統計課のホームページ

1.概況

平成29年7月の鳥取県鉱工業指数(平成22年=100、季節調整済)によると、生産指数は118.1で前月比6.6%の上昇、出荷指数は103.0で前月比7.0%の上昇、在庫指数は238.3で前月比2.6%の上昇となった。

内訳については、生産では、電子部品・デバイス工業、パルプ・紙・紙加工品工業、輸送機械工業などが上昇し、金属製品工業、食料品・たばこ工業、一般機械工業などが低下した。

出荷は、電子部品・デバイス工業、パルプ・紙・紙加工品工業、輸送機械工業などが上昇し、食料品・たばこ工業、電気機械工業(情報通信機械工業を含む)などが低下した。

在庫は、食料品・たばこ工業、電子部品・デバイス工業、一般機械工業などが上昇し、パルプ・紙・紙加工品工業などが低下した。

2.業種別生産動向

主要4 業種別生産動向をみると、電子部品・デバイス工業では、液晶素子、その他の電子部品などが上昇し、前月比10.8%の上昇となった。

電気機械工業(情報通信機械工業を含む)では、民生用電気機械器具、端子などが上昇し、前月比3.8%の上昇となった。

食料品・たばこ工業では、その他の食料品などが低下し、前月比4.2%の低下となった。

パルプ・紙・紙加工品工業では、印刷用紙などが上昇し、前月比7.2%の上昇となった。

3.最近の動向

季節調整済指数では、前月比で生産、出荷は3か月ぶり、在庫は2か月ぶりに上昇した。

原指数では、前年同月比で生産は2か月ぶり、出荷は12か月連続、在庫は37か月連続で上昇した。

鉱工業指数(平成22年=100)
季節調整済指数 対前月比 原指数 対前年同月比
生産指数 45.9 3.8% 45.5 11%
出荷指数 103 7% 97.8 12.2%
在庫指数 238.3 2.6% 250.9 11%
主要4業種の生産指数(平成22年=100)
季節調整済指数 対前月比 原指数 対前年同月比
電子部品・デバイス 139 10.8% 135.5 20.2%
電気機械(情報通信機械を含む) 45.9 3.8% 45.5 11%
食料品・たばこ 124.6 ▲ 4.2% 131.9 8.2%
パルプ・紙・紙加工品 103.4 7.2% 109.9 5.7%
鳥取県鉱工業指数の推移(季節調整済、平成22年=100)の図
鉱工業生産指数の推移(季節調整済、平成22年=100、3ヶ月移動平均)の図
  

御利用に当たって

当ホームページに掲載している統計データ等の一部は、Excel形式、またはPDF形式で提供しています。閲覧ソフトが必要な場合は、ともに無償の「Microsoft Excel Viewer」、または「Adobe Reader」をダウンロードしてください。


最後に本ページの担当課    鳥取県地域振興部統計課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71030857-26-7103    
    ファクシミリ  0857-23-5033
    E-mail  toukei@pref.tottori.lg.jp