事業目的

 農.村地域において、農道の新設又は改良を行い、大型機械の導入による営農の省力化や農産物、生産資材の輸送の効率化等により、農業の近代化と農村環境の改善を図ります。
 農道整備事業は事業の内容、規模等により分類され、広域営農団地農道整備事業(広域農道)、農林漁業用揮発油税財源身替農道整備事業(農免農道)、一般農道整備事業及び農道環境整備事業があります。

事業内容

事業名

事業内容

広域農道

広域営農団地における農道網の基幹となる農道の新設又は改良

農免農道

農林漁業用揮発油税を財源の一部として行う農道の新設又は改良

一般農道

広域、農免、農道環境以外の農道の新設又は改良

農道環境 

・物流効率対策(路面の整備)
・農道危機管理対策(橋梁等の重要構造物の補強、改良)
・交通安全対策(交差対策、転落防止柵、歩道、交通安全施設等の整備)

事業条件

事業名

広域農道

農免農道

事業主体

県、市町村及び土地改良区

受益面積

概ね1,000ha以上
(急傾斜地帯、振興山村、過疎地域、特定農山村は300ha以上)
概ね50ha以上
(振興山村、過疎地域は30ha以上)
 

基準等

・車道幅員が概ね5m以上
(急傾斜地帯、振興山村、過疎地域、特定農山村は4m以上)
・延長が概ね10km以上
(急傾斜地帯、振興山村、過疎地域、特定農山村は5km以上)
・全幅4m以上
(振興山村は3m以上)
・事業費1億円以上
(急傾斜地帯、振興山村、過疎地域は2千万円以上)
 

担当部署

県土整備部道路建設課 県土整備部道路建設課

事業名

一般農道

農道環境

事業主体

受益面積 

概ね50ha以上
(振興山村、過疎地域は30ha以上)

50ha以上

基準等 

・全幅員が概ね4.5m以上
(振興山村、過疎地域、急傾斜地帯は30ha以上)
・延長が概ね1,000m以上
(振興山村、過疎地域は800m以上。)
・事業費3千万円以上
・広域営農団地農道整備事業、農林漁業用揮発油税財源身替農道整備事業で整備した農道
 

担当部署 

農林水産部農地・水保全課 農林水産部農地・水保全課及び県土整備部道路建設課

事業実施地区