鳥取県保育士等修学資金貸付制度

 この修学資金は、鳥取短期大学幼児教育保育学科(以下「鳥取短大」といいます。)において保育士・幼稚園教諭の資格に必要な教育を受け、将来、県内の保育所等において、保育士等として働こうとされている方で、経済的理由により修学が困難な方に対して必要な資金(以下「修学資金」といいます。)を貸し付け、修学を支援するとともに、県内の保育士等の確保及び質の向上を図ることを目的としています。

 詳細については、下記のほか「手引き」をご覧ください。
  • 手引き「鳥取県保育士等修学資金貸付制度のご紹介」(PDF441KB)
  •   

    修学資金の借受者(修学生)の資格

    次の全てに該当する方が対象となります。

    1.次のア又はイのいずれかに該当する者であること。

     ア.県内の高等学校を卒業する者(その者に準ずる者を含む。)であること。
     イ.入学する日の前年度の4月1日から引き続き保護者が県内に住所を有していること。

    2.鳥取短大に入学しようとする者であること。

    3.将来県内において保育士又は幼稚園教諭として働く意思があること。

    4.経済的理由により鳥取短大への進学が困難であると認められること。

    5.県から他の修学支援を目的とする資金の貸与又は給付を受けていないこと。

    ※高等学校卒業程度認定試験合格者は、保護者が上記イの要件を充足している場合、又は、入学日の前年度の4月1日から本人が県内在住の場合に修学資金の対象となります。
    ※日本学生支援機構や鳥取短大の奨学金など、鳥取県及び鳥取県教育委員会以外の団体が運営する奨学金制度については、併給することができます。

    修学資金の種類と要件

    奨学金1(144万円。月額6万円相当)

    次のいずれかの要件に該当している方が対象となります。

    1. 生活保護世帯に属していること
    2. 保護者の全てが市町村民税非課税であること
    3. 保護者の全てが死亡、またはいないこと
    4. 保護者が市町村民税の所得割非課税であることに加えて、同一生計に属する者が疾病、障がい等により多額の経費が必要で著しく生活が困窮していること。

    奨学金2(72万円。月額3万円相当)

    次のいずれかの要件に該当している方が対象となります。

    1. 保護者が市町村民税の所得割非課税であること。
    2. 所得が次の基準額に達しない世帯であること。
    3. その他、特別な事情により家計が困窮していると認められ、特に貸付けの必要があると認められる者であること。  
    <2の所得基準額表>

     世帯人員

     世帯の総所得金額

     備考

     1人

     1,646千円

     

    世帯全員の
    総所得額と
    する
    (同居・別
    居を問わ
    ず、本人
    と生計を
    一にする
    家族)

     2人

    3,110千円

     3人

    3,598千円

     4人

    4,086千円 

     5人

    4,574千円 

     6人

    5,062千円 

     7人

    1人増ごとに488千円を加増

    ※ 総所得金額は、給与所得者は給与所得控除後の金額、事業所得者は総収入から必要経費を控除した額をいいます。

    入学支援資金(24万円。入学金相当)

    奨学金1又は2の要件に該当している者に全員に貸し付けます。


    募集人員等

    募集人員

    25名

    貸付利率

    無利子

    連帯保証人

    1名(修学生が未成年者である場合には保護者等、成年者である場合には父母、配偶者等です)


    貸付方法

    本修学資金は、県が修学生に修学資金を直接貸し付けるのではなく、鳥取短大が修学資金を修学生に代わって受領し、その代理受領分については、学費や入学金を軽減することで、県が修学生に修学資金を貸し付けたものと扱います。

    修学資金の返還債務の免除

     修学生は、次の事由のいずれかに該当することとなったときは、返還債務の免除を受けることができます。
     免除の条件に該当した場合には、その旨の報告をしていただくことになります。
     1  鳥取短大を卒業してから1年以内に保育士の登録を受け、又は幼稚園教諭免許を取得し、6年以内に通算3年以上、県内の保育所等で保育士等の資格を活かして勤務したとき。
     2  1に規定する業務に従事する期間中に、業務上の事由により死亡し、又は業務に起因して精神若しくは身体に著しい障がいを受けたためその業務に従事することができなくなったとき。
     3  2に該当する場合を除き、死亡し、又は精神若しくは身体に著しい障がいを受けたため業務に従事することができなくなったとき。


    申請書の受付期間

    平成29年6月1日(木)~平成29年8月10日(木)
    <8月10日の当日消印有効>

    申請に必要な書類

    • 修学資金貸付申請書(様式第1号)【全員】
    • 誓約書(様式第2号)【全員】
    • 代理受領承諾書(様式第3号)【全員】
    • 個人情報の提供同意書(実施要綱様式第1号)【全員】
    • 高等学校の卒業(見込)証明書又はこれと同等であると証する書類 【全員】
    • 世帯全員の所得・課税証明書(所得はH28年分)【全員】

    (以下の書類は、該当者のみ必要)

    • (県内高校の卒業(見込)者でない場合)本人及び保護者の住民票の写し【該当者のみ】 
    • 生活保護受給証明書【該当者のみ】
    • 疾病、障がい等に関する書類で、著しく生活が困窮状況にあることを証明する書類【該当者のみ】

    申請書類等

    各種手続用の様式を掲載しますので、様式はここからダウンロードして御活用ください。
     貸付申請用様式
     修学生用様式
    (現況届、住所変更届 等)

    お問い合わせ先

    鳥取県福祉保健部子育て王国推進局子育て応援課
     電話 0857-26-7150,7570 ファクシミリ 0857-26-7863
     電子メール kosodate@pref.tottori.jp