ここでは、県警察に御協力いただいた事例を紹介させていただきます。

次の所属別のリンクをクリックしていただきますと、所属ごとの内容に移動します。

警察本部

  

「平成28年安全安心なまちづくり関係功労者内閣総理大臣表彰」の受賞

 八頭郡智頭町内で活動されている「ちづパトロール隊」が、安全安心なまちづくりの推進に関して功績または功労のあった個人または団体に贈られる「平成28年安全安心なまちづくり関係功労者内閣総理大臣表彰」を受賞されました。
表彰式の様子
※「平成28年安全なまちづくり関係功労者表彰」の表彰式は、平成28年10月19日に内閣総理大臣官邸で行われました。
 同表彰は、平成18年から行われており、県内では初の受賞となります。

防犯栄誉金章の受賞

 平成27年10月14日、鳥取県地域安全フォーラム2015において、防犯功労者、防犯功労団体への表彰を行いました。
 防犯栄誉金章を受賞された鳥取市の石井明さんは、長年にわたり少年への声かけを通じた少年育成・防犯活動に尽力されており、安全で安心なまちづくりに貢献された功労により受賞されました。
 表彰にて評価されたこれまでの活動について、「街で声を掛けた子どもたちが、立派に成人になっているのを見るとうれしい」と話していただきました。

授与状況石井さん                   

 いつも、警察の活動に御協力を賜っておりますことに感謝を申し上げます。
 受賞、おめでとうございます。

※ 防犯栄誉金章とは、警察庁長官と全国防犯協会連合会会長との連名で、安全で安心な街づくりに貢献された方に贈られる賞で、受賞式は、東京で開催された全国地域安全運動中央大会で行われました。
鳥取県地域安全フォーラム2015で、改めて表彰式という形でお披露目させていただきました。
  

鳥取警察署

  

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成29年3月2日)

 平成29年3月2日、鳥取警察署長から鳥取市内の銀行職員の渡邉英之さんに感謝状を贈呈いたしました。
 渡邉さんは2月15日、鳥取市内の路上で、50歳代の女性が携帯電話で「お金を振り込まないと訴訟問題になるんですか。」「支払をすればいいんですね。」などと話しているのを見て、特殊詐欺と判断し、女性が電話を切った後、積極的に話しかけ、名刺を手渡し身分を明らかにした上で「それは詐欺の電話ですよ。」と特殊詐欺の手口を説明し、特殊詐欺被害を水際で阻止しました。
 御協力ありがとうございました。
感謝状記念写真

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成29年2月24日)

 平成29年2月24日、鳥取警察署長から鳥取市内のコンビニエンスストアで勤務する店員の前嶋瑞穂さんに感謝状を贈呈いたしました。
 前嶋さんは2月16日、来店した70歳代の男性から「ギフト券を購入したい。」と申し出を受けたので、特殊詐欺被害防止のチラシを見せながら詐欺ではないかと尋ねたところ、「サイトの未納料金をギフト券で支払う必要がある。」とのことであり、特殊詐欺と確信し、男性を説得して購入を断念させ、特殊詐欺被害を水際で阻止しました。
 御協力ありがとうございました。
感謝状の贈呈状況写真

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成29年2月8日)

 平成29年2月8日、鳥取警察署長から鳥取市内のコンビニエンスストアで勤務する店員の濵田千賀子さんに感謝状を贈呈いたしました。
 濵田さんは、平成29年1月5日、来店した60歳代の女性から「19万4,000円分のギフト券を購入したい。」と申し出を受け、購入の理由を尋ねたところ、「サイトの未納料金をギフト券で支払う必要がある。」とのことであり、特殊詐欺と確信し、広報用チラシを見せながら詐欺であることを説明して購入を断念させ、特殊詐欺被害を水際で阻止しました。
 御協力ありがとうございました。
感謝状の贈呈状況写真

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成28年10月18日)

 平成28年10月18日、鳥取警察署長から鳥取市内のコンビニエンスストアで勤務する店長の谷口直樹さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成28年9月17日、谷口さんがコンビニエンスストアで勤務していたところ、来店した70歳代の高齢男性から「プリペイドカードを購入したい。」と申し出があったことから、同男性に購入の理由等について確認したところ、「有料サイトの未納料金があり、今日中に支払わなければ法的措置に移行されてしまう。」「プリペイドカードを購入し裏面の番号を相手に教えれば料金を納めたことになる。」と話したため、特殊詐欺事案ではないかと疑い、購入手続を中止するよう説得するなどし、特殊詐欺被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。

