県政一般・報道提供資料

 このサイトでは、報道機関に提供している県政情報を提供翌日に掲載しています。

RSS2.0

  • 原則として、提供資料と同様のものを掲載しますが、図表など電子情報に変換することが難しいものや、冊子などについては掲載を割愛します。
  • なお、プライバシーの保護のため、個人情報の一部を掲載しないことがあります。
  • 携帯向けサイト「とりネットモバイル」でも、要約を掲載しています。
  

すべての提供資料(新着30件)

  

  • 【中部地震関連】鳥取県中部地震(第96報) - 8月18日提供

    [危機管理局危機対策・情報課 の資料提供]  【中部地震関連】鳥取県中部地震(第96報)
  • 「山陰デスティネーションキャンペーン」全国宣伝販売促進会議の開催 - 8月18日提供

    [観光交流局観光戦略課 の資料提供]  平成30年7月~9月の3ヶ月間、鳥取県、島根県とJRグループが共同で「山陰デスティネーションキャンペーン」を実施します。それに先立ち、国内外の旅行会社等をお招きして、鳥取・島根両県の魅力的な観光素材の提案やDC期間中の取り組みを紹介し、山陰への誘客を促進することを目的に、全国宣伝販売促進会議を8月23日に開催します。
  • 第30回全国健康福祉祭あきた大会(ねんりんピック秋田2017)鳥取県選手団県旗授与・激励式の開催 - 8月18日提供

    [福祉保健部ささえあい福祉局長寿社会課、福祉保健部ささえあい福祉局長寿社会課 の資料提供]  第30回全国健康福祉祭あきた大会に参加する選手等について、8月22日(火)に県庁講堂にて県旗授与・激励式を開催します。
  • “たたらんち”魅力発見・提案のための東京富士大学生等の研究取材受入 - 8月18日提供

    [西部総合事務所西部総合事務所日野振興センター日野振興局 の資料提供]  日野町魅力化プロジェクト「大学生田舎ホームスティ」(主催:日野町魅力化プロジェクト実行委員会)で日野町を訪れ、「産業」「観光」「生活」のチームに分かれて地元の人たちとの交流を通じて日野郡の魅力を発見し、活用や磨き上げについての提案を行います。その中で「生活チーム」が日野郡の新ご当地グルメ「日野郡3町三色“たたらんち”」の魅力発見に向けた取材を行います。
  • 第4回鳥取県農作業安全標語コンクールの表彰式を開催します - 8月18日提供

    [農林水産部農業振興戦略監とっとり農業戦略課 の資料提供]  農作業事故の防止を目的に、広く県民の皆様から標語を募集しました。たくさんの標語の中から県内の農作業安全の各種啓発活動に活用する標語を決定しましたので、優秀標語の応募者を表彰します。
  • 星取県・鳥取砂丘で開催!HAKUTOフィールド試験見学&月面観測会の一般参加者募集 - 8月18日提供

    [観光交流局観光戦略課 の資料提供]  鳥取県と連携協力協定を締結している民間月面探査チームHAKUTOが鳥取砂丘でフィールド試験を実施するのに合わせ、本県とチームHAKUTOが共同で星取県ならではの体験ができるイベントを開催します。開催について、県民の皆様等への周知に御協力ください。
  • 平成29年度第2回鳥取県森林環境保全税関連事業評価委員会の開催 - 8月18日提供

    [農林水産部森林・林業振興局森林づくり推進課 の資料提供]  森林環境保全税の使途を明らかにし、税に対する理解を深めるため、事業の調査、審査、検証等を行う鳥取県森林環境保全税関連事業評価委員会を開催します。
  • サントリー酒類株式会社中国・四国支社による「金麦・金麦オフ山陰オリジナルパック」に係る寄付の報告について - 8月18日提供

    [商工労働部市場開拓局食のみやこ推進課 の資料提供]  サントリー酒類株式会社中国・四国支社では、鳥取県・島根県で『「金麦」「金麦 糖質75%オフ」山陰オリジナルパック』を本年6月20日から限定発売され、その売上げ1本につき1円を両県に寄付する取組を初めて実施されました。本商品は、「山陰エリアの美しい自然や豊かな食文化を応援したい」という同社の思いから発売されたものであり、鳥取県への寄付金は、「『食のみやこ鳥取県』の推進に関する事業」に活用されます。 このたび、好評のなか販売が終了したのを受け、同社山陰支店長 宮城和夫氏等が平井知事を表敬訪問し、寄付の報告をされるとともに、県から同社へ感謝状を贈呈します。
  • 防災研修会の開催 - 8月18日提供

    [中部地震復興本部事務局中部地震復興本部事務局 の資料提供]  鳥取市美保南地区自主防災会連絡協議会(鳥取市)が防災研修会を開催することとなり、鳥取県自主防災活動アドバイザーが指導・助言を行いますので、お知らせします。
  • 若者が自ら働く場を創り出すためのトライアル事業『L.I.P.tottori』フィールドワークの実施 - 8月18日提供

