【募集終了しました】とっとり子どもサミット~インターネット編~

 スマートフォンやゲーム機は便利で楽しい面もありますが、使い方を間違えて友だちとトラブルになったり恐ろしい事件に巻き込まれたりする事例も増えています。また、長時間の使用による生活習慣の乱れ等が深刻化している面もあります。電子メディア機器利用にあたっての課題やルールについて話し合ってみたい小学生、中学生、高校生を募集します。

活動スケジュールのイメージ
  

1 開催概要

 県内から集まった子どもたちが主体的にスマートフォン、ゲーム機等電子メディア機器との付き合い方についてワークショップ形式で考えます。子どもたち主体の取組が県内全体に広がることを目指し、とっとり子どもサミット(以下「サミット」という。)で話し合った内容を「とっとり電子メディアとの付き合い方フォーラム(12月2日(土)開催予定)」(以下「フォーラム」という。)で発表します。

2 追加応募概要

(1)追加応募人数

20名程度(小学生~高校生まで) 

(2)応募締切

平成29年7月7日(金)(各学校に7月7日までに提出してください。各学校は学校内とりまとめの上、7月11日までに鳥取県教育委員会事務局社会教育課に提出してください。) 

(3)追加応募にあたっての留意事項

  • 保護者及び学校の了解を得たうえで、学校を通して応募すること。
  • 4に記載する活動日すべてに可能な限り出席すること。(6月10日は実施済みのため除く。)
  • 活動場所は現地集合とする。(解散も活動場所での解散となる。)
  • 緊急時以外の連絡は、所属する学校をとおして連絡する。
  • サミット、フォーラム開催にあたっては、参加児童・生徒の氏名、学校名、学年を報道各社に情報提供する。また、当日、報道機関が取材する場合がある。
  • サミット、フォーラムでの活動の様子を事務局職員が写真撮影する。また、発言内容を録音する。なお、撮影した写真、当日の発言概要を後日、県教育委員会ホームページ、広報誌等に掲載することがある。
※当初申込みを行い、6月10日のワークショップに参加した児童・生徒には、別途参加確認表の提出を依頼しています。 

(4)申込方法

参加希望者は、参加申込書に記入の上、各学校に提出してください。各学校は、学校内とりまとめの上、7に記載する申込み先に郵送、ファクシミリ、電子メールのいずれかで送付してください。

3 活動内容

 当初申込みを行い、6月10日のワークショップに参加した児童・生徒及び2により応募した児童・生徒が集まり、サミットを2回実施します。

 その後、フォーラムでサミットでの活動(検討)内容を報告します。

4 活動スケジュール

※詳細な日程は、参加メンバー決定後、学校をとおして別途お知らせします。
  日時 場所 内容(例)
第1回
(実施済)
平成29年6月10日(土) 13時40分から16時 国府町コミュニティセンター (鳥取市国府町庁380)
  • アイスブレイク
  • スマートフォン・ネットの良い点、悪い点について話し合う
第2回 平成29年8月5日(土) 14時から16時30分 倉吉体育文化会館 (倉吉市山根529-2)
  • 県で実施したアンケート結果や前回ワークショップの結果から、今後の取組を考える
第3回 平成29年12月2日(土) 午前(2~3時間程度) 米子市文化ホール (米子市末広町293) 午後からのフォーラムでの発表準備
平成29年12月2日(土) 午後(3時間程度) フォーラムで発表
【参考】とっとり電子メディアとの付き合い方フォーラム開催要項(案)(PDFファイル119KB)

5 参加に要する経費

 以下については主催者が負担します。
  • 自宅からサミット及びフォーラム開催会場までの交通費(県の規定に基づき算出する。)
  • 12月2日の昼食代

6 実施主体

(1)主催

鳥取県PTA協議会、鳥取県ケータイ・インターネット教育啓発推進協議会(※)、鳥取県教育委員会

※鳥取県ケータイ・インターネット教育啓発推進協議会…【構成団体】(23団体)報道各社、携帯電話事業者、PTA団体、県内大学、鳥取県医師会、行政機関、その他(NPO等)

 

(2)共催

鳥取県高等学校PTA連合会、鳥取県私立中学高等学校PTA連合会、鳥取県特別支援学校PTA連合会

7 申込み、問合せ先

〒680-8570(住所記載不要)鳥取県教育委員会事務局社会教育課
電話:0857-26-7943
ファクシミリ:0857-26-8175
電子メール:shakaikyouiku@pref.tottori.lg.jp

【追加募集】開催要項、参加申込書ダウンロード