感謝状の贈呈

記念写真

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成28年6月20日)

 平成28年6月20日、鳥取警察署長から鳥取市内の鳥取信用金庫鳥取北支店、株式会社山陰合同銀行鳥取営業部、日本郵便株式会社鳥取湯所郵便局にそれぞれ感謝状を贈呈いたしました。

 鳥取信用金庫鳥取北支店は、6月6日、鳥取市内の高齢女性が、警察官や日本銀行の職員を名乗る男から「銀行から個人情報が流出しており、あなたの財産を守りたい。警察官が自宅に取りに行くので、お金を下ろして欲しい。」旨の電話を受け、預金口座から高額現金を引き出そうと同支店を訪れた際、同店職員が詐欺被害の疑念を抱き、直ちに警察に通報するなどし、水際で阻止していただいたものです。
 感謝状の贈呈1
 株式会社山陰合同銀行鳥取営業部は、6月6日、鳥取市内の高齢女性が、警察官や日本銀行の職員を名乗る男から「銀行内で不正があり、警察が捜査している。あなたの口座も被害に遭うかもしれないので、貯金を持ち帰って欲しい。」旨の電話があり、貯金口座から、預金口座から高額現金を引き出そうと同営業部を訪れた際、同行職員が詐欺被害の疑念を抱き、直ちに警察に通報するなどし、水際で阻止していただいたものです。

感謝状の贈呈2

 日本郵便株式会社鳥取湯所郵便局は、6月8日、鳥取市内の高齢女性が、警察官を名乗る男から「支援機構に個人情報を教えることは違法であるため、個人情報の解除に現金を用意して欲しい。」旨の電話があり、預金口座から高額現金を引き出そうと同支店を訪れた際、同局職員が詐欺 被害の疑念を抱き、直ちに警察に通報するなどし、水際で阻止していただいたものです。
感謝状の贈呈3

 御協力ありがとうございました。

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成28年1月21日)

 平成28年1月21日、鳥取警察署長から鳥取市居住の後藤美聡さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成28年1月14日、鳥取市内の高齢男性が社会保険庁の職員等を名乗る男からの電話でATMに行って医療費還付の手続を行うよう指示され、携帯電話で通話しながらATMの操作をしていましたが、ATMの順番待ちをしていた後藤さんが、折しも県警から配信された「あんしんトリピーメール」を確認したところ、還付金詐欺の不審電話に対する注意喚起を内容とするものであり、目の前の高齢者が騙されているものと疑い、声掛けをするとともに、警察に通報するなどして、特殊詐欺の被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。
感謝状贈呈の写真

交通事故防止の感謝状贈呈(平成27年10月5日)

 平成27年10月5日、鳥取警察署長から鳥取市内所在の東部タクシー株式会社のタクシー運転手本田英樹さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成27年9月4日の夜、鳥取市内の県道のトンネル内を歩いていた高齢女性を発見し、交通事故の被害者となる危険性を感じ、直ちに声掛けをしてタクシー内に乗車させ、警察に通報して迅速に引継ぎを行い、家族から未帰宅者として鳥取警察署に問い合わせがなされたばかりの同人を保護し、事故の未然防止に功労があったものです。御協力ありがとうございました。

27年10月5日鳥取署における感謝状贈呈写真


※平成27年9月2日に鳥取県警察本部と鳥取県ハイヤータクシー協会、一般社団法人鳥取県バス協会、一般社団法人鳥取県トラック協会、一般社団法人鳥取県警備業協会との間で、「路上寝込み者等の轢過事故等の防止に関する協定」を締結しています。

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成27年6月16日)

 平成27年6月16日、鳥取警察署長から鳥取市内の山陰合同銀行鳥取県庁支店(牧島史典支店長)に感謝状を贈呈いたしました。
 平成27年6月9日、鳥取市内の高齢女性が市役所職員等を名乗る男からの電話でATMに行って医療費還付の手続を行うよう指示されましたが、同行支店に連絡して手続方法を確認したことから、特殊詐欺のおそれがあるとして水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。

