ツキノワグマの被害に遭わないために

平成30年4月1日からの業務の窓口について

 平成30年4月1日からの鳥取市の中核市移行に伴い、当所生活安全課で行っていた鳥取市と東部4町(岩美町、若桜町、智頭町及び八頭町)業務のうち、鳥獣保護法、自然公園法等に係る事務については引き続き県で実施しますが、申請・届出等の受付窓口が変わります。

 鳥獣保護法、自然公園法等の申請・届出等の受付けは、県庁緑豊かな自然課(緑豊かな自然課トップページリンク)になりますので、手続きの際は御留意ください。

  

1 はじめに

 人身被害の回避とツキノワグマの人家への出没防止のため、皆さんに注意していただく事項をまとめましたのでご覧ください。

2 クマの目撃情報

人家近く(人里)でクマを目撃した場合は、直ちに、お住まいの市町または生活環境事務所へ連絡してください。
 クマに関する多くの情報が集まれば、パトロールや集団登下校などの対策が迅速に実施できます。

提供していただきたい情報は、

・クマを目撃した場所・時間
・クマの大きさ
・クマが何をしていたか 

など、できるだけ詳細にお願いします。


3 クマの被害に遭わないために・・・

 ツキノワグマを「猛獣」だと思っておられる人もいますが、本当は、大変臆病で温厚な動物です。
 過度に恐れることは決してありませんが、とにかく、人とクマとの遭遇を少なくすることが、結果的には被害の防止になると考えます。
 クマによる人身被害を防止するために、次のことに注意していただきますようお願いします。

クマと遭遇しないために心がけることは・・・

 

1 クマに自分の存在を知らせてください。

 

クマ鈴

クマよけの鈴


・クマは、嗅覚や聴覚が人間より優れ、人の接近をいち早く察知し、人を避けますのでラジオや鈴などを携帯し、音を出して行動してください。
・風や雨、川の音などで人の気配を察知できないことがあるので、過信は禁物です。


 


2 クマのいるところで行動しないでください。
・クマは、明るい場所を避けます。見通しのよい明るい場所で行動してください。
・クマの糞や足跡などを見つけたら、迂回するか、引き返してください。
クマのツメ跡・足跡

3 朝方や夕方の外出は注意が必要です。
・クマは、人里近くへは、夕方に出てきて、朝方に帰ることが多いので、この時間帯に外出はできるだけ避けてください。この時間帯に外出する場合には、単独での行動は避け、ラジオや鈴などを携帯してください。
・人家周辺でも出没もあり得ることから、決してよそ事と思わず、人家周辺でも常に周囲に細心の注意を払うように心がけてください。
・特に、クマによる農作物等の被害歴がある場所での行動は危険です。

4 クマを引き寄せていませんか?
 自分の行動が知らないうちに、クマを引き寄せていることにつながっていることがあります。クマを引き寄せないためには、次のことに注意してください。
1 人家のまわりに生ゴミなどを無造作に捨てたり、置いたりしないでください。
2 キャンプ場などでは、ゴミの管理を徹底してください。
3 キャンプや登山、渓流釣りなどで出たゴミは必ず持ち帰ってください。
4 人家のまわりで収穫の予定のない柿等の実は撤去してください。
5 山野にある墓地の供え物等は持ち帰るようにしてください。

 

それでもクマに遭遇してしまったら・・・

1 子グマに出会った時は、そっと立ち去ってください。
・見えなくても、親グマが近くにいます。

2 とにかく落ち着いてください。
・クマまで距離があるようなら、そっと立ち去ってください。
急に大声を出さないでください。大声を出したり、ものを投げつけたりすると、クマは興奮します。
・クマから目を離さないようにして、できるだけゆっくり後退してください。
・食べ物以外の持ち物や帽子、衣類などを静かに地面に置いて、クマの注意をそらしてください。
・クマとの間に立木などの障害物をおける位置に移動できれば、突進を防ぐこともできます。

3 走って逃げないでください。
・クマは、「逃げるものを追う」習性があるといわれています。背中を見せて逃げるなど、不要な刺激を与えることは危険です。なお、「死んだふり」は俗説で効果がありません。

4 急所を守ってください。
・万が一、クマが威嚇行動の後、襲ってきた場合には、反撃することも考えられますが、力(走ることや木に登ることにおいても)ではクマの方が勝っています。
・確実な防御方法はありませんが、ダメージを最小限にするために、自分の首を両手でしっかり抱えてうずくまり、クマの攻撃をしのぐ方法が有効だともいわれています。

 

  

4 お問い合せ先

東部生活環境事務所 生活安全課
電話:0857-20-3676 FAX:0857-20-2103