運動の目的

 この時期は、行楽や帰省による交通量の増加、子どもの屋外活動の活発化、また、開放感や暑さからの疲労等による漫然運転での交通事故の多発が懸念される。 このようなことから、広く県民に交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣づけることにより交通事故防止の徹底を図る。

実施期間

平成30年7月11日(水)~7月20日(金)
  

運動重点

1高齢者と子どもの交通事故防止

2全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底 

3自転車の安全利用の推進

4飲酒運転の根絶

 


夏の交通安全県民運動チラシ