山陰合同銀行受賞画像

強制わいせつ未遂事件検挙協力の感謝状贈呈(平成27年6月12日)

 平成27年6月12日、鳥取警察署長から鳥取市内の日の丸自動車株式会社(馬場 進 取締役社長)に感謝状を贈呈いたしました。
 平成27年3月2日、鳥取市内で発生した強制わいせつ未遂事件について、路線バスに装着されているドライブレコーダーのデータの早期提供を始めとする御協力をいただき、検挙に結びついたものです。
 御協力ありがとうございました。

※一般社団法人鳥取県バス協会と鳥取県警察本部との間では、平成27年1月30日付けで「ドライブレコーダーの記録データの提供に関する協定」を締結し、同年2月1日から施行中です。

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成27年5月15日)

 平成27年5月15日、鳥取警察署長から鳥取市内の鳥取湯所郵便局(小野雅孝局長)に感謝状を贈呈いたしました。
 平成27年4月30日、高齢女性が現金150万円を送金しようと訪れた際、事情を聞いた局長が詐欺のおそれがあると判断し、送金を断念するよう説得するとともに、警察に通報して特殊詐欺の被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。

湯所郵便局受賞画像

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成28年3月18日)

 平成28年3月18日、郡家警察署長からセコム株式会社の警備員中井琢磨さんと岡村雅彦さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成28年3月10日、八頭郡八頭町地内のATMにおいて、携帯電話を使用しながらATMを操作する高齢者を目撃し、その言動等から医療費還付の特殊詐欺ではないかと察知して、振り込みを中止させ、高齢者に代わって犯人との電話に対応するなど行い、特殊詐欺の被害を未然に防止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。
                                                                                
感謝状の贈呈2

                                                                                                                                      
  

智頭警察署

  

水難事故発生に伴う人命救助の感謝状贈呈(平成29年1月11日)

 平成29年1月11日、智頭警察署長は、智頭町内の会社役員國本智之さんに、川に転落した少年を救助したとして、感謝状を贈呈しました。
 國本さんは平成28年12月27日、川の中の岩上で泣いている少年を偶然発見し、通報を依頼後、身の危険を顧みず川に入り、少年を救出しました。
感謝状を掲げる國本さん

行方不明高齢者の捜索活動に対する感謝状の贈呈(平成27年9月11日)

 平成27年9月11日、智頭警察署長から鳥取市消防団河原地区団(団長 山根常稔さん)に感謝状を贈呈いたしました。
 平成27年7月18日と8月20日、鳥取市河原町内で発生した行方不明事案で、迅速・果敢な体制で捜索活動にあたり、男女2人の人命救助に尽力してくださったものです。
 御協力ありがとうございました。
贈呈状況の写真

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成27年6月10日)

 平成27年6月10日、智頭警察署長から鳥取市教育委員会事務局佐治町分室の田中寿彦さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成27年6月1日、八頭郡内居住の高齢者が市役所の職員等を名乗る者からの還付金詐欺の電話に騙され、鳥取市佐治町内のATMに赴いて被疑者と連絡をとっていたところ、田中さんが被疑者の虚言を見抜いて被害を未然に防止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。

kansha chizu
  

浜村警察署

  

迷い子早期発見の感謝状贈呈(平成29年2月24日)

 浜村警察署は2月24日、迷い子を見つけてくださった加藤かおりさんに感謝状を贈呈いたしました。
 加藤さんは2月10日、職場から自動車で帰宅中、雪の中路肩にたたずんでいる少女を発見し声をかけたところ、「お姉ちゃんとはぐれた。」との言動があったので、浜村警察署まで少女を連れてきてくださいました。
感謝状記念写真
 

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成28年7月21日)

   平成28年7月21日、浜村警察署長からローソン気高鹿野町店の川谷洋さん、川谷桃子さんに感謝状を贈呈いたしました。
 受賞された2人は、平成28年6月13日、コンビニエンスストアで勤務中、来店した70代の男性が、レジカウンターにおいて高額のギフトカードの購入手続をして、足早に立ち去ろうとしたため、特殊詐欺被害を疑い、連携して同男性を引き留めるとともに、警察に通報するなどして特殊詐欺の被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。
感謝状の贈呈状況の写真      

2名が感謝状を掲げている写真

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成28年2月5日)

