インターネット上での人権侵害

 近年、パソコンや携帯電話など情報機器の急速な普及により、私たちはインターネットを利用したさまざまなサービスを受けることが可能になりました。
 しかし、ひとたびその使い方を誤ると犯罪の被害者になってしまったり、他人の名誉を傷つけてしまう加害者になってしまうおそれがあります。インターネットは全世界とつながっています。そこにはさまざまな人が関わっており、そこに流れる情報もさまざまです。掲載されている情報や自分が発信しようとする情報は、必ず利用者自らが正しく判断し、取扱いに十分注意しなければなりません。
 また、インターネット掲示板などは匿名で書き込むことができます。しかし、この匿名性が個人の行為を民事上あるいは刑事上の責任から免責するものではありません。書き込みを行う際は、どのような行為が認められ、どのような行為が認められないかを社会のルールや法律に基づき正しく判断しましょう。
 一人ひとりが社会のルールとマナーを守り、適切なインターネットの利用を心がけましょう!

  

被害に遭ってしまったら

 ある日、インターネット上の掲示板を見ていると、自分の個人情報や自分の名誉を毀損する情報が名指しで書き込まれているのを発見しました。どのように対応したら良いですか?

1 基本的な考え方

 直ちに掲示板の管理者に対して削除依頼をしましょう。「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(以下、「プロバイダ責任制限法」という。)ガイドライン」は、掲示板の管理者やプロバイダ等は被害者本人又は法務省からの申し出に基づき、不適切な情報を削除できることを定めています。

2 ガイドラインによる削除対象表現

 ガイドラインで削除の対象となっている表現は概ね以下のとおりです。
  1. 特定個人の個人情報で公開していない情報(氏名・住所・電話番号など)
  2. 特定個人の名誉を毀損する誹謗中傷

(※ただし、削除の対象とならない場合もありますので、お近くの法務局に相談されるか、「ガイドライン」をご参照いただくことをお薦めします。)
 ※「ガイドライン」(PDF:1.4MB)

3 削除依頼の方法

 まず、当該ホームページ・掲示板のルールに乗っ取った方法で削除依頼をされることをお薦めします。(※ この場合、一部のホームページ・掲示板では削除依頼を行ったこと自体が公開され、更なる書き込みの対象となることがあるため注意が必要です。)
 そして、この削除依頼に管理者が応じない場合は、プロバイダに対して削除依頼を行いましょう。
 削除依頼を行う場合は、当該書き込みの箇所(URLや書き込みの番号など)や実際に被った被害、現に被っている被害(いやがらせ電話など)を具体的に示すことが大切です。

<削除依頼をする際の注意事項>

  • 削除依頼は本人が行うことができます。
  • 権利を侵害されたとするページのURLなどを具体的に示しましょう。
  • 本人のどんな権利が侵害されたのか、具体的に示しましょう。
  • 削除してほしいページ、文章、表現を具体的に示しましょう。
アドビリーダのダウンロード

相談窓口、参考リンク

相談窓口

参考ページ