健康政策課のホームページ

熱中症を防ぎましょう

熱中症へのより一層の注意喚起のお知らせ

8月に入り連日猛暑が続き、夜間も気温が下がらず寝苦しい日々が続いています。
身体も疲れが溜まってきていると思われます。
また、熱中症で救急搬送される方も急増し、8月7日には重症者も発生しました。
広島地方気象台の1ヶ月予報では、気温が高い状態がしばらく続くと予報されています。
お盆の帰省シーズンを迎え、外出の機会が増える時期です。車の運転中の熱中症発症もありますので無理をせず休憩を
十分とりましょう。
農作業中の熱中症も多いです。涼しい時間に作業を行うことやいつも以上に休憩や水分摂取等に気を配り、お互い声を
かけあい熱中症を予防しましょう。

【予防方法】

  • のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給をしましょう。
  • 外出時は帽子や日傘等で日差しを避け、通気性・吸湿性の衣類を選びましょう。
  • 室内でも熱中症発症の可能性があるので、エアコンや扇風機、すだれ等を使い、室温が上がらないよう注意しましょう。
  • 高齢者や省にについては周囲の人も気をつけ、声をかけ合うなどしましょう。

【熱中症にかかったと思ったら】

  • 日陰で風通しのよい場所へ避難させ、すぐに体を冷やしましょう。
  • 重度の場合は救急車を呼びましょう。
  

シロクマの涼太郎
熱中症予防声かけプロジェクト
マスコット「シロクマの涼太郎」)

 熱中症とは、高温の環境下で、体の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないなどして発症する障害の総称で、重症になると命にかかわる病気です。
  日ごろから体力をつけて、日常生活での熱中症予防を心がけましょう。

 特に、暑い日中の高齢者の方々の農作業時、小児から成人の方々の運動時は、特に熱中症にご注意ください。


  

熱中症予防動画

丸ちゃんの『お家の中で熱中症予防』おさらい動画

丸ちゃんの『お家の中で熱中症予防』おさらい

鳥取県政番組「週刊とり☆リンク」ナビゲータの山陰放送BSSアナウンサー丸山聡美さん(通称丸ちゃん)の2013年6月20日放送分のつぶやきです。
【ちょっとためになる漫才】熱中症を防ごう!動画

【ちょっとためになる漫才】熱中症を防ごう!

吉本鳥取県住みます芸人のほのまるの二人が熱中症についての漫才を披露しています。
  

熱中症注意月間の設置について

 鳥取県では5月~9月を「熱中症注意月間」とし、期間中は県民のみなさまに重点的に熱中症の予防啓発を行います。

期間

 5月~9月の5ヶ月間

月間中の主な取組

(1)熱中症警戒週間の発表【発表機関:県健康政策課】
    気象庁の週間予報において、向こう1週間の予想最高気温30℃以上の日が
   5日以上予測された場合に発表する。
(2)熱中症特別警報の発令【発令機関:県健康政策課】
    鳥取地方気象台から高温注意情報(予想最高気温35℃以上)が発表された日に発令する。
(3)熱中症警報の発令【発令機関:県健康政策課】
    鳥取地方気象台から予想最高気温30℃以上が発表された日に発令する。
(4)その他の啓発
   ・県政だより、とりネット、テレビ、新聞等既存の広報媒体による啓発
   ・うちわ、リーフレット等啓発物の配布 
    うちわ(PDF:1147KB)
    リーフレット(PDF:285KB)
   ・地域でのスポーツ大会等イベントにおいて、のぼりを貸与
    のぼり(PDF:563KB)
   ・ 市町村や高齢者の利用が多い場所(薬局等)にミニのぼりを設置
    ミニのぼり(PDF:32KB)      
   ※青字部分をクリックするとそれぞれの啓発物のPDFをご覧いただけます。
   PDFは印刷できますので、ご活用ください。