 平成28年2月5日、浜村警察署長からファミリーマート鳥取浜村店の濵本佳奈さん、竹森由美子さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成28年1月25日、来店した60代の男性の言動から特殊詐欺の可能性を疑い、積極的に声掛けを行うとともに警察に通報するなどして特殊詐欺の被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。
感謝状贈呈状況の写真2人が感謝状を掲示している写真

認知症が疑われる高齢者の発見と対応に対する感謝状贈呈(平成27年11月11日)

 平成27年11月11日、浜村警察署長から岡山交通株式会社のタクシー運転手の湯浅秀秋さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成27年10月21日、岡山県岡山市内で乗車した高齢の客が智頭町内で降車した際に「歩いて鳥取市内に行く」などと発言したことから認知症かもわからないと疑い、その降車場所が閑散として深夜でもあることから、このまま放置すれば男性の生命に危険が及びかもしれないと判断し、110番通報を行った。
 その後、駆けつけた警察官によって、浜村警察署から手配されている認知症が疑われる男性と判明し、認知症行方不明者の早期発見となったものです。

感謝状贈呈状況の写真感謝状を掲示している写真
  

倉吉警察署

  

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成29年4月11日)

   平成29年4月11日、倉吉警察署長から倉吉信用金庫の河辺栄治さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成29年3月27日、来店した60歳代の女性が携帯電話で通話しながらATMの操作をしている様子を目撃したことから、還付金詐欺の可能性が高いと判断し、女性を粘り強く説得して特殊詐欺の被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。

感謝状の贈呈1

感謝状の贈呈2

 

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成28年7月1日)

 平成28年7月1日、倉吉警察署長から倉吉中河原簡易郵便局事務員の米田晃人さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成28年6月3日、郵便局を訪れた70代の女性の言動から特殊詐欺の可能性を疑い、積極的に声掛けを行うとともに、警察に通報するなどして特殊詐欺の被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。
感謝状の贈呈状況の写真

人命救助功労の感謝状贈呈(平成28年5月13日)

 平成28年5月13日、倉吉警察署長から県立倉吉総合産業高等学校の前田悠里さん、森田綾音さんに感謝状を贈呈いたしました。
 二人は、平成28年4月22日の登校中、倉吉市内で橋の欄干に手を掛け踏み台に乗り、橋の上から飛び降りようとしている男性を発見した際、直ちに説得して、自殺を阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。
倉吉警察署感謝状贈呈写真1倉吉警察署感謝状贈呈2記念写真

特殊詐欺被害水際阻止の感謝状贈呈(平成28年1月22日)

 平成28年1月22日、倉吉警察署長から佐川急便株式会社倉吉営業所の山田富美代さん、山下咲子さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成27年12月22日、来店した高齢の女性の言動から特殊詐欺の可能性を疑い、警察に通報するなどして特殊詐欺の被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。
感謝状贈呈状況の写真1感謝状贈呈状況の写真2記念写真

一日警察署長のイベントへの御協力に対する感謝(平成27年10月23日)

 平成27年10月23日、大相撲倉吉場所の開催に伴い、大関琴奨菊を倉吉警察署の一日警察署長、逸ノ城を一日副署長に委嘱し、地元のボランティアの皆様の協力を得て、交通安全広報や特殊詐欺被害未然防止広報活動を盛大に行いました。
 ご協力ありがとうございました。引き続き、地域の安全安心のためにご協力をよろしくお願いいたします。
        御協力いただいたボランティアの皆様
           ○ 交通関係
       ・交通安全指導員5人
       ・地域交通安全推進員5人
            ○ 生活安全関係 
                     ・防犯連絡員5人
                 ・上井地区青少年育成協議会員7人
                 ・倉吉地区少年健全育成指導員7人
            ○ ひかり保育園児14人

特殊詐欺被害水際阻止の感謝状贈呈(平成27年4月10日)

 平成27年4月10日、倉吉警察署長から倉吉市内の倉吉上井一郵便局の田川泰洋さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成27年3月20日、来店した50歳代の女性から借入れの申込みを受け、その借入れ理由から特殊詐欺の可能性が高いと判断し、女性を粘り強く説得して特殊詐欺の被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。
倉吉上井一郵便局受賞状況の写真

特殊詐欺被害未然防止の感謝状贈呈(平成27年3月2日)

