2018 GTI国際貿易・投資博覧会への出展企業の募集

 本年9月に韓国江原道でGTI関連地域及び企業が参加する第6回GTI国際貿易・投資博覧会が開催されることに伴い、当博覧会の鳥取県ブースに出展する企業を募集します。

 江原道は、韓国の北東部に位置し、本年2月、3月には平昌オリンピック・パラリンピックが開催され、世界から注目を集めました。博覧会には、韓国をはじめ、中国、ロシア、モンゴル、日本、中央アジアなどの企業が参加し、出展や貿易商談会が行われる予定です。過去の鳥取県ブースでは、韓国をはじめ様々な地域のバイヤー等との商談が実施され、現地での販売・販路拡大につながる場となっております。

  

2018 GTI国際貿易・投資博覧会の概要

(英文) GTI International Trade & Investment EXPO 2018

期間

2018年9月13日(木)~16日(日) 4日間

  • 9月13日(木) 開館式、ブース出展
  • 9月14日(金) ブース出展
  • 9月15日(土) ブース出展
  • 9月16日(日) ブース出展、閉館

テーマ

北東アジア時代 -協力・発展・共生!-

会場

韓国江原道東海市 総合運動場

規模

韓国、中国、ロシア、モンゴル、日本、中央アジアなど 約50か国
(来場者10万人、バイヤー約2,500人)

主催

江原道、GTI事務局(主管:江原道経済振興院、東海市)

出展分野

食品、バイオ、医療機器、美容、工業製品、観光広報など

<参考>GTI(Greater Tumen Initiative/広域図們江開発計画)

 GTIは図們江(とまんこう)※の周辺4カ国(中国、ロシア、モンゴル、韓国)を中心として、運輸、観光、貿易投資、エネルギー、環境、農業の6分野での一体的な地域発展の推進により、北東アジア地域の協力・発展することを目的に2005年に創設されました。UNDP(国連開発計画)が支援しています。

※図們江:中朝国境の長白山(白頭山)に源を発し、中国、北朝鮮、ロシアの国境地帯を東へ流れ日本海に注ぐ全長約500kmの国際河川。

出展のメリット

  • 安価な負担で出展が可能です(鳥取県の友好交流先である江原道が主催)。
  • 今後の経済発展が期待されるGTI地域から多数の参加が見込まれ、韓国以外のバイヤー等とも商談可能です。
  • <昨年実績>県内企業等5社出展(ロシア・香港等のバイヤーと商談、江原道企業とのサンプル購入取引など)

鳥取県ブース募集内容

参加資格

鳥取県内に事業所を有する企業・団体等

ブース情報

標準ブース(3m×3m)、机、椅子×4、照明を提供

参加者負担

渡航費・宿泊費等の旅費、出展者が独自にブース特別装飾を施す場合はその費用

県負担

ブース借上料、ブース基本装飾、資料翻訳、出展企業共同通訳費、
展示品輸送費(※県ブース展示品の輸送にあわせて輸送する場合に限る)

応募期間

平成30年6月15日(金)まで

お問合せ・申込先

まずは下記までお問合せください。

鳥取県商工労働部通商物流課 担当:西田
電話:0857-26-7850
FAX:0857-26-8117
E-mail:tsushou-butsuryu@pref.tottori.lg.jp

申込書

募集案内

  

最後に本ページの担当課    鳥取県商工労働部通商物流課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-76600857-26-7660    
    ファクシミリ  0857-26-8117
    E-mail  tsushou-butsuryu@pref.tottori.lg.jp