改正に伴い、単独処理浄化槽の新設が原則禁止され、合併処理浄化槽の設置が義務づけられました。)

2 浄化槽を設置するには

 浄化槽を設置する時や、浄化槽の構造・規模を変更する場合は、必ず届出が必要です。
(設置の届出は、自ら行うこともできますが、浄化槽の設置を依頼する工事業者に届出事務を依頼する方法もあります。)
 届出が受理された後でなければ、浄化槽は設置することはできません。なお、届出先は、次の区分により異なりますのでご注意ください。

内容 届出先

くみ取り便所を水洗便所に改造する時や、単独浄化槽から合併浄化槽に切り替える時

【届出様式は】
・浄化槽設置届出書
 (PDF(54Kb)・ワード
・浄化槽変更届出書
 (PDF(50Kb)・ワード

・鳥取市に設置される方
鳥取市環境下水道部下水道経営課

(電話 0857-20-3923
 ファクシミリ 0857-20-3319)

・若桜町に設置される方
若桜町町土整備課
(電話 0858-82-2236
ファクシミリ 0858-82-0134)


・智頭町に設置される方
智頭町税務住民課
(電話 0858-75-4114
 ファクシミリ 0858-75-1193)

・八頭町に設置される方
八頭町上下水道課
(電話 0858-72-3973
 ファクシミリ 0858-73-0290)

・岩美町に設置される方
岩美町環境水道課
(電話 0857-73-1567
ファクシミリ 0857-73-1590)



家などの新築の時(建築確認申請書に必要な書類をつけて建築主事の確認を受けます)

【届出様式は】
・浄化槽設置調書
 (PDF(49Kb)・ワード)
・若桜町・智頭町・八頭町・岩美町に設置される方
鳥取県東部生活環境事務所 建築住宅課
(電話  0857-20-3648
 ファクシミリ 0857-20-2103)
・鳥取市に設置される方
鳥取市役所建築指導課
(電話 0857-20-3281
 ファクシミリ 0857-20-3059)

3 浄化槽の維持管理とは

(1) 法律に基づく維持管理(浄化槽管理者の義務)

浄化槽法により、浄化槽管理者は、
 維持管理(ア 保守点検 イ 清掃 ウ 法定検査 エ 保守点検・清掃の記録の保存)
を行うことが義務づけられています。
 しかし、浄化槽の保守点検や清掃は、浄化槽法で定める技術的な基準に従って行わなければならないと定められており、専門的な知識・技術などが必要ですので、保守点検業者や清掃業者に行ってもらうことをお勧めします。
 また、法定検査は、浄化槽法により指定検査機関が行うことと定められています。

※浄化槽管理者とは・・・
 浄化槽管理者とは、浄化槽の所有者、占有者その他の者で当該浄化槽の管理について権原を有する者と定められています。(浄化槽法第7条)
 個人の住宅に設置してある浄化槽の場合は、各家庭に管理責任があることになります。

 

※浄化槽管理者が行わなければならない事項
行わなければならない事項 内容 回数 依頼先


保守点検(法第10条第1項)
機械の調整・修理・消毒剤の補充や清掃時期の判定をします。維持管理には専門的な知識や器具が必要です。そのため、通常県の登録を受けた業者に委託します。 年に数回(浄化槽の人槽・処理方式により回数は決められています。) 県の登録を受けた保守点検業者(点検は有料)
(業者の一覧は、このリンクをクリックしてください )
*保守点検を行うことのできるのは浄化槽管理士(国家資格)です。

清掃(法第10条第1項)
浄化槽の中にたまった汚泥などを抜き取りします。市町村の許可を受けた業者が行います。 年に1回以上(浄化槽の人槽・処理方式により回数は決められています。)
市町村の許可を受けた清掃業者(清掃は有料)








 
水質検査 (法第7条第1項) 
新しく設置した時または構造や規模を変更した時に受ける検査で、浄化槽の工事が適正に行われているか、順調に働いているかなどを水質・外観・書類検査で行います。 使用開始後3ヶ月を経過した日から5ヶ月間の間に1回



指定検査機関:財団法人鳥取県保健事業団
(検査は有料)
 水質検査(法第11条第1項) 保守点検・清掃が適正に行われているかなど、浄化槽の機能の判定を水質・外観・書類検査で行います。

