【大募集】とっとり電子メディアとの付き合い方コンクール

 スマートフォン、ゲーム機等の電子メディア機器利用のルールや関わり方についての取組を募集します。生徒会やPTA、中学校区等での取組を是非応募してください。

  

1 趣旨

 インターネット環境の急速な発達により、スマートフォン・ゲーム機等の電子メディア機器が子どもたちの生活の中に浸透し、友人関係のトラブルやネット被害の増加、長時間の使用による生活習慣の乱れが深刻化している。

 また、児童・生徒の交流はコミュニケーションアプリなどの浸透により、学校の枠を超え、24時間繋がることも可能になるなど、各家庭の取組だけでは十分な対応が難しい状況も生じている。このことから、地域や学校単位で取り組むことが効果的だと考えられる。

 そこで、スマートフォン・ゲーム機等の電子メディア機器利用のルールや関わり方について地域や学校単位での取組を募集し、入賞実践を「とっとり電子メディアとの付き合い方フォーラム」(12月2日(土)開催予定)で発表し、先進的な取組のさらなる普及・定着を目指す。

2 主催

鳥取県ケータイ・インターネット教育啓発推進協議会、鳥取県教育委員会

共催(予定)

鳥取県PTA協議会、鳥取県高等学校PTA連合会、 鳥取県私立中学高等学校PTA連合会、鳥取県特別支援学校PTA連合会

3 募集対象実践

 スマートフォン・ゲーム機等の電子メディア機器等(ノーテレビ等の取組も含む)の適切な利用にむけて取り組んでいる実践

4 応募資格

鳥取県内の小学生、中学生、高校生、大学生、社会人を主体とする団体・グループ   
(小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の児童会・生徒会・学年、PTA、中学校区の学校・PTA、地域の団体等)

5 応募締切

平成29年9月1日(金)必着

審査

9月下旬

表彰

12月2日(土)「とっとり電子メディアとの付き合い方フォーラム」 (於:米子市文化ホール)

6 応募方法等

 取組内容の概要について、別添様式「電子メディアとの付き合い方」実践事例(A4用紙2枚程度。詳細は記載例参照)により、鳥取県ケータイ・インターネット教育啓発推進協議会事務局(鳥取県教育委員会社会教育課:shakaikyouiku@pref.tottori.lg.jp)へ電子メールにより提出してください。

8 入賞実践の発表及び表彰

 入賞実践は、平成29年12月2日(土)に開催する「とっとり電子メディアとの付き合い方フォーラム」において、発表していただく(入賞者数が多い場合、一部を紙面での発表とする場合がある)。また、入賞実践の団体には、表彰状を授与する。

【参考】とっとり電子メディアとの付き合い方フォーラム開催要項(案)(PDFファイル)

9 その他

  1. 入賞実践のホームページへの掲載は、原則、提出された様式(担当者・連絡先を除く)をそのまま使用する。(掲載されている写真等も含む)
  2.  審査結果については、入賞実践団体に平成29年10月中に通知する。
  3. 「とっとり電子メディアとの付き合い方フォーラム」当日の発表及び表彰の様子については、周知・啓発用の記録として、録音、写真撮影を行って、後日、啓発や広報に活用する。また、当日、報道機関が取材する場合がある。

実施要項、別添様式ダウンロード