    [元気づくり総本部元気づくり推進局とっとり暮らし支援課 の資料提供]  鳥取県で仕事があれば戻ってきたい、定着したいと考えている若者が少なくないにも関わらず、希望する仕事が見つからない等の理由により、実際にIJUターンする若者は限られています。 そこで、本県は起業支援等を専門とするGOB Incubation Partners株式会社と連携し、将来、本県内での起業・新規事業立ち上げを目指す若者・学生が、自ら働く場を創出できるためのスキルを身につけるトライアルプロジェクト「L.I.P.tottori」を行なっており、その一環として県内でフィールドワークを実施します。※L.I.P:Local Incubation Project
  • 普段から歩こう!ウォーキングキャンペーン キックオフイベント「ウォーキング・フェスタin湖山池」 - 8月18日提供

    [福祉保健部健康医療局健康政策課 の資料提供]  普段からの健康づくりと病気予防に最も効果的な歩くことをきっかけづくりとするため、昨年から実施している「普段から歩こうウォーキングキャンペーン」を今年度も開催します。 今年度は、当該キャンペーンのキックオフイベントとしてのウォーキングのほか、「あいサポート運動」としての障がい者スポーツ教室、B&G財団実施の「鳥取インクルーシブin湖山池」等との併催、若者の参加を促すためにコース中にグランピングカフェを設けるなど、誰もが楽しんで参加できるウォーキングフェスタです。なお、当該イベントは、鳥取県×日本財団共同プロジェクト「住民参加型の健康づくり」の取組の一環として、日本財団の支援を受けて実施するものです。
  • 第8回「中海会議」の開催について - 8月18日提供

    [元気づくり総本部広域連携課 の資料提供]  中海に関する諸問題を協議検討する第8回「中海会議」を開催します。
  • 鳥取県福祉研究学会 第11回研究発表会における研究発表の募集 - 8月18日提供

    [福祉保健部ささえあい福祉局福祉保健課 の資料提供]  多岐にわたる福祉関係者の幅広い連携を図り、それぞれが持つノウハウを共有の知的財産として活用して多様化する福祉ニーズに適切に対応することを目的に、平成19年に鳥取大学、鳥取短期大学、鳥取県社会福祉協議会、鳥取県等を主体として鳥取県福祉研究学会を設立しました。毎年、福祉関係者が最新の情報を共有できる場として研究発表会を開催することとしており、研究発表を募集します。
  • 平成29年度第2回鳥取県規制改革会議を開催します - 8月18日提供

    [総務部行財政改革局業務効率推進課 の資料提供]  地域の活性化に繋がる規制改革の取組を推進するため、県民からの規制改革提案に対する県の対応案や県からの提案事項について検討し、意見を述べる機関として設置した「鳥取県規制改革会議」の平成29年度第2回会議を開催します。
  • 鳥取県における熱中症警報の発令 - 8月18日提供

    [福祉保健部健康医療局健康政策課 の資料提供]  本日午前11時発表の鳥取地方気象台の天気予報によると、週末明けまでの最高気温が30℃以上となることから、鳥取県内全域に熱中症警報を発令しました。なお、今年度38回目の発令となります。
  • 8月18日大雨に係る災害(第1報) - 8月18日提供

    [危機管理局消防防災課 の資料提供]  8月18日大雨に係る災害(第1報)(平成29年8月18日7時30分現在)を取りまとめました。
  • 鳥取県における熱中症警戒週間の発表 - 8月18日提供

    [福祉保健部健康医療局健康政策課 の資料提供]  鳥取地方気象台の週間気予報によると、鳥取県における向こう1週間(翌週金曜日まで)の予想最高気温が30℃を超える日が、5日以上予測されています。ついては、鳥取県内全域に、熱中症警戒週間を発表します。なお、今年度8回目の発表となります。
  • チームHAKUTO鳥取砂丘フィールド試験の実施について - 8月18日提供

    [元気づくり総本部とっとり元気戦略課、観光交流局観光戦略課(0857-26-7237) の資料提供]  台風5号の接近により延期となっていたチームHAKUTO鳥取砂丘フィールド試験について、8月28日(月)から9月1日(金)に実施されることとなりました。試験期間中の8月29日(火)には、チームHAKUTOによる報道関係者の方を対象とした試験概要の説明会等が開催されますので、取材を希望されます場合は、別添のご案内に基づき、直接申し込みをいただきますようお願いします。(申し込み期限:平成29年8月25日(金)) なお、本県とチームHAKUTOは、平成28年5月18日に連携協力に関する協定を締結しており、この試験期間中には、連携協定に基づく人材育成・教育支援活動として、HAKUTOフィールド試験見学会等を予定しています。
  • 「東京大学フィールドスタディ型政策協働プログラム」における湯梨浜町での現地活動の実施 - 8月17日提供