年に1回
記録の保存(法施行規則
第5条第8項)
保守点検や清掃の記録を確認します(法定検査のときに必要です。)
3年間保存

保存は、浄化槽管理者が行う

(2) 保守点検・法定検査の結果による措置

 浄化槽管理者は、保守点検の結果、「清掃が必要、機械の修理等が必要」と判断された時は、保守点検業者に改善を依頼してください。

 浄化槽管理者は、法定検査の結果、「不適正」と判断された時は、保守点検業者に改善を依頼してください。
 なお、法定検査の結果、「不適正」と判断された浄化槽管理者には、浄化槽法第12条第1項の規定に基づき、改善が行われたかどうかの確認を行うこととなります。

(3) 日常の維持管理

 浄化槽は、専門の業者に維持管理を委託している場合であっても、日常の管理が大事です。日常の使用にあたって、次のような点に注意してください。
 ア トイレの洗浄水は、必ず流す。
 イ 便器の掃除には、微生物に影響するような薬剤を使用しない。
 ウ トイレにトイレットペーパー以外の異物を流さない。
 エ 浄化槽の電源は切らない。また、通気口や送風機の空気取り入れ口はふさがない。
 オ マンホールの上に物を置かず、蓋はいつもきちんと閉めておく。
 カ 台所から、野菜くずや天ぷら油などは流さない。

4 法律に基づく届出が必要

 浄化槽管理者は、浄化槽法に基づき次のとおり各種の届出を行う必要があります。
 該当する場合は、速やかに設置場所の市役所・町役場担当課へ届出を行ってください。

(1) 浄化槽の使用を開始したとき

 浄化槽を設置後、使用を開始した日から30日以内に浄化槽使用開始報告書(法第10条の2第1項)により届出を行ってください。
  浄化槽使用開始報告書
 様式はこちら (使用開始報告書(PDF)・使用開始報告書(ワード))

(2) 浄化槽の技術者に変更があったとき(501人槽以上の浄化槽に限る)

 変更のあった日から30日以内に浄化槽技術管理者変更報告書(法第10条の2第2項)により届出を行ってください。
  浄化槽技術管理者変更報告書
 様式はこちら (技術者変更報告書(PDF)・技術者変更報告書(ワード))

(3) 浄化槽管理者に変更があったとき

 変更のあった日から30日以内に浄化槽管理者変更報告書(法第10条の2第3項)により届出を行ってください。なお、届出は、新たに管理者となった方が行うこととなります。
  注) 浄化槽の設置してある住宅等を購入した場合は、この届出が必要となります。
  浄化槽管理者変更報告書
 様式はこちら (管理者変更報告書(PDF)・管理者変更報告書(ワード))

(4) 浄化槽を廃止したとき

 浄化槽を下水道又は農業集落排水等に接続された時や建築物の取り壊しに伴い廃止した時は、浄化槽使用廃止報告書(法第11条の2)により届出を行ってください。
  浄化槽使用廃止報告書
 様式はこちら (廃止届出書(PDF(54KB)・廃止届出書(ワード))

(5) 届出先

(1)~(4)の届出は、いずれも設置場所の市役所・町役場担当課へ提出してください。(窓口一覧はこちらのページ

5 浄化槽法の改正について

浄化槽法の改正(平成17年)に伴い、浄化槽の維持管理についての規制が強化されています。
浄化槽法を守り、法定検査等は必ず受けるようにしましょう。

詳しくは、県庁 水・大気環境課のホームページをご覧ください。

 県庁 水・大気環境課 http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=4596

6 お問い合せ先

◆浄化槽法に関すること。各種報告書のこと。保守点検業者のこと。
 鳥取県東部生活環境事務所 環境・循環推進課 環境衛生担当
  住所:鳥取市立川町6丁目176番地
  電話:0857-20-3672 ファクシミリ:0857-20-2103

◆浄化槽の工事や保守点検等についての問合せ
 社団法人 鳥取県浄化槽協会
  住所:鳥取市松並町2丁目160
  電話:0857-26-9597 ファクシミリ:0857-27-3211 

◆法定検査の申し込み等についての問合せ
 財団法人 鳥取県保健事業団  
  住所:鳥取市立川町6丁目176番地
  電話:0857-23-4843 ファクシミリ:0857-23-4862
  

最後に本ページの担当課    鳥取県東部生活環境事務所
    住所  〒680-0061
             鳥取県鳥取市立川町6丁目176
    電話  0857-20-36670857-20-3667    
    ファクシミリ  0857-20-2103
    E-mail  toubuseikatsukankyo@pref.tottori.lg.jp