 平成27年3月2日、倉吉警察署長から倉吉市内の山陰合同銀行倉吉西出張所出張所長代理の西川康志さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成27年2月19日、来店した50歳代の女性が困惑した様子であり、行員に対する質問内容からも特殊詐欺の被害に遭っているのではないかと思い、粘り強く説得するとともに、直ちに警察に通報して、特殊詐欺の被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。
 山陰合同銀行受賞の写真
  

八橋警察署

  

特殊詐欺被害未然防止の感謝状贈呈(平成28年4月20日)

 平成28年4月20日、八橋警察署長から株式会社山陰合同銀行名和支店支店長の三好修司さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成28年3月7日、同支店長が来店者にATMの操作方法を教示していたところ、様子を不審に思い事情を聞くと「出会い系サイトの退会名目で現金10万円を振り込むよう要求された」と話したことから、特殊詐欺の可能性が高いと判断し、警察に通報するなどして特殊詐欺の被害を未然に防止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。
八橋警察署感謝状贈呈写真1
八橋警察署感謝状贈呈2


特殊詐欺被害未然防止の感謝状贈呈(平成28年2月12日)

 平成28年2月12日、八橋警察署長から鳥取中央農業協同組合東伯支所の福山優美子さん、松原浩司さん、澤田淳一さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成28年1月27日、琴浦町地内の高齢女性から借入の申出があり、その借入金額が高額であったことから自宅に赴いて借入理由等を確認したところ、特殊詐欺の可能性が高いと判断し、連携して警察に通報するなどして特殊詐欺の被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。

感謝状の贈呈状況の写真受賞者記念写真
  

米子警察署

  

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成28年10月18日)

 平成28年10月24日、米子警察署長から米子市居住の友森紘子さんに感謝状を贈呈いたしました。
 友森さんは、平成28年10月13日、米子市居住70歳代の女性から「ATMの手続きのために一緒に来て欲しい。」旨の申し出を受け、スーパーマーケットの無人ATMに向かう際、知人女性が「市役所から還付金があると連絡があり、手続きの期限が今日までだと言われた。キャッシュカードを持って近くのATMに行き、そこで手続きをするように言われた。その際、預金残高も聞かれた。」と話したことから、特殊詐欺の可能性が高いと判断し、知人女性に注意喚起するとともに、その後、知人女性に電話をかけてきた相手に対し、手続き等の矛盾点を追求して犯行を断念させるなどして特殊詐欺の被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。

還付金詐欺、架空請求詐欺被害未然防止の感謝状贈呈(平成28年7月13日)

   平成28年7月13日、米子警察署長から日本交通株式会社(タクシー運転手)の田中博さんとセブンイレブン店員の福頼敏美さんに感謝状を贈呈いたしました。
  田中さんは、本年6月13日、高齢の女性方から配車連絡を受けて同女性方に赴いた際、同女性が「市役所から医療費の還付の電話があり、手続のためATMに 行く」と言ったことから、詐欺ではないかと直感し、女性に声を掛け、米子市役所に連絡して医療費の還付事実がないことを確認した上で、同女生徒とともに駐在所に赴く等し、還付金詐欺の被害を水際で阻止していただいたも のです。
   福頼さんは、本年6月16日、米子市内のセブンイレブンで勤務中、来店した高齢の女性客が高額のインターネット支払い手続きを申し出たことから不審に思い、支払い手続を中断させるとともに、同女性から支払いの経緯を確認したところ、「娘がインターネット利用中、突然、サイトの警告画面になり、15万円を請求された。24時間以内に支払わないと、27万円になる。」と言ったことから、詐欺ではないかと直感し、警察へ通報する等し、架空請求詐欺の被害を水際で阻止していただいたも のです。
 御協力ありがとうございました。


   

特殊詐欺被害未然防止の感謝状贈呈(平成28年2月3日)

 平成28年2月3日、米子警察署長から株式会社ユニサン安倍店の手島仁美さんに感謝状を贈呈いたしました。
 手島さんは、平成28年1月6日、来店した高齢の女性が「社会保険事務所から医療費を還付するとの電話があり、ATMに行くように言われた」と話したことから、特殊詐欺の可能性が高いと判断し、即座に警察に通報するなどして特殊詐欺の被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。

表彰
  

境港警察署

  

