境港~中国渤海地域間の定時・小口貨物輸送サービス

 境港と中国渤海地域(天津、大連等)の間に、環日本海圏国際フェリー航路(境港~韓国・東海)とトラック輸送(韓国国内)、韓・中フェリー・RORO船航路(韓国・仁川~中国渤海地域)を利用した小口貨物輸送ルートを構築しました。

境港~中国渤海ルート図

 
PRチラシの ダウンロード(PDF;450KB) 

アドビリーダのダウンロード
  

スケジュール(各港の発着時刻)

 スケジュール

新物流ルート(境港~中国渤海地域)のメリット

メリット1/定時性

 定時フェリー・RORO船の利用により正確なリードタイムを実現

  航路スケジュール

メリット2/小口貨物に対応

 小口単位(コンテナ1本に満たない量の貨物)で荷主までダイレクト輸送
 [ドア・ツー・ドア輸送]

メリット3/輸送品質

 定時フェリー・RORO船の特性である高品質輸送(振動・衝撃が少ない)により電子・精密機器等の輸送も可能

新物流ルートの小口貨物輸送イメージ

(例)境港から大連への輸出[リードタイム:7日]

境港(木~土曜日)

 輸送イメージ(境港)

韓国[東海港→(保税輸送)→仁川港](日~火曜日)

 輸送イメージ(韓国)

中国・大連(水曜日)

 輸送イメージ(中国)

境港の国際定期船航路 (2013年6月23日現在)

 境港国際定期航路 
 

お問い合わせ先

通商物流課 電話 0857-26-7661
  

最後に本ページの担当課    鳥取県商工労働部通商物流課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-76600857-26-7660    
    ファクシミリ  0857-26-8117
    E-mail  tsushou-butsuryu@pref.tottori.lg.jp