大山環状道路のパーク・アンド・バスライド社会実験

社会実験の目的

 大山(標高1,709メートル)は、山ろくに広大なブナ林が広がり、とくに秋は見事な紅葉を楽しめるため、多くの観光客で賑わいます。しかし、大山環状道路(奥大山スキー場から桝水高原まで)では、マイカーの集中による渋滞が例年発生しており、排気ガスが自然環境に与える影響などが懸念されます。
 そこで、大山環状道路では平成27年度より1日間限りのマイカー規制とシャトルバスの運行を社会実験として行っており、平成28年度も継続して実施することとしています。
 普段はマイカーによる激しい渋滞の大山環状道路ですが、この日だけは静寂な空間に包まれます。この日にしかできない体験も多くあります。また、今年はみなさまに楽しんでいただける各種イベントも企画中ですので、この機会にぜひ大山へお越しください!
 
  ( 平成27年度の実施結果はコチラ  )


(平成27年度社会実験実施日の状況)
H27pic1 H27pic2 H27pic3

社会実験の内容

(1)実施日 平成28年10月29日(土)
(2)実施主体 大山環状道路自動車利用適正化社会実験協議会
(3)通行規制

(4)シャトルバスの運行

  • 区間:奥大山スキー場から大山寺まで(13.5キロメートル)
    • 今年はシャトルバスが「大山まきばみるくの里」に停車します!
  • 運行時間:午前7時30分から午後5時まで(約15分間隔)
  • 乗車料金:500円(途中乗り降り自由、幼児無料、障がい者割引制度あり、大山るーぷバス乗り放題乗車券での乗車可)※鳥取藩のりあいばす乗放題手形では乗車できません。
  • 乗車券販売所:大山寺、みるくの里、桝水高原、奥大山スキー場各シャトルバス乗り場
  • バス停留所:大山寺、みるくの里、桝水高原、一ノ沢、二ノ沢、鍵掛峠、三ノ沢、奥大山スキー場

(5)検証内容

  • 環境負荷の軽減効果
  • 観光客の満足度
  • 社会実験実施上の課題

H28zentai
(クリックすると拡大します:PDF0.5MB)

社会実験にあたっての皆様へのお知らせ・お願い

  • シャトルバスへのペット、自転車等の大型荷物の持ち込みは御遠慮願います。
  • 山林内への立ち入り、草木等の採取をしないでください。
  • 現地にはトイレがわずかしかありませんので、事前にトイレを済ませてからシャトルバスに御乗車ください。
  • 悪天候等、社会実験の実施が困難な場合は中止します。 
  • スタッフが社会実験についてのアンケート調査を行いますので、御協力をお願いします。

大山環状道路自動車利用適正化社会実験協議会について

 (1)大山環状道路自動車利用適正化社会実験協議会
  会長:鳥取県西部総合事務所長
  副会長:大山町長、伯耆町長
  監事:江府町長
  構成員:一般社団法人大山観光局
      伯耆町観光協会
      江府町観光協会
      NPO法人大山中海観光推進機構
      大山旅館組合
      林野庁近畿中国森林管理局鳥取森林管理署
      国土交通省中国運輸局鳥取運輸支局
      環境省中国四国地方環境事務所米子自然環境事務所
      鳥取県八橋警察署
      鳥取県黒坂警察署
      国土交通省中国地方整備局倉吉河川国道事務所(オブザーバー)
(2)事務局
  鳥取県西部総合事務所米子県土整備局
  大山町観光商工課
  伯耆町商工観光課
  江府町奥大山まちづくり推進課
(3)協議会開催
  平成28年第1回協議会(平成28年 7月 5日)
(4)問合せ先
  鳥取県西部総合事務所米子県土整備局計画調査課
  電話:(0859)31-9721