特殊詐欺被害防止の感謝状贈呈(平成29年2月27日)

 平成29年2月27日、境港警察署長から境港市内のコンビニエンスストア経営者の桑垣丈志さんに感謝状を贈呈いたしました。
 桑垣さんは2月15日、来店した50歳代の女性が、8万円分のギフトカードを購入しようとしたため、特殊詐欺を疑って購入理由を尋ねたところ、「有料動画サイトの未払があり、退会手続のため8万円分のギフトカードを購入しなければならない。」とのことであり、特殊詐欺と確信し、詐欺であることを説明して警察への相談を指導し、特殊詐欺被害を水際で阻止しました。
 御協力ありがとうございました。
感謝状贈呈状況写真

特殊詐欺水際阻止の感謝状贈呈(平成29年1月30日)

 平成29年1月30日、境港警察署長から山陰合同銀行境東出張所で勤務する小西広国(こにしひろくに)さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成29年1月16日、小西さんが勤務中に、男性(60歳代)から「有料サイトの未払いがあるとのメールが届き、相手から40万円分のギフトカード(電子マネー型プリペイドカード)を購入するよう言われたが、よく分からないのでとりあえず銀行へ電話した。」との電話を受けられました。
 その際、小西さんは、電話の内容から特殊詐欺事案と確信し、購入手続を中止するよう説得するため、男性に銀行への来店を求めるとともに、警察に通報するなどし、特殊詐欺被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。




特殊詐欺水際阻止の感謝状贈呈(平成28年10月28日)

 平成28年10月28日、境港警察署長から境港市内のコンビニエンスストアで勤務するアルバイト店員の岡本奏(おかもとかなた)さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成28年10月19日、岡本さんがコンビニエンスストアで勤務していたところ、男性が携帯電話で通話しながら来店し、15万円分のギフトカード(電子マネー)の購入を申し出たことから、特殊詐欺を疑い、同男性に購入の経歴等について確認したところ、「サイトの会員に突然登録され、登録費用15万円をギフトカードで支払わなければならない。」と話したため、特殊詐欺事案ではないかと疑い、購入手続を中止するよう説得するとともに、警察に通報するなどし、特殊詐欺被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。


特殊詐欺水際阻止の感謝状贈呈(平成27年7月9日)

 平成27年7月9日、境港警察署長から境港市内の鳥取県済生会境港総合病院の仁志宏恵さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成27年7月1日、仁志さんは、来院した高齢女性が携帯電話を耳にあてながらATMの場所を尋ねたことから、還付金詐欺の手口と酷似していると思い、高齢女性の行動を注視していたところ、相手に言われるままATMを操作している様子から詐欺被害を確信し、特殊詐欺被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。
感謝状贈呈状況

特殊詐欺水際阻止の感謝状贈呈(平成27年4月7日)

 平成27年4月7日、境港警察署長から境港市内の山陰合同銀行境港支店の中井俊支店長代理と平田初美さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成27年3月12日、平田さんは、来店した高齢女性が高額な払い出しを依頼したことから、積極的に声かけを行った末に特殊詐欺ではないかと直感し、中井支店長代理とともに粘り強く説得して被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。
感謝状贈呈の状況
  

黒坂警察署

  

特殊詐欺水際阻止の感謝状贈呈(平成28年6月7日)

   平成28年6月7日、黒坂警察署長から伯耆町在住の林原豊さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成28年5月24日、伯耆町の銀行支店のATMコーナーで、携帯電話で会話しながらATMを操作する70歳代の男性を目撃し、声を掛けたところ、「医療費の還付金を受け取る手続き」とこたえたため、特殊詐欺の可能性が高いと判断し、「それは詐欺だ」と注意して操作をやめさせ、速やかに黒坂警察署に届出するなどして特殊詐欺の被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。


特殊詐欺水際阻止の感謝状贈呈(平成27年2月6日)

 平成27年2月6日、黒坂警察署長から鳥取西部農業協同組合石見支所の藤原路佳さんに感謝状を贈呈いたしました。
 平成27年2月2日、来店した高齢の女性から高額の預金の解約依頼を受けた際に、現金の使途などを聴取した上で特殊詐欺の可能性が高いと判断し、速やかに黒坂警察署に届出するなどして特殊詐欺の被害を水際で阻止していただいたものです。
 御協力ありがとうございました。