アドビリーダのダウンロード

熱中症に関する情報

鳥取県内の現在の気温

気象庁の提供する鳥取県内の観測情報です。
観測地点名をクリックすると毎時の観測表が新しいウインドウに表示されます。(毎時20分頃に更新)
※ 観測表は1時間毎に自動で更新されています。
※ 機器の点検などによりデータが欠落する場合があります。 
  

日常生活での予防法 

1.こまめに水分を補給する

  • のどが渇きを感じなくても、こまめに水分を補給しましょう。
  • アルコールは尿の量を増やし体内の水分を排泄してしまうため、アルコールではなく、水やお茶等で!

2.室内環境を整える

  • 熱中症は室内でも発生することがあるので、室内温度も気にかけてください。

3.外出時に気をつける

  • 日陰を選んで歩く、日傘や帽子などで、日差しをさけましょう。
  • 通気性・吸湿性・速乾性のある衣類を選ぶ、黒色・ネクタイ・えりのある服装を避ける等、服装も工夫を。

4.体調に気をつける

  • 長時間活動し続けることのないよう、無理をせずに、こまめに休憩を入れましょう。
  • 保冷剤や冷たいタオルなどで、体を冷やすことも有効です。
    また、上手に発汗して暑さに慣れやすくするためにも、日頃から夏の暑さに負けない体づくりをしましょう!

高齢のかた・小さなお子さんは、特に注意!

○高齢のかた

  • 温度に対する感覚が弱くなるために、暑さや体の水分不足を自覚しにくく、体の熱が放散しにくくなります。
  • のどが渇かなくても水分補給したり、上手に室内温度を調整すること等が大切です。

○小さなお子さん

  • 体温調整機能が十分発達していない上、身長が低い(地面が近い)ので大人が感じる以上に暑い環境にいます。
  • 顔色、汗のかき方など、お子さんの健康観察を十分行い、汗を蒸発しやすい服装選びに注意ましょう。

熱中症の症状 

軽症

  • たちくらみ、筋肉痛・筋肉の硬直、大量の汗をかく

中等度

  • 頭痛、はきけ・嘔吐、体がだるい

重症

  • 意識がない、けいれん、体が熱い、
  • 呼びかけに対する反応がおかしい、まっすぐに歩けない

熱中症を疑ったら 

熱中症を疑った時には、死に直面した緊急事態であることをまず認識しなければなりません。
重症の場合は救急隊を呼ぶことはもとより、現場ですぐに体を冷やし始めることが必要です。

現場での応急処置

涼しい場所への避難

日陰で、風通しのよい場所へ避難させましょう。

楽な姿勢をとる 

衣服をゆるめ、楽な姿勢をとりましょう。
血の気がなければ足を高くして寝かせましょう。
皮膚を水で湿らせる、うちわで扇ぐなどで、体を冷やしましょう。

水分・塩分の補給

冷たい水、スポーツドリンクなどを与えましょう。
ただし、次の場合は、口に水分を入れるのは禁物です。
・呼び掛けや刺激に対する反応がおかしい、応えない(意識障害がある)
・吐き気を訴える、吐く

医療機関へ運ぶ

自力で水分の摂取ができないときは、緊急に医療機関へ搬送しましょう。
また、回復しない場合や対応に迷った場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

「ひと涼みアワード2013」で、最優秀行政民間団体賞を受賞しました 

 環境省などの官公庁や地方自治体、企業などが参加する「熱中症予防声かけプロジェクト(※)」の運営事務局が選定する「ひと涼みアワード2013」において、本県の取組が最優秀行政民間団体賞として表彰されました。

 ※賛同会員は、2,800以上。
  302団体の活動の中から最優秀賞6組が受賞。
  うち、最優秀行政民間団体賞は鳥取県のみ。
  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部
             健康医療局 健康政策課

    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72270857-26-7227    
    ファクシミリ  0857-26-8143
    E-mail  kenkouseisaku@pref.tottori.jp