鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害等発生情報

過去の災害情報





ハザードマップ

  

洪水ハザードマップ

 水などにより河川の堤防が決壊した場合に、浸水想定区域内の住民の皆さんが迅速に避難できるよう、そのときに予想される「浸水区域」(洪水時に危険な場所)や「浸水深さ」(危険の程度)、危険が迫った場合の「避難場所」、「避難経路」などの災害対応のための情報を示したものです。

 洪水ハザードマップは、洪水予報河川及び水位情報周知河川について、浸水想定区域図に基づいて、市町村が作成することになっています。

土砂災害ハザードマップ

 大雨などの場合に、土砂災害により被害をうけるおそれがある区域(土砂災害警戒区域)を示したもので、この地図には、土砂災害警戒区域内の住民の皆さんが迅速・円滑に避難できるよう、土砂災害情報等の伝達方法、避難場所等の情報が示されます。

 土砂災害警戒区域に指定された区域については、市町村が土砂災害ハザードマップを作成することになっています。

※ 土砂災害警戒区域は平成20年度にかけて順次指定することとしており、指定された後は、該当市町村では、その後、土砂災害ハザードマップの作成に努めます。(土砂災害ハザードマップ作成費補助事業は平成21年度まで)

地震ハザードマップ

 地震発生時の各地域の揺れやすさなどから、地域毎の災害の起こりやすさ(危険度評価)や、災害が起こった場合の「避難場所」、「避難経路」などの災害対応のための情報を示したものです。地震ハザードマップは、地震被害想定に基づいて、市町村が作成します。県内の4市(いずれも合併前)で作成・公表されています。

津波ハザードマップ

 津波が発生した場合に、津波浸水想定区域の住民の皆さんが迅速に避難できるよう、そのときに予想される「浸水区域」(津波発生時に危険な場所)や「浸水深さ」(危険の程度)、危険が迫った場合の「避難場所」、「避難経路」などの災害対応のための情報を示したものです。津波ハザードマップは、津波浸水予測図に基づいて、市町村が作成します。