神奈川県立津久井やまゆり園で発生した事件について

藪田福祉保健部長メッセージ

神奈川県相模原市の障害者支援施設「神奈川県立津久井やまゆり園」で発生した事件について

 

平成28年7月26日未明、神奈川県相模原市の障害者支援施設「神奈川県立津久井やまゆり園」において、施設入所者19名の命が奪われ、職員を含む27名の方が負傷した大変痛ましい事件が発生しました。お亡くなりになられた方々へ、心よりご冥福をお祈りするとともに、御家族の皆様にはお悔やみを、また、負傷された方々の1日も早い回復をお祈り申し上げます。

 

 この度の事件では、容疑者が「大麻精神病」「妄想性障害」と診断され、精神科病院に入院していたことが多くの報道機関で取り上げられています。また、精神障がい者団体等から、差別や偏見、誤った認識に繋がることへの懸念がある旨の声明等が出されています。

 

未だ、事件の全貌や背景等が十分に解明されておらず、警察が捜査を行っており、また、国では、この度の殺傷事件について有識者や関係省庁による検証会議を立ち上げ、事件の対応を検証し、再発防止策をまとめるといった動きがありますが、この事件の影響で、全ての精神障がいのある方が、危険であるかのような誤った画一的なイメージや、精神障がいのある方の差別や偏見に繋がることを大変懸念しているところです。

 

 県では、精神障がいを「知ること」こそ、差別や偏見への解消、障がい者への理解に繋がると考えており、従来より、心の健康フォーラム、心の健康まつり、精神障がい者スポーツ大会等の取組や鳥取県精神障害者家族会連合会との連携を通して、精神障がいの正しい知識の普及啓発を行っており、今後もこうした取組を継続して進めてまいります。

 

また、県では、平成21年度より、多様な障がいの特性を理解し、障がいのある人とない人が共に生きる社会を築くことを目的とした「あいサポート運動」を実施しています。今では、多くの自治体でこの取組が広がりつつありますが、より多くの方々にあいサポーターになって頂き、全国各地で草の根的な活動が広がっていくことを期待しているところです。また、その他、障がいのある方や関係団体のご意見等を頂きながら、地域で安心・安全で暮らしやすい取組を進めているところです。今後も、共生社会の実現に向けた取組を進めてまいります。

 

 

   平成28年8月15日

鳥取県福祉保健部長 藪田 千登世

 

  

お問い合わせ

 福祉保健部障がい福祉課 精神保健担当 
 電話 0857-26-7862
 ファクシミリ 0857-26-8136
  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部ささえあい福祉局障がい福祉課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71540857-26-7154    
    ファクシミリ  0857-26-8136
    E-mail  shougaifukushi@pref.tottori.lg.jp