中国・ロシア・韓国トライアル輸送実証調査業務の委託事業者を募集しています

 鳥取県では、境港、韓国・東海、ロシア・ウラジオストクを結ぶ環日本海定期貨客船航路(以下「環日本海航路」という。)を利用した境港と北東アジア(中国東北部、ロシア、韓国)を結ぶ新たな物流ルートの開拓を目指し、新物流ルートの利用可能性を検証するためのトライアル輸送を別添実施要領のとおり実施します。
 ついては、トライアル輸送実証調査業務を委託する事業者を下記のとおり募集します。
  

トライアル輸送の実施時期

平成29年4月から平成30年3月までの間に実施。

募集内容

 トライアル輸送で運搬する貨物を用意でき、委託業務を実施できる事業者をルートごとに募集します。(複数ルートの応募可)

応募方法

 次の書類を作成し、持参又は郵送で提出してください。なお、複数のルートに応募する場合は、ルートごとに書類を作成してください。  

提出書類 

  • トライアル輸送実施提案書(様式第1号)
  • 費用見積書(様式第2号)

スケジュール等

 応募締切

  • 応募期限           随時募集(平成29年度)    
  • 書類審査           随時    
  • 委託契約           随時    
  • 委託業務開始           委託契約後
※書類審査の結果、委託の可否を決定します。
※実施予定件数に達した時点で募集は終了とします。

予算額

3,900千円
予算額の範囲内で3回(3ルートの輸出、輸入)のトライアル輸送の実施を予定しています。

委託先の決定方法

 提出された書類の書類審査により予算の範囲内で委託事業者を決定します。なお、必要に応じて追加資料の提出やヒアリングを実施する場合があります。  

委託先決定の着眼点  

  • 提案書の内容がトライアル輸送の目的、ねらいに合致しているか。
  • トライアル輸送の実現性はあるか。
  • 将来の利用可能性があるか。   
  • 他の貨物への波及効果があるか。   
  • 必要経費が適切に見積もられているか。

委託業務の内容

トライアル輸送実施計画書の作成

次の項目について記載した計画書を作成し、県の承認を得るものとします。    
  • 輸送品目、数量、荷姿    
  • 輸送ルート、方法
  • 輸送スケジュール
  • 実施体制
  • 輸送コスト、リードタイムの目標
  • 検証項目、方法 など

トライアル輸送の実施

実施計画書に基づきトライアル輸送を実施するものとします。    
※仕出地から仕向地までの輸送費用は、原則鳥取県が負担する。

トライアル輸送結果報告書の作成

検査項目等についてあらかじめ県と協議、打ち合わせを行った上で、トライアル輸送結果を検証し、報告書にとりまとめて県に提出することとします。

委託費

1ルート片道の委託費は概ね1,300千円を目安とします。

委託対象経費

予算の範囲内で次の経費を鳥取県が負担します。
  • トライアル輸送実施計画書作成、輸送手配に必要な経費
  • 国内輸送費、海上輸送費、国外輸送費、荷役・通関費用その他輸送に必要な経費
  • トライアル輸送結果検証、報告書作成経費

実施要領・応募要領・提出様式

応募要領(youkou.pdf 199KB) 

提出書類様式

トライアル輸送実施提案書(様式第1号/ワードファイル:45KB)    
費用見積書(様式第2号/ワードファイル:31KB)
トライアル輸送実施提案書(記載例/PDFファイル:140KB)

アドビリーダのダウンロード

応募・問い合わせ先

鳥取県商工労働部通商物流課
住所    〒680-8570 鳥取市東町1丁目220 番地
電話       0857-26-7850
ファクシミリ  0857-26-8117
E-mail        tsushou-butsuryu@pref.tottori.lg.jp

最後に本ページの担当課    鳥取県商工労働部通商物流課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-76600857-26-7660    
    ファクシミリ  0857-26-8117
    E-mail  tsushou-butsuryu@pref.tottori.lg.jp