まんが王国とっとりバナー
2017年7月28日
プロポーザル実施要領の本文内を修正しました。
  

京都国際マンガ・アニメフェア2017出展等業務委託プロポーザル

 

1 委託業務の概要

(1)業務名
   京都国際マンガ・アニメフェア2017出展等業務(以下「委託業務」という。)
(2)委託業務の内容
京都国際マンガ・アニメフェア2017出展等業務委託プロポーザル実施要領(以下「実施要領」という。)による。
(3)委託業務の仕様等
実施要領による。
(4)委託期間
    契約締結日から平成29年9月30日まで
(5)予算額
  金993,600円(うち消費税及び地方消費税の額73,600円)
※ 著作権協議及び著作権使用料の支払については県が一括して行うこととし、業務委託料には含めない。

2 参加資格要件

 本プロポーザルに参加できる者は、次に掲げる要件の全てを満たす者とする。
(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。
(2)法人格を有していること。
(3)平成27年鳥取県告示第596号(物品等の売買、修理等及び役務の提供に係る調達契約の競争入札参加者の資格審査の申請手続等について)に基づく競争入札参加資格(以下「競争入札参加資格」という。)を有し、その業種区分がイベント・広告・企画のイベント企画・運営に登録されるとともに、鳥取県内に本店、支店等の事業所を有する者であること。
(4)平成29年7月26日(水)から委託業務の企画提案書等の提出の日までの間のいずれの日においても、鳥取県指名競争入札参加資格者指名停止措置要綱(平成7年7月17日付出第157号)第3条第1項の規定による指名停止措置を受けていない者であること。
(5)平成26年7月26日(水)から委託業務の企画提案書等の提出の日までの間のいずれの日においても、会社更生法(平成14年法律第154号)の規定による更生手続開始の申立て又は民事再生法(平成11年法律第225号)の規定による再生手続開始の申し立てが行われた者でないこと。

 

3 参加申込及び企画提案書の提出等


(1) 参加申込
本プロポーザルに参加を希望する場合は実施要領に基づき、企画提案参加申込書(以下「参加申込書」という。)
等を提出すること。
なお、本プロポーザルへの参加は、参加申込書等を実施要領により期日までに提出した者に限る。
(2)質問
ア 質問がある場合には、質問内容を明確に記載し、平成29年7月31日(月)午後5時15分までに電子メール(様式自由)で質問すること。
イ 電子メール以外では受付しない。
ウ 質問とその回答は、参加申込書により参加の意思を示した者に電子メールで送信し、併せてホームページに掲載する。
(3)企画提案書等の提出
ア 提出書類(A4判(必要に応じてA3判の折り込みも可とする。)枚数・様式自由)
(ア)出展内容に係る基本コンセプト及び出展ブース内のレイアウト予想図
・展示物の設営及び展示、ブース設営全般の調整 等
・作成展示物等(パネルやタペストリーの製作 等)
(イ)PR戦略計画
・まんが王国とっとり等のPR戦略、県への誘客のための演出等に係るPR方法
(ウ)実施体制
・展示物の輸送設営計画(県内からの輸送、会場への搬入搬出、設営、撤去、会場から鳥取県庁への納品等)及び実施責任者
(エ)委託業務全体のスケジュール
(オ)見積書
イ 提出部数  正本1部、副本5部
ウ 提出期限  平成29年8月10日(水)
エ 提出方法  送付又は持参(ファクシミリ及び電子メールによる提出は受け付けない。)
オ 提出期間及び時間
平成29年7月26日(水)から8月10日(木)までの間(日曜日及び土曜日を除く。)の午前8時30分から午後5時15分までとし、送付による場合は、平成29年8月10日(木)午後5時15分までに到着したものに限り受け付ける。
カ 提出された書類は、返却しない。
キ 一提案者が複数の企画提案をすることは認めない。

4 各種書類提出先・問合せ先

〒680-8570  鳥取市東町一丁目220
鳥取県観光交流局まんが王国官房
電  話  0857-26-7801
ファクシミリ 0857-26-8108
電子メール mangaoukoku@pref.tottori.jp