    [元気づくり総本部元気づくり推進局とっとり暮らし支援課、湯梨浜町みらい創造室(0858-35-5313) の資料提供]  本年度から東京大学が「東京大学フィールドスタディ型政策協働プログラム(東大FS)」と題して、東京大学の学生が協力を得た自治体に入り込み地域課題の解決策を検討する取組を始めました。 このたび「日本版CCRCの先進事例を学ぶ」をテーマに鳥取県、湯梨浜町、湯梨浜まちづくり(株)が連携して受入れし、東京大学の学生3名が8月21日から13日間、湯梨浜町において現地活動を実施します。
  • ミサイル落下を想定した鳥取県国民保護訓練の実施 - 8月17日提供

    [危機管理局危機対策・情報課 の資料提供]  国、県、琴浦町の合同の住民避難訓練に合わせて独自の初動対応訓練等を実施し、県、防災関係機関の対応方法や連携要領等を確認するとともに、県が独自に作成を進める対応マニュアル(ドラフト版)を検証し、不測の事態に備える。
  • 鳥取県における熱中症警報の発令 - 8月17日提供

    [福祉保健部健康医療局健康政策課 の資料提供]  本日午前11時発表の鳥取地方気象台の天気予報によると、8月18日(金)の最高気温が30℃以上となることから、鳥取県内全域に熱中症警報を発令しました。 なお、今年度37回目の発令となります。
  • 鳥取県と鳥取大学との連携協議会の開催 - 8月17日提供

    [地域振興部教育・学術振興課 の資料提供]  鳥取県と鳥取大学との連携協力を深め、地方創生の取組などについて意見交換するため、「鳥取県と鳥取大学との連携協議会」を毎年定期的に開催しています。 このたび、平成29年度の連携協議会を開催します。
  • 平成29年度農業試験場公開セミナーの開催 - 8月17日提供

    [農林水産部農業試験場 の資料提供]  8月23日に農業試験場公開セミナーを開催します。
  • 龍谷大学農学部インターンシップ実習生の受入を開始 - 8月17日提供

    [農林水産部農業振興戦略監とっとり農業戦略課 の資料提供]  本県と龍谷大学との農業分野での連携により、今回初めて、同大学農学部生をインターンシップ実習生(県外出身3名)として受入を開始します。
  • 鳥取県議会代表者会議の開催 - 8月17日提供

    [県議会県議会事務局 の資料提供]  平成29年8月21日に鳥取県議会代表者会議を開催します。
  • とっとり起業女子YodoYA(淀屋)ミーティングの開催 - 8月17日提供

    [商工労働部産業振興課 の資料提供]  起業を目指す女性向けに実践的なノウハウを学ぶ場を提供する、とっとり起業女子ミーティングを倉吉(淀屋)にて開催します。
  • 北朝鮮によるミサイル発射に関する市町村等担当課長会議の開催について - 8月17日提供

    [危機管理局危機対策・情報課 の資料提供]  北朝鮮によるミサイル発射に関する国の説明会(8月17日午後1時開催)を受け、「北朝鮮ミサイル発射に関する市町村等担当課長会議」を開催します。
  • 発達障がいのある方々の雇用事例研修会の開催 - 8月17日提供

    [商工労働部雇用人材局就業支援課 の資料提供]  鳥取県と日本財団の共同プロジェクトにより米子市に開設した「クロスジョブ米子」で実施している「オフィス型ジョブトレーニング」の効果等を企業の人事担当、当事者及び支援者等に御紹介する研修会を開催します。当日は、クロスジョブの利用者を雇用されている企業の人事担当者等に御講演をいただき、発達障がいをお持ちの方でもトレーニングによって安定した就労が可能になった事例や、その特性を生かすことができれば企業で大きな戦力になる可能性があること等を御紹介します。
  • 高校生による、ふるさとの魅力発信プロジェクト「高校生旅行社」が開催されます - 8月17日提供

    [元気づくり総本部とっとり元気戦略課、元気づくり総本部広報課(0857-26-7020) の資料提供]  鳥取県×日本財団共同プロジェクトで取り組む情報発信の一環として、鳥取県内の高校生が、第一線で活躍する映像クリエーター、デザイナー、鳥取環境大学生らの協力を得て、鳥取の魅力を発信する動画の作成をおこなう「高校生旅行社」の取組を開催します。
  • 西部総合事務所管内における腸管出血性大腸菌感染症の発生(第1報) - 8月17日提供

    [西部総合事務所西部総合事務所福祉保健局 の資料提供]  8月17日、米子市内の医療機関から西部総合事務所福祉保健局へ腸管出血性大腸菌感染症の発生について届出がありました。なお、平成29年の本症の県内発生は16例目です。