2018年は省エネでワンだふるキャンペーン

キャンペーンの内容

1.対象者

鳥取県内にお住まいの家庭 
※ご契約されている電力会社が発行する電力使用量の通知に記載されている住所が鳥取県内の方

2.応募方法

パソコン・スマートフォンの場合

とっとり電子申請システムから、ご応募いただけます。
URL:https://s-kantan.com/pref-tottori-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=196
※平成30年1月分(1月16日を含む月)の電気・ガス使用量が分かる画像等のアップロードが必要となりますので、お手元に検針票等をご用意ください。

バーコード

郵送・持参・ファクシミリの場合

応募用紙(docxファイル27KB)に必要事項を記入のうえ、次の書類を添付して提出してください。
  1. 平成30年1月分(1月16日の使用実績を含む月)の電力使用実績がわかる通知※のコピー
  2. 平成30年1月分(同上)のガス使用実績がわかる通知※のコピー(オール電化の場合を除く)
※ホームページで1月分の使用量がわかる場合、それを印刷したものでも可 

応募期限

平成30年2月28日(水)
※郵送の場合は、当日消印有効。

提出先

県庁環境立県推進課
〒680-8570 鳥取市東町1丁目220
電話:0857-26-7874
ファクシミリ:0867-26-8194
メール:kankyourikken@pref.tottori.lg.jp

3.部門

各部門ごとに審査・抽選を行います。省エネの取組に応じて部門をお選びください。

【住宅で省エネ部門 】

太陽光発電や高断熱、ペアガラスなど、省エネに配慮した住宅にお住いで省エネに取り組んだかた

【こまめに省エネ部門】

エアコンの温度設定や省エネ家電の活用、重ね着などの実践で省エネ活動に取り組んだかた

4.取組期間

平成30年1月分(1月16日を含む1カ月間)の取組状況を報告すること
※取組期間は、各ご家庭の検針日により異なりますので、各自でご確認ください。 

松葉がになどワンだふるなプレゼント!

1.景品

◆特賞:2名(各部門1名×2部門)

松葉がに(1万5千円相当)
 松葉がに

◆省エネがんばった賞:20名(各部門10名×2部門)

鳥取県産きぬむすめ5kg
鳥取県産きぬむすめ新米
 

2.金持神社の縁起物が当たるWチャンス

電気やガス等の使用量を入力すると二酸化炭素の排出量が自動的に計算され、家計にも地球にもやさしい暮らし方の参考となる鳥取県環境家計簿「わが家のエコ録」(登録無料)。本キャンペーンの応募者で、平成30年1月末までに「わが家のエコ録」にご登録いただいているかたの中から20名に、金運・開運で人気を集める金持神社(日野町)の縁起物・黄色いハンカチをプレゼントします。
わが家のエコ録(外部リンク)

3.当選発表

特賞受賞者の氏名、居住市町村、取組内容は県のホームページで公表します。
その他の当選者の発表は、景品の発送をもってかえさせていただきます。 

(参考)冷暖房エネルギーを抑えて、快適に健康に!

家庭のエネルギー消費の約3割を占める冷暖房エネルギー。無理なく快適に省エネに取り組むには、省エネ性能の高い冷暖房機器を使用することが効果的ですが、窓や壁の断熱性を高めるなど、住宅の省エネ化も大きな要素です。

断熱性能アップで快適に健康に

住宅の断熱性能が上がることで、冷暖房の効きがよくなるだけでなく、カビやダニ発生の原因となる結露が抑えられる、ヒートショック(※)による被害が防げるなど、健康面での効果も期待できます。
※急激な温度変化が身体に及ぼす悪影響のこと。高齢者が冬の暖房のないトイレや浴室で、心筋梗塞や脳血管障害を起こすことなどが例としてあげられる。

快適に暮らすヒントは窓にあり

暖房を効率的に使用し、無駄なエネルギー使用を抑えるには、一度暖めた空気を外に出さないよう、室内に閉じこめておくことが重要です。窓、壁、床、天井(屋根)など家の様々な部分が空気や熱の出入り口になりますが、中でも窓の対策が重要となります。

断熱フィルム、複層ガラス、二重サッシの設置や厚手のカーテンを床までたらすなど、今年の冬は窓から熱を逃がさない工夫をしましょう。 
熱はどこから入ってくるの?どこから出ていくの?


省エネに関するご相談

鳥取県地球温暖化防止活動推進センターでは、ご家庭の省エネに役立つ情報やアドバイスを行っています。お気軽にお問合せください。

鳥取県地球温暖化防止活動推進センター
電話:0857-52-2700
メール:eco.f.tottori@gmail.com