5 審査方法及び審査結果の通知

(1)審査方法
提出された企画提案書等を実施要領別添2「業務委託プロポーザル審査要領」に基づき審査を行い、最も高い得点を獲得した者を最優秀提案者として選定する。
なお、最優秀提案者以外の者についても、得点順に順位付けを行なう。
(2)審査結果の通知
ア 審査結果は文書で提案者全員に通知し、その概要を県のホームページで公表するものとする。
イ 通知の内容のうち審査結果については、全ての提案者の順位及び得点とする。ただし、提案者名については、最高順位の提案者と当該通知の相手方のみ記載するものとする。
ウ 公表の内容のうち審査結果については、契約者名及び全ての提案者の順位及び得点とする。ただし、提案者名については、最高順位の提案者のみ記載するものとする。
(3)審査の経緯は公表しない。
(4)各提出物等の提出が期限に遅れた場合、又は審査結果に影響を与えるような不適切な行為が認められた場合は審査対象外とする。

6 契約の締結

(1)5の(1)により最優秀提案者として選定された者と契約締結の協議を行い、見積書を徴して契約を締結する。この協議には、提案書の趣旨を逸脱しない範囲内での内容の変更の協議も含む。協議が不調のときは、5の(1)により順位付けられた上位の者から順に契約の締結の協議を行なう。
   なお、上記見積書に記載する業務委託料の額は、県が一括して支払う著作権使用料を含まない額とする。
(2)受託者が次に掲げる事項のいずれかに該当するときは、契約を解除することができる旨契約書に記載するものとする。
なお、受託者が次に掲げる事項のいずれかに該当することを理由に県が契約を解除するときは、受託者は違約金として契約金額の10分の1に相当する金額を県に支払わなければならない。
  また、受託者が次に掲げる事項のいずれかに該当するかどうかを鳥取県警察本部に照会する場合がある。
ア 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)又は暴力団の構成員(以下「暴力団員」という。)であると認められるとき。
 イ 次に掲げる行為の相手方が暴力団又は暴力団員であることを知りながら当該行為を行ったと認められるとき。
 (ア)暴力団員を役員等(乙が法人の場合にあってはその役員及び経営に事実上参加している者を、乙が任意の団体にあってはその代表者及び経営に事実上参加している者をいい、非常勤を含むものとする。以下同じ。)とすることその他暴力団又は暴力団員を経営に関与させること。
(イ)暴力団員を雇用すること。
 (ウ)暴力団又は暴力団員を代理、あっせん、仲介、交渉等のために使用すること。
  (エ)いかなる名義をもってするかを問わず、暴力団又は暴力団員に対して、金銭、物品その他財産上の利益を与えること。
 (オ)暴力団又は暴力団員を問題の解決等のために利用すること。
 (カ)役員等が暴力団又は暴力団員と密接な交際をすること。
 (キ)暴力団若しくは暴力団員であること又は(ア)から(カ)までに掲げる行為を行うものであると知りながら、その者に物品の製造、仕入れ、納入その他業務を下請等させること。

7 契約保証金 

契約の相手方は、契約保証金として契約金額の100分の10以上の金額を納付しなければならない。この場合において、鳥取県会計規則(昭和39年鳥取県規則第11号。以下「会計規則」という。)第113条に定める担保の提供をもって契約保証金の納付に代えることができる。
  なお、会計規則第112条第4項の規定により、契約保証金の全部又は一部を免除する場合がある。

8 その他

(1)提案書の無効
   2の参加資格のない者が提出した企画提案書及び虚偽の記載がなされた企画提案書は、無効とする。
(2)参加費用
   本プロポーザルへの参加に要する一切の費用は、提案者の負担とする。
(3)著作権の取扱い
  ア 選定された者の企画提案書に係る著作権の帰属については、契約時に取り交わす契約書により定めるものとする。ただし、契約締結前にあっては提案者に帰属するものとする。
  イ 選定されなかった提案者の企画提案書に係る著作権は、提案者に帰属するものとする。
  ウ 県は提案者に対して、企画提案書に係る著作権の使用に係る一切の対価を支払わないものとする。
(4)詳細は実施要領による。
  

最後に本ページの担当課    観光交流局まんが王国官房
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72380857-26-7238    
    ファクシミリ  0857-26-8307
    E-mail  mangaoukoku@pref.tottori.lg.jp